« 【Wetton Mania 4】 開催のお知らせ(概要) | トップページ | 【Wetton Mania 4】 開催告知フライヤー完成!! »

2019年7月 1日 (月)

[グルメ] 餃子の王将 四条大宮店(1号店)(@ 京都 四条大宮 2019年6月30日)

今日7/1はアレだぜ、Wetton/Bruford期キングクリムゾンのラストライヴの日だぜ。だからキングクリムゾンのコレクターズクラブ74年7月1日NYセントラルパークのオフィシャルブートCDを聴きながらブログ書く。それにしても改めて聴くこのセントラルパークでのラストライヴ、オーディエンス録音の音質がイイ意味で迫力を増して聴こえるというか。70年代の最後のライヴにして弾けてしまう寸前のテンションギリギリの凄いライヴであることが音と演奏から伝わってくる。なぜか周囲に数人いるヒープマニアがジュライ何とかって拙のSNSタイムラインを埋め尽くしてくれてスルーするのに大変だから、そうじゃねぇだろ70年代KCラストライヴの日だろと。

それにしても疲れたなぁ。嫌な疲れ方じゃなくて心地よい疲れというか。昨日6/30(日)はプログレバンド、WATER GARDEN(ウォーターガーデン)を主宰されていたドラマーのHiro**さんをお迎えしてジョンウェットン曲のスタジオセッションを実施したのだ。場所はスタジオ246の四条大宮で。約4時間で3曲にトライして、何度も演奏してから、うち2曲はカッコつきそうだったのでスタジオ演奏のラインレコーディングを実施。今日になって録音したそのCDRを聴いてみた。Hiro**さんは元からウォーターガーデンで、フランスのムゼアレーベルからCDを出されてるくらいだからプロ並みな方なのでお見事な腕前なのは当然として、それ以外の我々ド素人も個別練習の成果を発揮して、ヘタクソなりにもっともらしい演奏が出来ていたことが確認できて大変満足www。勿論ド素人の演奏なのでアラはいっぱいあるし、しかもそれをライン録音の音で聴くと、ミスや音程ハズレがはっきり分かって何度イスから転げ落ちそうになるか分からないくらいの面白さではあったが・・・www。その成果をいつか何らかの形で何かに生かせればいいなぁとは思っているのだけれど、それはまだちょっと分からない。何しろこのワタクシ、とても慎重派で、一歩一歩、本当に慎重に事を進める性格なのでいきなり大きなことはやろうとは思っていないし。そうねぇ、いずれ参加者10人規模くらいでスタジオライヴ形式でジョンウェットン曲のセッションイベントを実施できるまでに持って行くことが目標になるかなぁ。イベント名だけ勝手に仮決めしてあるんですよ、「Wetton Mania Sessions」 ってねwww。

それで、スタジオ終了後にお仲間7人でスタジオ246からすぐ近くにある餃子の王将に移動。ただの王将じゃない。餃子キングダムと言われる京都において聖地と崇め奉られている餃子の王将の発祥の地、1号店の四条大宮店である。

Img_6100-640x480

入り口には発祥の地として地味に石碑?がある。

Img_6095-640x480

看板にも地味に誇らしげに「1号店」との記名が。

Img_6096-640x480

何はともあれ餃子である。1号店の餃子は、全国の王将ぜんぶ同じはずなのになんかちょっと違う。そう思い込んで食べてるから、だけではない気がする。焼きが違うのか何なのか、とにかく美味しい。皮には適度なもっちり感があって中身はジューシー。そしてそれを最近はやりの「両面焼き」で注文して食べるのだ。餃子の両面を焼いてもらうやつね。

Img_6099-640x480

先月に「普通焼き」と「よく焼き」と「両面焼き」の3種類を試しに注文して、お仲間で満場一致で「両面焼き」が最高となったので。今回は7人で入ったので一気に6人前注文。いやホントに美味かったよ。個人的にはもうしばらくは餃子はいらないかなってくらい食べた。ところが一晩経って今日になってみたらやっぱりまた食べたくなっている。勿論あと他にもいろいろ注文。

Img_6102-640x480

王将のチャーハンも焼きそばも安定の美味しさ。それからエビチリにエビのオイスター炒め的なヤツに回鍋肉、そして鶏の唐揚げ。この唐揚げは各テーブルに置いてある魔法の粉末と呼ばれる塩コショー?をまぶして食べると絶品の味なんだけど、うっかり忘れてそのまま食べてしまったよ。勿体ないことした。食べて飲んでお腹パンパン。私自身はこの日は重たいベースギターを抱えて、腰痛も抱えていたので途中までクルマで出かけていたからアルコールは呑めず。やっぱりビールと餃子がイイよ。今回はノンアルビールで済ませたけど。

久しぶりにウォーターガーデンのHiro**さんとも会えて、バンド活動の方の休止の経緯とかいろいろ聞かせて頂いたり、ウェットンファン仲間の集まりでもあるからエイジア楽曲の難易度についてとか楽しくお話出来て良かった。私はたまたま翌日の今日も公休だったのでイイんだけど、お仲間の皆様は翌日仕事の方もいらっしゃるので1時間ちょっとでサクッと解散。

最後に、7月14日の「Wetton Mania 4」の宣伝兼ねて、大阪河内長野のエディジョブソンかつロジャーディーンと呼ばれる天才画伯の綱**さんが今回のフライヤーの原画案を提示して下さった。王将で披露されたフライヤーの原画の一部をチョイ出ししておこう。

Photo_20190701162501

さて、何からアレしてるんでしょうか?(笑)。このフライヤーの完成も合わせてお楽しみに!!

|

« 【Wetton Mania 4】 開催のお知らせ(概要) | トップページ | 【Wetton Mania 4】 開催告知フライヤー完成!! »