« [グルメ] 来来亭 亀岡店(@ 京都 亀岡 2019年5月24日) | トップページ | ジョン・ウェットン生誕70周年:ボックスセット AN EXTRAORDINARY LIFE 概要発表 »

2019年6月 4日 (火)

ロンリー・ロボット 「アンダー・スターズ」(LONELY ROBOT "UNDER STARS")

U2のファンクラブ入っちゃったよ。50ドルね。ファンクラブ限定のライヴCDも貰えることだしお得だと思う事にする。12月埼玉スーパーアリーナ行き実質決定だ。もう後戻りできない。もうじき夏の賞与もある。オッケーオッケーwww。席種はもう少し熟慮して明日チケット予約しよう。多分S席19,800円で行く。今回は巨大スクリーンの演出もしっかり楽しみたいから、メンバーを近くで観れるかどうかよりもスクリーン含めた会場全体の壮観も味わっておきたい気がして。

先週だったかイットバイツのボブダルトンがfacebookで、今後の「具体的な」活動予定は無い、と書き込んだことでイットバイツの活動終了(解散)というようなニュアンスで情報サイトが報じてしまった。ジョンミッチェルは、いやいや、これからジョンベックと曲作りのミーティングやるんだけど、みたいな感じで困惑気味だったところが本件の不透明さを物語っているようで、今後の成り行きに要注目である。少なくともイットバイツの解散宣言とか終了宣言では無いと思うんだけどね。

それはそれとして本題。昨年2018年のKINOの2ndと本作、何が違うんだって気がしないでもないけど、なぜかキッチリ買ってしまってるジョンミッチェルのソロプロジェクト、ロンリーロボットの新作3rdである。

Img_6037-640x480

なんで買ってしまうんだろうwww。心のどこかで現行イットバイツや大好きなKINOの1stの幻影を追い続けてるのかも。先週あたりにようやく国内盤が到着して、家でのんびりリラックスタイムのBGM程度に聴いてみたらいつの間にかもう6回か7回はフルで聴いてしまった。ジョンミッチェル的にはロンリーロボットの1st2ndに続く3部作との事で、3枚出したら何はともあれ3部作って言ってしまう感じはジョンウェットン大先生を思い起こさせるぞwww。ウェルカムトゥへヴィンの時ね。当時はエェーーッ(鼻笑)ってなって、アレも強引な話だったよなぁって先生亡き今では懐かしく笑える。

ところで今回の3rd国内盤には「ザ」が付いていないwww。前作2ndでは国内盤表記がなぜか「ザ・ロンリー・ロボット」だったけど。「ザ」があるのとないのと、区分けがよく分からない目白であるwww。今回は全曲レビューまではしないけど、この1週間で6回も7回も聴いてるくらいだからそれって個人的にへヴィロテってことじゃない。結構気に入ってる。全曲レビューまではしないのは、曲によっては特になんの印象も無いのがあるのでwww。全体的にはこれはもう安心安定のクォリティ。ジョンミッチェルとそのスタジオによるいつものクリアでマイルドな音像に包まれてメロディアスな歌メロ、伸びやかなギターソロ、シンセを駆使したスペーシーなサウンドと、その手のサウンドが好きな人には持っていて損はない作品である。逆に言えば1st、2nd、そしてKINOの2ndのどれか持っていれば同傾向のサウンドだよと簡単に説明が付く作品でもあるwww。でもね、今回は全てにおいて平均点以上なだけでなく、個人的に飛び抜けて気に入った曲がある。それは、

⑦ The Only Time I Don't Belong Is Now

である。曲の始まりはブルージーなギターで静かに始まるんだけど、サビの展開に至ってのキラキラ感を伴った伸びやかでメロディアスで、しかも郷愁漂うノスタルジックメロディが完全に私の心を捉えてしまった。そうなんだ、私の好きなメロディってこれなんだと、改めて気付かせて貰ったっていうか。結局私はノスタルジックなメロディ、郷愁を感じさせるメロディに遭遇するとそれだけでハマってしまう感性のようだ。単にメロディアスとかキャッチーとか美メロ哀メロ、そのどれも好きなんだけど、郷愁、ノスタルジック、そしてそれを更に強調するかのようなアレンジ、この辺りに遭遇するともうこの時点で作品全体が傑作代表作となってしまう。共感してくれる人がいてもいなくても、そんなことはどうでもよい。極端な例えだけど、私は実はEL&Pのラヴビーチが案外好きだったりする。さすがにそれがバンドの代表作とまでは言わないけども。全体的には平均点以下というか全然聴かない曲もあるんだけど、唯一、最終曲の大曲「将校と紳士の回顧録(Memoirs of an Officer and a Gentleman)」が大好きで、それはキースエマーソンの逝去時のブログにも書いた。あの曲で聴けるグレッグレイクの歌メロ、キースエマーソンによるショパンのエチュード第1番ハ長調を引用したピアノソロのパートなんかは、アレこそまさに郷愁、ノスタルジックなメロディそのものではないか。アレがあるだけで私の中でラヴビーチは放っておけない快作なのである。まぁそんな具合で、私の心の琴線に引っ掛かってしまった1曲の為に、本作ロンリーロボットの3rdは私の中で聴く回数の一番多くなりそうな、「3部作」の最終作となったのであったwww。

|

« [グルメ] 来来亭 亀岡店(@ 京都 亀岡 2019年5月24日) | トップページ | ジョン・ウェットン生誕70周年:ボックスセット AN EXTRAORDINARY LIFE 概要発表 »