« スティーヴン・ウィルソン 2018年来日公演初日 STEVEN WILSON LIVE IN TOKYO 2018 (Nov 5, 2018 @ EX THEATER ROPPONGI TOKYO) | トップページ | [グルメ] ますたに 京都拉麺小路店(@ 京都 京都駅ビル 2018年11月6日) »

2018年11月14日 (水)

[グルメ] 薩摩おごじょ(@ 東京 六本木 2018年11月5日)

半年くらい前から気になっていた胸の動悸が不規則な件、先月10月に実施された会社の秋の健康診断の結果を見たら案の定、心電図でA~E判定のうち最低のE判定ww。ああいう健康診断って結果が大ゲサやんってスルーすることも多かったんだけど、今回ばかりは自覚症状があって、それで結果が案の定だったもんだから、さすがにちょっと心配になって今日病院に行ってきた。結果は健診結果からの予想通り「心室期外収縮」。なんじゃそれ?って感じだけど不整脈という事で疲労、ストレス、睡眠不足からくるんじゃないかと。それならこれまた自覚がある。24時間勤務の不規則シフト、帰宅してしっかり寝ずに所用で動く、当然睡眠不足が常態化しているのでやっぱりなという感じ。当面命に別状ないので薬の処方も無しでちゃんと休養を取ってもらって様子を見ましょうと。様子見るって言ったってそう簡単に仕事休めないし、そうすると仕事以外の時間をアレコレ動き回るの控えるしかない。そこの工夫は考えるとしてとりあえず命に別状なくてよかった。飲んでもダメ、遊びに出掛けるのもダメとかになったら、直前に迫ってきたキングクリムゾンの来日公演はどうすんだって話だし、来年2019年2月のイエスとTOTOもチケット確保済みだし困るところだったけど、なんとかそれは大丈夫そう。

インパクト絶大だったスティーヴンウィルソンの来日公演、拙ブログのレポ記事も沢山の方に読んで頂いたみたいでありがたい。しかも読んで頂いた方々は必ずしもプログレファンばかりではないことはツイッターなんかでリツイートや「いいね」して頂いた方々からも明らかで、いかにスティーヴンウィルソンのライヴを幅広いロックファンの方が楽しんでいたかという事がはっきり分かってますます今後が楽しみになってきた。プログレオタクの音楽では無いという事についてもう一言、言いたいところだけど、もうイイだろう。

さて、今日はちょっとユルめて久々グルメレポ。スティーヴンウィルソン来日公演の終演後にお仲間と呑みに行った六本木の居酒屋というか小料理屋で「薩摩おごじょ」というお店。

Img_5297_640x480

今回関西から一緒に参戦した綱**さんが事前に調べておいてくれて、六本木で仕事していたお友達から紹介してもらったという「薩摩おごじょ」。終演後だから22時ごろだったか、これから店に行くと綱**さんが電話入れたらどうやら女将さん既にホロ酔い状態らしいww。綱**さんとem**さんと私で早速店に到着して入店。六本木のちょっと路地に入ったところにある、イメージとしては路地裏の名店って感じ。吉田類の酒場放浪記なんかで出てきそうな庶民的な雰囲気。ビールを飲んだあとは薩摩というだけあって、鹿児島の焼酎を頂く。食事もこれまた庶民的に。お通しを写真撮るの忘れたけどお通しが既に美味しかった。その後に女将からのサービスという事で頂いた煮物。いいよねこういうの。

Img_5292_640x480

アジフライとメンチカツ。

Img_5293_640x480

餃子と、薩摩だけあってさつま揚げ。熱々で美味しい。

Img_5291_640x480

あと納豆オムレツかなんかをオーダーしたけど写真撮るの忘れた。

もう遅かったのでお店にいたのは1時間半くらいだったかな。スティーヴンウィルソンの話題は勿論の事、次回のウェットンマニアをどうするかとか記念Tシャツを作ろうかとか、12月に忘年会的なイベントかBBQかカラオケオフやろうかとか散々話を散らかして結論は無しwww、で気分良くお開きで解散。

顔出しOKなんだけど、下の写真は顔がとても鮮明だったので、私以外のお二人は念の為に目隠ししてます。

Img_5294_2_640x480

この後私は六本木から歩きで赤坂のビジネスホテルへ戻った。また六本木に行くことがあったら行くかも知れないよ。結構お気に入りのお店になりました。

|

« スティーヴン・ウィルソン 2018年来日公演初日 STEVEN WILSON LIVE IN TOKYO 2018 (Nov 5, 2018 @ EX THEATER ROPPONGI TOKYO) | トップページ | [グルメ] ますたに 京都拉麺小路店(@ 京都 京都駅ビル 2018年11月6日) »