« 3(KEITH EMERSON, CARL PALMER, ROBERT BERRY) "LIVE ROCKIN' THE RITZ" | トップページ | 【Short Review 33】バッド・イングリッシュ 「バックラッシュ」(BAD ENGLISH "BACKLASH") »

2018年8月18日 (土)

スティーヴ・ペリー 「ストリート・トーク」(STEVE PERRY "STREET TALK")

年間最大の激忙となる盆休み業務を何とか乗り越え、まだあと明日の日曜の勤務はあるけど、この後は冬場に向かって月々日々に業務は落ち着いてくる予定。なのでちょっとホッとしている本日の公休日である。昨日朝からいきなり空気が入れ替わったかのように朝晩が涼しくなり、酷暑だった京都も非常に過ごしやすい。日の当たる場所では一応暑いし気温33度くらいあるんだけど、カラッとした乾いた空気が心地良く、最高気温38度が当たり前だった日々を過ごした私には何の問題も無し。まして日陰に入れば快適。家の中にいると昼間でもエアコン要らず。今日は久しぶりに気持ちのいいウォーキングが出来た。そんな事で、今週はもう盆休み業務で疲れ果てているはずだったのでブログ更新しない予定だったけど、気分がイイのでチャチャっと更新しておく。

元ジャーニーのスティーヴペリーが公式HPを通じていきなりの復活宣言及び新譜「TRACES」リリース予定の発表。しばらくロバートベリーで盛り上げて行こう、そう言えば9月になったらサンズオブアポロの来日公演あるし、その後はスティーヴンウイルソンの来日に向けて盛り上げて行かなきゃ・・・などと思っていたのが全て吹っ飛んでしまうくらいのインパクトである。オレってそんなにスティーヴペリーが好きだったっけな?って思うくらい気分が盛り上がってしまった。その一助となるのは先行して公開された新曲No Erasinの出来の良さだろう。今更スティーヴペリーにハイトーンヴォイスは求めないが、それでもスティーヴペリー独特の節回しとか表現力、汗臭系ヴォーカルは健在であったことがはっきり確認できて気分の盛り上がりに歯車がかかってしまった。個人的にだけでなく、世界的に驚きと称賛を持って迎え入れられている模様でその盛り上がりはまさにVIPミュージシャンクラス。ジャーニーマニアが盛り上がる程度では済まない様子だ。ジェフダウンズですら喜びと歓迎のツイートを発信していたくらいだからね。これはもしかしたらヒットチャートを駆け上がるかも知れないとまで思えてしまう。

そこで本当に久しぶりにスティーヴペリーの1stソロ、ストリートトークをCDラックから掘り出して休みのたびに聴いている。折角なのでブログでも取り上げておこう。

Img_5098_640x480

84年当時は私はまだ高校生で、83年エイジアのアルファ、ジャーニーのフロンティアーズを聴いて洋楽に夢中になり始めた頃、そんな時にリリースされたのがこのソロアルバムだった。と言っても当時はアルバム自体は購入もレンタルもして無くて、シングルで大ヒットしたオー・シェリーをMTVで観たりFMラジオでエアチェックしたカセットテープを繰り返し聴いていた記憶がある。そんなオー・シェリーを懐かしさと共に聴きながら、今回久しぶりにまともにストリートトークのアルバム全体を繰り返し聴いているのである。いま所有しているのは2006年に紙ジャケリマスターで再発された国内盤。06年当時も懐かしいなぁと思いながら購入だけして、それきりほとんど聴いてなかったと思う。なので今回改めてブックレットや参加ミュージシャンのクレジットをまともに見て初めて気づいたことも多々あり。

最近は京都の酷暑の影響で頭をヤラれてしまっていて、音楽を聴く気が起きず、聴くとしてもAOR系ばっかりだったので余計にこのアルバムのクレジットに目が釘付けになってしまった。アルバムのほとんどの楽曲がランディグッドラムとの共作、数曲ではマクサスのマイケルランドゥがギターを弾いているとあって、最近マクサスやAOR系ばかり聴いていた私にはまさにグッドタイミングであった。ってか今までそのクレジットに気付いてなかったこと自体、熱心なジャーニーファンには怒られそうだけど。なので夏に聴いても暑苦し過ぎず、曲によっては西海岸AOR気分で聴ける。それがジャーニーファンにフィットしているかは別にして、酷暑の京都にいる私には丁度いい。

84年のこのソロアルバムの後、86年のジャーニーのレイズドオンレイディオを自らのプロデュースで自分色に染めて作り上げたのは、このソロアルバムの成功による自信もその一因と言えるだろう。ジャーニーファンには、ペリー色が強すぎると一蹴されそうなアルバムではあったけど私個人的にはアレはアレで結構好きだった。

盛り上がり過ぎた私は調子に乗って今回のペリーの新譜を公式サイトの直販で、ボーナストラック入り、サイン入り、靴下、キーチェーン、パッチ付きというデラックスエディションで購入してしまった。国内盤はこのデラックスエディションより3曲少ないみたいだし。いやいや、そんなにスティーヴペリーの事好きだったっけオレ?靴下とか要らないんだけど(笑)、ブログのネタといては面白そうという、そういうアレで前向きに購入する。ちなみに94年の2ndソロは持っていないwww。そこで慌てて98年のグレイテストヒッツの06年紙ジャケを中古でオーダーしておいた。そのベスト盤には89年に制作していた幻の2ndアルバムの楽曲も収録されているようだし。

それにしても、マニアックな小さな話題を一気に吹っ飛ばしてしまうスティーヴペリーのメジャー感とアーティストパワーには驚いた。ここは流れに乗って私も大いにスティーヴペリーで盛り上がって行きたい。

|

« 3(KEITH EMERSON, CARL PALMER, ROBERT BERRY) "LIVE ROCKIN' THE RITZ" | トップページ | 【Short Review 33】バッド・イングリッシュ 「バックラッシュ」(BAD ENGLISH "BACKLASH") »