« ドリーム・シアター 「ディスタンス・オーヴァー・タイム リミテッド・エディション」(DREAM THEATER "DISTANCE OVER TIME") | トップページ | ルネッサンス 「燃ゆる灰:リマスタード&イクスパンディド・エディション」(RENAISSANCE "ASHES ARE BURNING : Remastered & Expanded Edition") »

2019年3月26日 (火)

Perry Freaks at Rock Bar STARLESS (Mar 20, 2019 @ OSAKA)

またまたブログ更新が3週間近く滞ってしまった。でも今回は理由があるぞ。まずは10日ほど前から口内炎に苦しんでいてしかも舌のヨコと唇のウラと、2か所も口内炎が出来たものだから機嫌が悪い悪い(苦笑)。到底ブログなんか書く気がしないっちゅうねん。あともう一つは、拙ブログで使用しているniftyのココログがシステムリニューアルをするからとある日の深夜早朝のみブログ更新が出来なかったのだけど、これが案の定トラブったらしく、システムリニューアル大幅延長。更にリリース後も、それまで旧仕組みで出来ていた筈の事が出来ないとか不具合連発。今も不具合対応しているらしい。そんなワケで更新できなかったのだ。今日はシステムリニューアル後で初めてブログ書いてみるけどちゃんと更新できるか、記事作成の便不便の確認兼ねて書いてみる。なお、今日3/26現在、改行に不具合があるらしい。更新してみて変な表示になっていたとしても今日のところはご勘弁を。

お試し更新なので雑談から。若い頃から重度の花粉症患者だった私、くしゃみとか鼻水とか、そんな程度では無い。鼻が完全に詰まってしまって、鼻で息が出来なくなるという症状が何十年も続いていた、ある時期からそれだと寝れないし困るから鼻詰まりに即効性のある市販の鼻炎スプレーを愛用していたんだけれど、そしたら今度はそのまま慢性鼻炎になってしまって、年中鼻炎スプレーを手放せないことになってしまった。私の直の知り合いの方であれば、私が時々鼻炎スプレーを鼻にさしてる姿を見かけた方も多いだろう。そんな状態で20年くらい過ごしてきた。今年も花粉症の季節が来て、鼻炎スプレーの使用頻度はますます多くなるし目は痒くて気が狂いそうだし凄いストレスなので、ちょっとした気休めも欲しくて、近所で評判がイイらしい耳鼻科に行ってみた。そこできちんと検査してアレルギーに効くという錠剤の飲み薬と、あとは即効性は無いけど慢性鼻炎になる心配の無い鼻炎スプレーと目薬を処方してもらった。そしたらアレだ、この処方してもらった錠剤の飲み薬が非常によく効く。服用し始めて3日目くらいからは鼻炎スプレーが必要なくなってしまった。慢性鼻炎になってしまって年中手放せなくなっていた市販の鼻炎スプレーが無用の長物になってしまったのだよ。もうメッチャ嬉しくて。なにしろそれで20年くらい苦しんでたんだから。こんな事ならもっと何年も前から近所の耳鼻科にお世話になっておけばよかったよ。ほんとウソみたいに楽になった。

そんな近況の中で、花粉症の症状劇的改善を喜びつつ、Wetton Maniaイベントを通じて知り合った産業ロックAORマニアの大阪のichi**さんと計って、スティーヴペリー復活記念でイベントを企画開催してみた。キッカケはもちろんスティーヴペリーの復活作リリースであった。そういう意味では昨秋からやろうやろうとは言っていたんだけど、私の不規則勤務と、普通の会社員と違って年間休日も少ないのと、それから貴重な休日も趣味音楽にすべて費やしてるわけでは無く、行政や政治含めた地域の所用でアレコレ動き回ったりってものあってずっと後回しにしたままだった。今月3月の頭くらいにたまたま珍しく週末で遊べる日があって、誰か飲み会でも、って釣り糸垂らしてみたら見事にichi**さんが釣られてくれて(笑)、今話題の串カツ田中の京都店で呑み会をやった。二人で串カツ食ってたら話題は当然80's産業ロックAORまわりの話になり、挙句はプロデューサーのケヴィンシャーリーはどうこうとか、面白いように話が噛み合ってそのまま勢いで急遽、Wetton Maniaのスタイルに倣って、スティーヴペリー、ジャーニー関連イベントを企画してみたのであった。その名も「Perry Freaks(ペリー・フリークス)」。ichi**さん渾身の命名!ジャーニー王道から薄い関連まで何でもOK。3/20(水)開催という事で急に決めたのもあってfacebookなんかで周知はしたものの、明確に参加表明する方は少なく、さすがに周知期間も少なかったから今回は3名、最悪私とichi**さんの2名かなと思いつつ、それならそれで二人の好き放題やってやろうと思っていた。

2019年3月20日(水)、この日は泊まり勤務明けで朝帰宅して3時間ほど寝て、夕方頃大阪へ出立。恒例の心斎橋のスターレスさんでの開催だけど、なんだかんだ言って私個人的には年に2~3回しか行ってないからか、見事に心斎橋界隈で迷子になってしまった。どっちみちichi**さんも仕事で遅れるそうだしem**さんも遅れて寄ります的な感じだったので、私も安心して遅刻www。実質20時過ぎくらいから3名で開始。ところが嬉しいことにこのあとMi**さん、清**さん、M*oさん、更にichi**さんのお知り合いの方も駆け付けて下さって予想外の7名での開催。これは嬉しかったし有難かった。内容はWetton Maniaに倣って自分のセレクトした曲を店で流してもらってウンチクたれるというDJスタイル。私のプレイリストは順不同で以下。

