« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月28日 (日)

IT BITES "LIVE IN LONDON"

あ~あ~、また2週間もブログ更新が滞った。いろいろ地域の所用が忙しいのと、どうやら風邪をひいたのか鼻水鼻詰まりが不快で睡眠の邪魔になってよく眠れなくて疲れが取れないのもあって。来週にはスティーヴンウイルソンの来日公演で東京六本木まで遠征しないといけないから早く治さないと。でも今日の日曜日が珍しく公休で、地域の所用のヤマ場を越えたので今ホッとしているところ。書きかけていて途中でストップしていた記事を書きあげる。書きかけていたのは以下のイットバイツの蔵出しライヴBOXネタ。

昨年くらいだったか、イットバイツのボブダルトンがフェイスブックでライヴ音源幾つかあるしCDにして出そうかな、みたいなことを書いていた。勿論フランシスダナリー在籍時のオリジナルイットバイツのライヴ音源である。そうこうしてるうちにようやく商品化作業に入ったことを知らせてくれていたが、ココにようやく5枚組CDボックスとして陽の目を見た。今のところサイト限定500セットの生産との事で、今後一般市場に出回ることになるかどうかはファンの反応次第といったところか。ファンからしてみたら普通に市場流通してしかるべき商品だとは思うんだけど、案外オリジナルイットバイツってこういう流通の仕方が多いよね、メジャーな実力あるのにひっそりファンベースでリリースみたいな。

Img_5252_640x480

Img_5253_640x480

現行イットバイツとは違ってフランシスダナリー在籍時のオリジナルイットバイツのライヴが3種、封入されている。86年の1st発表時のライヴ、88年の2nd発表時のライヴ、そして89年に3rdを発表した後、翌90年の解散直前のライヴである。それぞれの収録内容はこんな感じ。

Img_5254_640x480

その音楽性も演奏技量もルックスも含めて一般にアピールできるだけの親しみやすさすら備えた完全無欠のプログレッシヴ・ポップ・ロックバンドなんだけど、その完璧さの割には売れなかったなぁってのが残念なバンドではある。やはり80年代後半という時期でプログレっぽいポップってのが上手くフィットしなかった一例だったかもしれない。かく言う私も当時は注目はしたし2ndと3rdはリアルタイムでCDを所有して聴いていたけれども、じゃぁドハマリしたかと言えばそうでもなかった。何年も経って、今世紀になってからのKINOや現行イットバイツの登場によって再注目した時に、やはり素晴らしいバンドだったなぁって俯瞰して思えるようになったのが正直なところである。

収蔵された3公演の内容について軽くレビューを。

 Recorded Live at the Marquee on 21st July 1986

まずは86年デビューアルバム時のライヴからマーキーでのライヴCD1枚分。もうこの時点で後に確立し行くイットバイツのプログレポップロックの要素がほぼ出そろっている。デビューアルバムの曲が後々までライヴの重要レパートリーになってるから余計にそう感じる。ポップ感覚の中に見えるスランシスダナリーの、アランホールズワースのファン気質が滲み出るようなギターが早くも炸裂している。音質も十分良好。ストレスなく聴ける。初期のライヴ音源として非常に貴重である。

 Recorded Live at the Astoria on 13th May 1988

大名作の2nd、ワンスアラウンドザワールド時のライヴCD2枚分。これはもう名曲の嵐で充実の内容。今回の蔵出しライヴ音源集の中では一番安定の典型的イットバイツが楽しめる。ここに完成したイットバイツ流のプログレッシヴ・ポップ・ロックがメンバー各人の見事な演奏技量で披露される。そしてまた、ライヴならではのちょっとしたお遊びも気が利いていてサービス精神も旺盛。ジミヘンドリックスのパープルヘイズの一節が聴こえたり、大曲ワンスアラウンドザワールドでは、フランクシナトラが歌ったことで有名なニューヨーク・ニューヨークが挿入されていて、そこら辺のエンターテイメント性も素晴らしい。それにしても、ここでも強調したいのは安定のプログレポップ感覚の中で炸裂するフランシスダナリーのギタープレイである。ポップ曲にホーさん風ギター、この違和感こそがオリジナルイットバイツを、オリジナルイットバイツたらしめる重要なファクターであったことが分かる。現行のジョンミッチェルをフロントマンに据えたイットバイツではこの感じが無いからね。普段聴きにはこの88年アストリア音源がベストだ。

