« [グルメ] 季節料理 しょうぶ (@ 京都 亀岡 2019年4月23日) | トップページ | パトリック・モラーツ 「ザ・ストーリー・オブ・アイ」(PATRICK MORAZ "THE STORY OF I") »

2019年5月 2日 (木)

ASIA "THE DEFINITIVE COLLECTION" (plus Bonus DVD)

何しろGW10連休のウチ8日間は仕事、残りの明日からGW最終日まで全部仕事で激務なのが分かり切っているから既にブルーな気分入ってるけど、昨日のスタジオ遊びの話でも。

昨日は元号が令和になって最初の日、たまたまでしかないんだけど私の泊まり勤務明けオフ日に合わせて、お仲間数人で楽器を抱えてスタジオ入りした。令和の最初の日はスタジオでエイジアのOnly Time Will TellとU.K.のNothing To Loseを練習してたなぁと思い出に残る事だろう。スタジオ入りして練習なんかしてどうするのかはまだ未定。とりあえずお仲間で楽器持ちが多いのでセッション的な何かやって遊んでみようという感じで。それが何らかの形になるのか遊んで終わるのかも分からない。ただ、こうしてスタジオに入って合奏するとやっぱり面白いのは確か。しかもアレだ、単にロックバンドのコピーバンドをやるとかじゃなくて、楽器編成が面白い。それぞれが所持している楽器を持ち寄って、その楽器を生かしながらアレンジしてカヴァーしてみるというのは試みとして新鮮である。エイジアとかUKやるなら、ギター、ベース、キーボード、ドラムで良いんだけど、フルート、リコーダー、エレキヴァイオリン、ヴィオラ、ブズーキといった楽器を入れ込んでアレンジしてセッションするというチャレンジである。昨日は最初だったのと、ドラムレスでやったので探り探りという感じで練習してみた。あ、私はベースとヴォーカルね。「置いた」はずのベースを再び取り出したのだ。それはそれはもうグダグダ。曲の進行を見失うわ、構成は分からなくなるわ、そもそも自分の演奏も怪し過ぎるわで、ワケの分からないスタジオでの3時間だった。ボロ過ぎるOnly Time Will Tellを演奏練習して、改めてエイジアのCDでOnly Time Will Tellを聴くとコレが素晴らしく聴こえるんだwww。単なるポップ曲と思っていたのが、メロディ、アレンジ、構成が実に良く練られていて、非常にこう何ていうか構成美を感じるというか。自分の演奏がグダグダだからこその再発見ww。35年以上も飽きずに聴いてきたエイジアをまた新鮮な気持ちで聴けるwww。また、なぜか昨日は祝日にもかかわらずスタジオが平日料金だったようで、割引クーポンもあって、5人で3時間スタジオ楽しんで一人当たり900円で済むというコスパの良過ぎる遊びだった。今月末にも練習して、さらに来月以降はドラマーさんにも合流頂いて本格セッションという段取り。さてどうなる事やら。

突然取り上げる掲題のCD、エイジアのベスト盤CD。今頃なんなのって、今更感全開だけど。確か拙ブログで取り上げてなかったなと思って。上記のスタジオ練習するにあたって先月あたりにベースの練習するのにたまたまこの2006年発売のベスト盤で、Only Time Will Tellを聴いていたのだ。

Img_5902-640x480

エイジアのビデオクリップ6曲分のDVDがボーナスとして付いていて、このDVD付きは限定盤だったと思う。今は流通してないよね。

Img_5903-640x480

2006年のオリジナルエイジア再編の時に米ユニバーサルがこのベスト盤を出したんだったかな。私の大好きなデイライトが選曲されているのが気が利いていて素晴らしい。当時私は仕事が激忙だったのでこのベスト盤発売の経緯をよく分かってなくて、このCD+DVD限定盤も後になって慌ててebayかなんかで手に入れたんだった。

ここに収録されている全16曲である意味レアだったのがGoの12インチリミックスである。80年代にあったダンスミックス的なアレンジで時間は7分以上もある。曲としては正直ダンスミュージック好きでなければ特に楽しめないし、原曲のカッコ良さは台無しになってると感じるし、実際私もほとんど聴いてこなかった。日本盤では出てなかったし、CDにも収録されてなかったものが本ベスト盤で初収録されたから文字通りコレクションとして買っただけだった。

それでベースの練習をするのにたまたま気が向いてこのCDをラックから取り出して聴いていて、そのまま練習終わった後にCD1枚を最後までダラダラと部屋で流していたんだけど、そしたらそのGoのリミックスが突然耳に残ったのだ。ダンスミックスにしただけの面白くないアレンジなんだけど、通常のGoには無いジェフダウンズによる流麗なオルガンソロが聴こえるではないか。しかもエキサイティングでカッコいい。こんなカッコいいオルガンソロが入っていたんだと再認識した。ここでしか聴けないオルガンソロである。なんでこのオルガンソロを通常アレンジのGoにも入れ込まなかったんだろう。ちなみにリミックスの担当はジェフダウンズ本人である。だから好きなように自分の演奏を付け加えて入れ込んだのかな。ダンス曲にあまり興味の無い私が、ようやくこのGoリミックスを聴ける魅力に気付いたよ。

突然本ベスト盤を取り上げたのは、Goリミックスにジェフダウンズのカッコいいオルガンソロが入っている、その事をブログに書いておいてやろうと思ってねwww。あとアレだ、拙ブログのアクセス数が、エイジア、ウェットン系の記事を書いた時と、それ以外の記事を書いた時で、あからさまにアクセス数に違いが出るんだよ。エイジア、ウェットン系のネタを書くとアクセス数が伸びるんだけど、それ以外だとジリ貧(苦笑)。そういう存在感なんだね拙ブログww。まぁいい、これからも好きなこと書くからな。これで商売してるわけじゃないんだから。趣味なんだからwww。

|

« [グルメ] 季節料理 しょうぶ (@ 京都 亀岡 2019年4月23日) | トップページ | パトリック・モラーツ 「ザ・ストーリー・オブ・アイ」(PATRICK MORAZ "THE STORY OF I") »