« 【Short Review 34】ペイジズ 「ペイジズ」(PAGES "PAGES") | トップページ | 【Short Review 36】 エイジア 「封印の宝箱~プログレッシヴ・カプセル」(ASIA "SONGS FROM THE VAULTS Vol.2") »

2018年8月29日 (水)

【Short Review 35】パトリック・モラーツ 「アウト・イン・ザ・サン」(PATRICK MORAZ "OUT IN THE SUN")

現行イエスが#YES50ツアーを無事に終えて、早くも来年のツアーの噂がチラホラと。2019年はリレイヤー完全再現が企画の候補に挙がっているようで、しかもパトリックモラーツ本人が、そのツアーに参加する話し合いが進んでいる・・・、みたいなことを口を滑らしたもんだから、そういえばアレ買っとかなきゃ、と思って中古で購入したのが以下。

2018酷暑の思い出:中古CD猟盤シリーズ PATRICK MORAZ "OUT IN THE SUN"

Img_5113_640x480

パトリックモラーツならまずはソロ1stの「i」だろって話。もちろん昔っから持ってます。初CD化の時も買ったし、国内紙ジャケリマスターの時も買い直した。75~76年にイエスのメンバーがそれぞれ発表したソロアルバムの中でもモラーツの「i」は出色の出来だった。それに続くソロ2ndが、イエスの究極の制作途中にクビになって、その後完成させた77年発表の本作。これも前からそのうち買おうと思っていて、今回やっと中古で買った。内容全体も「i」に続いて良く出来た作品だと思うけど、なによりも私の興味を惹くのは本作ラスト曲のTime for a Changeだ。私が全てのイエス曲の中で一番好きなのはAwakenであり、Awakenフェチであるからには何としても本作は持っておく必要があったのだ。もともとAwakenとして発表されたあの大作はパトリックモラーツも関与していたのは有名な話。モラーツが作曲していたそのイントロ部分の原曲が、本作のTime for a Changeに流用されている。最終的にイエスのAwakenとして発表された曲は、モラーツの痕跡を消すためにそのイントロは丸々リックウェイクマンのピアノに差し替えられたとの事。なるほど、Awakenはパトリックモラーツが参加したままであればこういうイントロになってたんだなぁ・・・、ってイマジネーションが膨らむ。

ちなみに、こんな酷暑で暑苦しいプログレなんか聴く気がしない! と何度も言ってたじゃねーか、ってかwww。でも本作は、1stソロの「i」もそうだけど、ラテンプログレなので、ラテンの軽快なリズムは夏でも気持ちよく聴けるのですよ。問題無しねwww。

う~ん、ショートレビューを連続6本UPしようと思ったけど、今日はここまで。

|

« 【Short Review 34】ペイジズ 「ペイジズ」(PAGES "PAGES") | トップページ | 【Short Review 36】 エイジア 「封印の宝箱~プログレッシヴ・カプセル」(ASIA "SONGS FROM THE VAULTS Vol.2") »