 Recorded Live at Hammersmith Odeon on 7th April 1990

3rdアルバムのイートミーインセントルイス発表後のライヴから、オリジナルイットバイツ終末期と言ってイイのかな?そういう90年ハマースミスでのライヴ音源。これは上記88年の充実のアストリア音源とは違う意味で聴きどころ満載。分裂前のオリジナルイットバイツの姿をリアルに収めている。豊かなプログレポップ感覚からストレートかつハードな方向性にシフトした3rdの曲を多く演奏していて、更には幻の4th用に準備していたと思われる楽曲が既にライヴで演奏されている。Feels Like Summertimeに関しては以前よりライヴで演奏されていたのは知られていたけど、なんと後にソロに転向したフランシスダナリーのソロデビュー作に収録されていたWelcome To The Wild Countryが、この90年時点ではイットバイツとしてライヴ演奏されていたのが今回のライヴBOXの一番の驚き。という事はこの曲も、もしイットバイツが続いていれば4thアルバムに収録されたのだろう。90年代当時にこの時期のライヴ音源を使ってメジャーリリースされた公式ライヴ盤サンキュー・アンド・グッドナイトというのがあった。さすがメジャーからの公式リリースって感じの最高音質かつ盛大な音像のライヴ盤であった。そこではオミットされていたと思われるこれらの当時未発表曲が演奏されたライヴ音源が今回リリースされた意味はファンにとっては大きい。例によって後からだから何とでも言えるんだけど、この90年ハマースミス音源はある意味でオリジナルイットバイツが分裂する萌芽が見て取れるという貴重な音源である。

以上、3種の音源を軽くレビューしてみた。音質については、上記で触れたメジャーからの公式ライヴ盤サンキュー・アンド・グッドナイトほどでは無いにしても、いずれも充分公式リリースに相応しい音質である。何よりも余計な編集や選曲からカット、ってのが無いリアルな当時のライヴの様子があからさまになって認識を新たに出来る部分も多い。

フランシスダナリーは来年2019年初頭にはイットバイツのデビューアルバム再現ライヴを英国で行うらしい。2016年にはかつてのイットバイツ曲を再録したアルバムをリリースし、イットバイツ曲再現ライヴで来日公演まで実現してくれた。変なこだわりなくイットバイツ曲をライヴ演奏してくれるのは嬉しい。かといって別にイットバイツに戻って欲しいとも思わない。我が道を歩んでくれればいいと思うし、現行イットバイツもジョンミッチェルとジョンベックで安定のプログレポップを表現してくれればいいと思う。それぞれがそれぞれに活動するほどに、ある種の不遇だったオリジナルイットバイツの素晴らしさが更に更に正当に再評価されることに繋がればもっと良いと思うのである。

|

2018年10月16日 (火)

STEVE PERRY "TRACES (Signed Deluxe CD + Socks + Keychain + Patch)"

寝て起きたら靴下に嬉しいプレゼントが入ってる、それがクリスマスの幸運のお約束である。とんでもなく暑かった夏もすっかり終わって、今ではすっかり朝晩は寒いくらいになってきた。もう少ししたら街はクリスマスの飾り付けが始まるだろう。まさに靴下の出番の季節である。

なんと25年振りとなるスティーヴペリーの新作が遂に届けられた。リリース情報が出てリーダートラックのNo Erasin'を聴くと気持ちのイイ期待通りのポップロックだったものだからやたらと盛り上がってしまった。オレってそこまでペリーが好きだったっけ?って思いつつ国内盤を待たずにペリーの直販サイトで限定盤を予約した。待ちに待った。国内盤の方が先に市場に出回ってイライラしながら、そしてようやく到着。

Img_5226_640x480

ご覧の通り、ジャケにサイン入りってのが欲しかったんだけど、そうすると靴下、キーチェーン、パッチが付いてるやつを注文するしかなかった。日本円にして7000円以上したかな。靴下これ何に使うんだよって話である。ジャケにスティーヴペリーのサイン入り。

Img_5227_640x480

直販サイトからの直輸入あるあるというか、私が単に毎度のごとく運が悪いだけなのか、予想通りCDを封入するパッケージがひん曲がって到着www。

Img_5229_640x480

まあいい。よくある事なので気にしない。サインの入ったブックレットが綺麗であればそれでイイ。国内盤はボーナストラック2曲入りとの事だったが、こちらの限定盤はボーナストラック5曲入りの全15曲。

Img_5232_640x480

さていよいよ、音の内容である。1曲目は上記で触れたリーダートラックNo Erasin'、2曲目はミディアムテンポでぺリーの歌唱を聴かせる曲、3曲目はムーディなバラードっぽい曲、とここまでは良かったんだけど、この後がだな・・・・。

なんというかメロディアスなのはイイんだけど、ひたすらにバラードっぽい曲、レイドバックした曲が続く・・・。ロックヴォーカリストのスティーヴペリーではなく、歌手スティーヴペリーの素晴らしい歌唱を聴かせることに重きを置いたような楽曲が続くのだ。さてこれをどう感じるか、である。

