« EDDIE JOBSON "1971-1979 THE BAND YEARS" | トップページ | トニー・バンクス 「キュリアス・フィーリング」(TONY BANKS "A CURIOUS FEELING") »

2018年12月31日 (月)

【年末のご挨拶】2018年のライヴ参戦まとめ

24時間365日の交代制シフト勤務ゆえ、有給休暇を突っ込まない限り連休というのは無い仕事なんだけど、折からの寒波でこちらの方は降雪影響による業務繁忙が予想されたため、急遽勤務日変更、予定外の泊まり勤務連勤があったお蔭で、いきなり本日の大晦日と明日の元旦が連休となった。午前中は大急ぎで年賀状を仕上げてポストへ。ついでにウォーキングと、キングクリムゾンのジャッコやメルコリンズ、イエスのハウ爺、TOTOのスティーヴルカサー、あとはU2等、こっち側寄り(笑)のインタビュー満載のロッキングオンを書店で立ち読みして充実の大晦日を過ごしているのであるww。

やっぱり連休はいいよね楽で。すごく精神的に余裕が持てるというか。休みが一日ずつだと、その休日になんやかんやで用事があるともう翌日は仕事、って感じで休んだ気がしない。いや休んでいても気持ちが休めない。連休だと一日はいろいろ用事済ませて、もう一日は好きなことするかゆっくり身体と気持ちを休めることに専念するとか、そういうふうに出来るし。不整脈になってしまったのもこういう細かいところでストレスが溜まってんのかも知れないな。

そんなこんなで大晦日に年賀状作ったくらいだから時間の余裕が無くてブログほったらかしのまま年末になってしまった。関西人的には7月の西日本豪雨、9月の台風21号と、50年余りの人生でいずれも経験したこと無いような規模の雨風だった。それを業務中にその真っ只中で雨に打たれ強風に煽られながら仕事したから尚更その被害の実感が強い。そういう意味でも思い出に残る一年であった気がする。でもそれはそれとして、年末のご挨拶兼ねて、昨年末から恒例にした今年のライヴ参戦まとめをしておこう。昨年2017年のライヴ参戦は厳選の6本、今年2018年は更に減って5本と、もうすっかり田舎民の佇まい。金銭的、地理的事情でライヴ参戦にアレもコレもとはいかない。でもその代わり一回一回への思い入れは深く残る。そんな5本のライヴ参戦を簡単に振り返っておこう。

5月19日(土) : CAMEL

Img_4835_640x480

2年ぶりのキャメル。2年前はハケットもキャメルも大阪があったけど、今回は呼び屋がチッタのせいで川崎のみ。泣く泣くハケットを断念してキャメルのみチッタ川崎に参戦した。ピートジョーンズがすっかりキャメルに欠かせない一員になっていて、タイガーモステイルズだっけ? 買っちゃったよ。あまり聴いてないけどwww。

5月26日(土) : THE RYO OKUMOTO PROJECT

Img_4887_640x480_2

こちらも2016年以来2年ぶり、スポックスビアード鍵盤奏者の奥本亮さんのソロプロジェクトライヴ。小さなライヴハウスでまさに目の前で観れるのがありがたい。スポックスビアードの新曲も披露してくれて、あとは何と言ってもスポックスビアード本体の2019年来日公演に期待大だ。話は進んでるのかな??

9月10日(月) : SONS OF APOLLO

Img_5140_640x480

マイクポートノイとデレクシェリニアン、ビリーシーンに注目しがちのサンズオブアポロだけど、思いっきり見直してしまったジェフスコットソートのヴォーカリストとしての実力、フロントマンとしての立ち振る舞い。そこに気付けたことが最大の個人的収穫だった気がする。ジェフスコットソートにはもっと注目浴びて欲しい。なぜかVIPパッケージが中止になり、出来れば追っかけてサインの一つでもゲットしたかったのでそこは残念。サンズオブアポロとしてはブルガリアでのオーケストラ共演ライヴ盤のリリースが待ち遠しい。

11月5日(月) : STEVEN WILSON

Img_5282_640x480

Img_5316_640x480

待望と言えばこれほど待望の来日公演ってのも久しぶりだった気が。スティーヴンウィルソン、最高だったよ、最高! しつこいようだけどこの人に関してはプログレオタクの趣味であってほしくないし、本人もそのつもりはないだろう。プログレオタクにこのミュージシャンを語って欲しくないwww。ここ日本でも、もっともっと幅広く、大・大・大ブレークして欲しい。次作でまたどのように変化するか超楽しみ。個人的にはジョンウェットン大先生を失った虚無感を埋めてくれる存在になったよ。あと、あのツアーTシャツも素晴らしい。ここぞという時に着ようと思って、未だに大事に保管してあるって(笑)。

12月9日(日) : KING CRIMSON ROYAL PACKAGE

Img_5394_640x480

3年前は7人だったキングクリムゾン、8人に増えて3年ぶりの来日公演で今回はロイヤルパッケージがあったのでロイヤルから参戦。ロイヤル申込時のお仲間との深夜のLINEでの大騒ぎから始まって、メールが来ねぇだの、限定商品は確実に手に入るのかどうかでハラハラしたりと、子供のようにはしゃいでしまったぜwww。まさか目の前で尊師ロバートフリップの尊顔を拝見し、生声を拝聴する日が来るとは思わなかったよ。唯一心残りはジョンウェットン入りクリムゾンDNAについてもう少し突っ込んだ質問が出来なかった事かなww。さっき立ち読みしたロッキングオンのジャッコのインタビューではやっぱり、レコーディングを少ししたみたいなこと言ってるんだもん・・・。

12月9日(日) : KING CRIMSON

Img_5403_640x480

そして本編。やっぱり今思い出しても第一部の最後、戦慄4からアイランズの流れ、アレは完璧だった。今でも、そしてこれからも脳裏から消えることはないだろう。セットリストも個人的には大満足だった。次来るときは9人になってるんじゃねぇか(笑)。

以上、厳選の計5本だったけど、どれも素晴らしいライヴだったことは言うまでもない。2018年で一番最高だったライヴは・・・、これは勿論スティーヴンウィルソンで決定です!!

他にもネタにしたい記事はあるんだけどもう今年は間に合わない。年が明けたらまたチンタラゆっくりと記事UPさしてもらいます。皆様本年も私の拙い文章のブログを読んで頂き、本当にありがとうございました。来年も自分らしく、面白おかしく、盛り上がって行きたいと思います!

|

« EDDIE JOBSON "1971-1979 THE BAND YEARS" | トップページ | トニー・バンクス 「キュリアス・フィーリング」(TONY BANKS "A CURIOUS FEELING") »