« ジェネシス 「ライヴ・イン・シカゴ 1977」(GENESIS "LIVE... CHICAGO '77") | トップページ | ジョン・ウェットン追悼:2015年4月30日ジョン・ウェットン大先生に最後に頂いた直筆サイン »

2019年1月29日 (火)

ザ・ビートルズ 「ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)<3CDデラックス・エディション>」(THE BEATLES "THE BEATLES and ESHER DEMOS")

本日公休。今月は我が地域は統一「外」地方選挙で私も地域の為に大忙しだったのでここ10日ほどはブログも放ったらかしとなった。その選挙も一昨日に終わって少しホッとしている状態。しばらくゆっくりしたいなと思うけど出来るかな。早速今晩も地域の所用があるし。泊まりの連勤終わりでメッチャ寝て、いろいろやりたいことがあったからいつもより早めに起きたけど、しっかり食材の買い出しでオカンの運転手としてスーパーを2件ハシゴしたのでそれだけで午前を費やしてしまった。

楽しみな新譜を待っているんだけど、ジョンウェットン大先生ムック本もスティーヴハケットの新譜もトレヴァーホーンの80's曲オーケストラアルバムも、み~んなタワレコオンラインで注文したので配送中の到着待ち。到着したとしてもそれからある程度聴いてからのブログ執筆になるから、そんなの待ってたら更にあと何週間もブログ放ったらかしになる。なのでここら辺で何か書いてブログ更新しておこうという事で、未だにスーパーデラックスBOXのセッション音源が聴けていないビートルズのホワイトアルバム50周年盤の、3CD盤の方を取り上げておこう。

Img_5448_640x480

当初はスーパーデラックスBOXだけ買っていたんだけど、とても好きな作品なので普段聴き用に後で3CD盤も買っておいたのだ。家で普段聴きするのにいちいちスーパーデラックスBOXを慎重に開封するの、邪魔くさいからねww。それで実際この3CD盤を自宅やウォーキング時に頻繁に愛聴しているのでせっかくだからブログにも記録を残しておこうと思って。凄く詳しいレビューや分析はビートルマニアさんたちにお任せするとして、私はホントに軽くライトに取り上げる。

ホワイトアルバムって昔は、焦点の定まらない、メンバー間の分裂が垣間見える、等々あまり評価の高くない作品だったそうで、確かに自ら興味を持って聴かなければ2枚組である必要があったのかと思うくらいの散漫で退屈な作品に感じたのかも知れない。私も20年くらい前に初めて聴いた時は退屈だなぁと思った気がする。でもなんだろう、世間の評価も年を経るごとに高まり、「散漫」は「ヴァラエティに富んでいる」と読み替えて前向き評価が拡がったようで、私もそんな目線で聴くようになっていたのだ。

そして今回の50周年記念盤、プロデューサー、ジョージマーティンの息子のジャイルズマーティンによるリミックスが施されての登場となったので、これは本当に楽しみにして購入したのだった。そして実際聴いてみての印象は、もうこれは目からウロコが落ちるレベルのリミックス効果の素晴らしさ。1曲目のバックインザUSSRからまさに昨日今日レコーディングしたばかりかと思うほどの、まるで目の前で演奏してるかのような鮮度抜群の素晴らしい音質。中低音が豊かに鳴り響き、個人的にも好きなミキシングの音像だ。ブラックバードのようなアコギの曲もよりクリアーに聴こえるし、何か全く新たな気分でホワイトアルバムが聴けてしまう。ビートルズ程の存在になると、ファンの間ではオリジナルの音が聖典扱いとなって、リミックス効果というものを素直に認めたくない方々もいるのだろう。私自身はそこまでのマニアでは無いので、音の良いホワイトアルバムとして気分よく聴ける。まさに21世紀のホワイトアルバム決定盤として、ジャイルズマーティンの仕事は評価されていいと思う。

話を戻して収録内容についてなんだけど、さっきも言った「散漫」は「ヴァラエティに富んでいる」と読み替えて楽しめる私である。それだけに何度聴いても飽きない。ビートルズファンの方でも昔っからホワイトアルバムが好きな人は、そういう観点で楽しんでおられるのではないかなと思うのだ。私が洋楽を聴くようになったのは高校2年生の時で83年のエイジアのアルファからだけど、そんな私にビートルズを聴けと言ってビートルズのベスト盤のLPレコードを貸してくれた当時のクラスメイトは、当時カセットテープのウォークマンでよくホワイトアルバムを聴いていたように思う。例えばレッドツェッペリンで言えば2枚組のフィジカルグラフィティが私の中では同じ印象である。ホワイトアルバムとフィジカルグラフィティは私にとって「ヴァラエティに富んでいる」作品として共通の魅力を感じる。前作の金字塔的アルバム、サージェントペパーズはプログレの原点という捉え方も出来たが、このホワイトアルバムに収録された「ヴァラエティに富んでいる」楽曲群は、ハードロック/へヴィメタルの原典とも言えるヘルタースケルター、プログレというかアヴァンギャルドの先駆けと言えるレヴォリューションNo.9、ブルースをジョンレノンが解釈したヤーブルース、フォークタッチのブラックバード等々、本当に様々なスタイルの楽曲が楽しめる。私が時々言う、プログレが好きな人もHR/HMが好きな人もそのスタイルを遡ればビートルズに辿りついてしまう、という事を素直に認めないとホント損するよって言いたいね。プログレもHMもビートルズがココで提示したものの枝葉の発展形、そう言っても全く差支えないと思う。その意味からもホワイトアルバムはあらゆるロックファンに対して間口の広いアルバムだと思うのだ。

今回の50周年盤で、スーパーデラックスBOXだけでなくこの通常盤というか3CD盤に普通にイーシャーデモの全27曲がまるまる収録されたのには驚愕した。まあデモ音源はデモ音源なので普段聴きで何度も聴こうとまでは思わないけど、当たり前のようにイーシャーデモを公式発売してくれたのにはファンには最高のプレゼントだろう。ジョージハリスンの自宅スタジオでメンバー4人で一気に録音したデモテープ27曲、そこにはホワイトアルバムで完成に至った曲以外にも、後に大傑作アビーロードにて完成収録された曲もあれば、ポールマッカートニーの1stソロで発表されたジャンク、ジョンレノンのソロ2ndイマジンに収録されたジェラスガイの原曲チャイルドオブネイチャー等々、魅力的で興味深い音源が満載。その事実自体が、実はホワイトアルバムに向けて制作された楽曲群のクォリティの高さを物語っていると言えるのではないか。

以上、私はビートルマニアではないでの細かいツッコミは勘弁してねwww。後はアレだ、スーパーデラックスBOXのセッション音源集、これも相当楽しめる音源集のようなのでいつか是非このブログでも取り上げたいと思う。

|

« ジェネシス 「ライヴ・イン・シカゴ 1977」(GENESIS "LIVE... CHICAGO '77") | トップページ | ジョン・ウェットン追悼:2015年4月30日ジョン・ウェットン大先生に最後に頂いた直筆サイン »