いつにも増して深みを感じるスティーヴペリーの歌唱が楽しめると、そう捉えられたら本作は100点満点である。そう捉えられたらね。でもそう捉えられない人にとっては退屈である。ジャーニーからニールショーンの暑苦しいギターを除いた程度のジャーニー的サウンドであればだれもが期待通りっ、って膝を打つだろう。でもそうではなかった。

本作を楽しむためには、ここにいるのはジャーニーのスティーヴペリーでは無い、という当たり前の現実をきちんと受け入れなければならない。ジャーニーはジャーニーでアーネルピネダという素晴らしいヴォーカリストを得て、イイ意味で相変わらずのジャーニーサウンドを響かせてライヴツアーに忙しい。なのでジャーニーを楽しみたいならジャーニーを聴けば良い。本作は独立したソロ歌手スティーヴペリーである。そう思えば楽しめる。きっと聴くほどに深みを感じるであろう。あ、でも6曲目のSun Shines GrayはNo Erasin'と並んで本作では貴重な気持ちのイイポップソングだ。

寝て起きたら靴下に幸運が入っている。しかしその前に気持ち良く寝付かなければならない。そう、本作は気持ち良く寝付ける音楽なのだ(嫌味じゃないよwww)。本作を聴いて、仕事の疲れを癒して、気持ち良く寝て、起きたら幸運が訪れる、その為の入れ物として靴下が必要なのだ。スティーヴペリーの最新ソロアルバム靴下盤、そういう事なのですよ(笑)。

|

2018年10月11日 (木)

レッド・ツェッペリン 「永遠の詩(狂熱のライヴ)」(LED ZEPPELIN "THE SONG REMAINS THE SAME")

この秋、雨が多くないかい? 週末の泊まり勤務連勤前の貴重な公休は今日もシトシト雨降りで外出もせず家籠り。その代わり朝もしっかりゆっくり寝たし疲れが取れた感じがする。寝不足が重なってここんとこずっと眼が充血していたのが今日はなくなってるし。

ところで楽しみにしているスティーヴペリーの新譜もイットバイツの蔵出しライヴCDもまだウチには届かない。どちらもアーティスト直販サイトで注文したから配送に時間がかかってるのかな。スティーヴペリーは既に国内盤も出てしまってるし、イットバイツはサイト限定500セットがウチには届いていないのに西新宿の某店には入荷していると知ってしまっては気ばかりが焦る。サイト直販はこれだから困ったもんだ。

そこで今日は例によって購入したっきり放ったらかしにしていたツェッペリンの永遠の詩(狂熱のライヴ)を取り上げる。拙ブログではツェッペリンは取り上げたり取り上げなかったりだけど、私はツェッペリンに関しては熱狂的な時期があったのでこれまでのジミーペイジリマスターは全てデラックスBOXで買っていた。それが今回は通常盤CDでの購入。財政が辛いからってのもあるけど、もっと正直に言うと、2007年リマスターの時点での映像版の方を未だに未開封なのだwww。12年前のやつを未開封なのに今回また映像つきBOX買うのはさすがに我ながらアホらしいと思ったので、まずはCD版で。まずはってwww・・・。いやね、タワーレコードオンライン見ていたら72年のライヴBOX国内盤が1万円近くディスカウントして売ってるから、だったら1~2年待ったら永遠の詩のデラックスBOXも安くなるんじゃないかなと思ってだな・・・。

Img_5208_640x480

もう学生の頃からツェッペリンは散々聴いてきたし、あらゆるブートにも手を出して、ブートコレクターになった時期もあった。ツェッペリンのライヴについてはかなり詳しいつもりである。私より詳しい人がどれくらいいるか知らないけど、年単位ではなく、月単位でもなく、一日単位で語れるぞ。そんな私からすると、昔は唯一のライヴ盤だった本作は今となってはライヴパフォーマンスとしては平均点で、実際にはZEPの歴史の中でもっと凄いライヴパフォーマンスはいっぱいあったと言い切れる。もちろん悪くはない。コレはコレでツェッペリンの立派なライヴ盤である。しかし同じ73年ツアーだけで考えても、本作が収録された73年夏の北米ツアー最終盤のマジソンスクエアガーデン3Daysよりも、Bonzo's Birthday Partyとして有名な73年5/31の演奏の方が素晴らしい。ちなみに山ほど所有していたZEPブートは殆ど手放したけど、未だ73年5/31のBonzo's Birthday Partyは所有している。これは9CDBOX。