Img_5791-640x480

Turn Back Time (from REVOLUTION SAINTS "same"
爽快極まりないこの曲、ディーンカストロノヴォのハイトーンヴォーカルが素晴らしい。

Posession (from BAD ENGLISH "same"
他にシングルヒット曲はあるけど個人的に一番良く聴いたのはこの哀メロバラードだった。

If I Fall (from W.E.T. "same"
サンズオブアポロの来日公演でジェフスコットソートが気に入ってしまって、一瞬ジャーニーのツアーメンバーだったジェフのプロジェクトから哀メロ多めの作品中、唯一の爽快曲。好き過ぎてこのアルバムからはこの曲しか聴かなくなってしまった。

Whiter Shade of Pale (from HSAS "THROUGH THE FIRE")
サミーヘイガーが好きなので、ニールショーン絡みはジャーニー関連と位置付けて。普通はミッシングユーを選ぶところ、敢えてプロコルハルムのカヴァーで(笑)。

To Be Alive Again (from JOURNEY "ARRIVAL")
ジャーニーで最高傑作かどうかは別として、聴いた回数だけで言えば一番多いかも知れないスティーヴオージェリー在籍時の本作。しかも選んだのは日本盤ボーナストラック扱いのこの曲。大好きなんだよこの曲が。

Still Loving You (from THE STORM "same"
スティーヴペリーそっくりさんとしてケヴィンチャルファントを紹介しようとこのCDを持って行って、店でかけたのはグレッグローリーのヴォーカル曲というねwww。

Mother,Father (from DREAM THEATER "UNCOVERED 2003-2005")
私の締めはもうこれしかないだろうと。我らがドリームシアターによるマザーファザーのカヴァー。出来の良し悪しは関係ないwww。

あと、これまたスティーヴペリーのそっくりさんでHUGOも持って行ってたけど、店で敢えてYoutubeでHUGOのライヴ映像を流してもらって、アクション含めたペリーモノマネぶりにみんなで笑った。ここで私は時間切れ。ペリーフリークスと名付けていながらスティーヴペリーの曲は1曲もかけずwww。

ちなみに今イベント「Perry Freaks」相棒のichi**さんの選曲は順不同で以下写真

Img_5795-640x480

こちらもさすがの選曲。私と示し合わせたかのように王道外しまくりのマニアック展開。お互い完全に自分たちの世界に入ってしまった。サムクック、確かにスティーヴペリーに似てるよねぇ。明らかにペリーがサムクックの影響受けてるのが分かる。ソウルサーカスはニールショーンのバンドでジェフスコットソートがヴォーカルのヤツ。存在は知ってたけど未チェックだった。良いもの紹介してもらった。中古で出会う機会があれば購入検討だ。マイケルボルトンはジョナサンケインがプロデュースという事で、この曲はイントロからモロにドントストップビリーヴィンwww。あと最高にマニアックだったのがジョナサンケインとエリックマーティンの曲。これはジョナサンケインのデモ音源ブートCD収録だそうで、ミスタービッグの1stにも収録されている。店で聴かせてもらった時、産業ロック系に感じて、あれ?ミスタービッグの1stにこんな曲あったっけな?と思ってしまった。ミスタービッグは一応89年時点でリアルタイムで聴いていたので、家帰って1stのCD収録の同曲を聴き直してしまったよ。ジョナサンケインのデモ版はやっぱり鍵盤サウンド多めだけど、ミスタービッグでは鍵盤は無いので、それで印象が違ったんだな。

お忙しい中、駆け付けて下さったem**さんはロックオブ何とかの映画で使われたドントストップビリーヴィンのカヴァーを紹介。私それ知りませんでしたww。そして意外にも今回のイベントのハイライトになったのが、これまたお忙しい中で駆け付けて下さったM*oさんの持込み音源。何と79年4月14日のジャーニー来日公演、大阪厚生年金に参戦されていたそうで、秘蔵の超貴重な実況録音カセット(コラッ!)を持って来て下さった。お店でカセットデッキで聴かせて頂いた。

Img_5790-640x480

これは最高だね。こういうアングラに胸がワクワクする習性がある私は、ジャーニー以外の、M*oさんが隠し録り、いや実況録音(どっちにしてもコラッ!)されたカセットについての話も聞かせて頂いて、もうジャーニーそっちのけで夢中になってしまった。この前日79年4月13日のボストン初来日大阪府立やキャメル初来日公演も実況録音されているとの事。79年と聞いて、UKの79年大阪公演は録っていないのかと取調べしてしまったじゃないかwww。残念ながらUKは録ってないとの事・・・・残念ww。ちなみにエイジアインエイジア83年の大阪城ホールとか90年エイジアの尼崎アルカイックは隠し録り、いや実況録音(コラーーッ!!)されているとの事なので、次回のWetton Maniaか何かでそのカセットを持って来てもらうようにお願いしといたからwww。

以上、こんなふうにジャーニー、スティーヴペリー関連イベント「Perry Freaks」を無事に開催することが出来た。今回は急な開催とあって、ほんとは参加したいけど急すぎて行けないよという方もいらっしゃったかもしれないので、是非また第2回を開催したいなと。

とりあえずこんな感じでグダグダリニューアルしたココログで記事を更新してみる。不具合あったらそれはniftyココログさんのせいなので、勘弁してくださいな。

|

« ドリーム・シアター 「ディスタンス・オーヴァー・タイム リミテッド・エディション」(DREAM THEATER "DISTANCE OVER TIME") | トップページ | ルネッサンス 「燃ゆる灰:リマスタード&イクスパンディド・エディション」(RENAISSANCE "ASHES ARE BURNING : Remastered & Expanded Edition") »