Img_5211_640x480

Img_5212_640x480

更にもっと言うなら73年は春の欧州ツアーのほうが遥かに凄い。それはブートのライヴ盤まで手を出しまくったZEPマニア的には常識である。うーんそうだな、73年春の欧州ツアーで言えば3/21、3/22、3/24のドイツでのライヴパフォーマンスはZEPの全ライヴキャリアの中でもハードロックバンドとしてのグルーヴ感が頂点を極めた演奏が聴ける。それを知ってしまってるだけに本作は私の中では平均点、となってしまう。本作はあくまでも映画「永遠の詩(狂熱のライヴ)」のサウンドトラックとして捉えるべきである。

さて今回の2018リマスターの音質だけど、久しぶりに2007年リマスターをラックから引っ張り出して聴き比べてみた。

Img_5209_640x480

聴き比べたと言っても一曲目のロックンロールだけだけどwww。2007リマスターはドラムやギターが前に出て来て迫力ある音像に仕上がっていたけど、今回の2018リマスターはオリジナルの音に近い自然な音像に仕上げたのかなって気がする。オリジナルを手放しているのでもう分からないけど。どっちが好きかはこれも人それぞれ。迫力が欲しい人は2007リマスターがイイだろうし、自然な音像が良ければ今回の2018リマスターだろう。

あ、そう言えば71年BBCセッションズのBOXと、72年のLAライヴBOX、まだ開封してないや(コラッ)www。

|

2018年10月 5日 (金)

THE STORM "THE STORM"

仕事とは別に「地域の所用」の忙しさもあってなかなかブログが手に付かない。手に付かない理由はもう一つ、やっぱりジョンウェットン大先生が逝去されてからのネタ切れ感があって、なんかこう拙ブログの軸を失った感じがつまらない。先日TaaさんのジョンウェットンファンHPがプロバイダ終了の関係で閉鎖されるとのお知らせもあって、なんか益々、拙ブログももうイイかななんて思う瞬間もあったりして。まぁでも少なくとも来年2019年の6月、先生の生誕70年を記念するジョンウェットンメモリアルBOXが発売されるまではどうにか踏ん張ろうと思うのである。

スティーヴペリーの新作が発売されて、直販サイトで限定盤を予約していたので発送連絡があった。数日後には靴下(笑)共々到着すると思うけど、先行して先ほど限定盤購入特典で全曲分のmp3が送られてきた。早速聴こうかとも思ったけどせっかくなんでブツの到着を待つことにする。まぁ今日聴いたとしてもすぐにブログは書けないし。そこで今回はとりあえずジャーニー繋がりで、先日W.E.T.の1stを買った時に一緒に中古で購入した掲題のザ・ストームの1stを取り上げておく。

Img_5201_640x480

レイズドオンレイディオの後、ジャーニーは解散状態になって、ジョナサンケインがジョンウェイトとベイビーズを復活しかけたところにニールショーンが合流してバッドイングリッシュが登場、大ヒットを記録した後に、同じく元ジャーニーのグレッグローリー、ロスヴァロリー、スティーヴスミスが、スティーヴペリーのように歌えるヴォーカリスト、ケヴィンチャルファントとギタリストのジョシュラモスを加えた5人編成で結成されたバンドである。わざわざ拙ごときが説明しなくても皆さんご存知でしょうけど。

発売当時はこの手の本格的アメリカンな産業ロックに飽き飽きしていたのでスルーしていたんだけど、今となってはあの時代の産業ロックはとてもクォリティが高くて、偏見なく気持ち良く聴けるようになった。そんな今になって欲しくなって買おうと思ったら、再販してないらしく中古市場でエライ高値がついてプレミアCDとなってしまっているのがこのストームの1stなのである。随分長く中古で探し続けたんだけど、国内盤帯付きはタマにオークションで見かけても嘘みたいな高値で落札されるから眺めるだけの状態だった。まぁ輸入盤でも別にイイかと思って、それでも中古としては結構なお値段だったけどこの際購入したのである。

内容はそれはもう期待通りの、ジャーニー直系のしっかりしたアメリカンロック。ほぼ全編メロディアスで、時にハードで、期待を裏切らない。曲によってはケヴィンチャルファントだけでなくグレッグローリーもリードヴォーカルを務めている。実はこのストームは2ndの方は中古屋さんでいつでも叩き売り価格で見かけるので、私もずっと前に購入してあって、天気の良い日にはよく聴いていた。それもとても気持ちのイイ産業ロックで、でも少しユルすぎるかなって感じのメロディアスに偏った作風であった。この1stはもう少しハードよりの曲もあって全体のバランスが良い。まぁ後になってからの話だから何とでも言えるんだけど。少なくともジャーニーとその幻影を追いたい人にはバッドイングリッシュと並んで必携の作品ではある。

あ、やっぱり送られてきたスティーヴペリーの新作全曲mp3、あとでちょっと聴こうかな(笑)。ブログ執筆に備えてね。

|

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »