« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月27日 (火)

[グルメ] じゅうじゅうカルビ 桂南店(@ 京都 桂川 2019年8月26日)

まだ食うぞwww。

仕事が公休の今日は朝から天気がイマイチなのでウォーキングも無し。例によって午前からオカンの買い物の運転手兼荷物運びで巨大ショッピングモール、京都の桂川イオンへ。巨大なモールだからその中を歩いてるだけでまあまあなウォーキングにもなるから丁度良い。オカン孝行を終えてブログ書く。再びグルメブログwww。

8月はよく外食したなぁ。やっとの思いで現職に就いて3年。安月給ゆえ出来る限り外食は控えてきたけど、僅かながらの賞与なんかも貰えるようになったので少しは外食する余裕も出て来た。友達とか音楽仲間だけじゃなく、最近は職場のお仲間からもお声掛け頂くことも増えて来て、ホイホイ喜んで食事に行ったり呑みに行ったりできるようになった。現職に就いた最初の頃はあまりの生活苦のため徹底的に外食を控えたし、せっかく職場の方からお声掛け頂いても、金がない、という侘しい理由で断ったりしていたからなぁ・・・。

というわけで、こないだ8月最後の日曜の泊まり勤務をこれまた激務の中ほうほうのていで終了して、いつもの職場のお仲間とはまた別の職場の同僚と、焼肉行こうぜという話になり出撃。昨日月曜の朝、泊まり勤務明けの寝不足状態でそのまま焼肉チェーン店のランチタイムに直行。今回は「じゅうじゅうカルビ」という焼肉チェーン店だ。

Img_6300-640x480

正直言うと普段はあまり焼肉は食べない。嫌いとかじゃないんだけど、なぜか子供の頃から肉類であれば焼肉よりもビーフステーキよりも、ハンバーグやミンチカツが好きだったので。こないだも言ったけど私の3大好物は、カレー、ラーメン、ハンバーグである。でも繰り返すけど嫌いなわけじゃない。目の前にあれば普通に食べるし美味しいと思うし。なので焼肉に誘われれば喜んで付いていく。今回は桂川イオンの近くにある「じゅうじゅうカルビ」の桂南店。午前11時の営業開始と同時に入店。ランチタイムのセットで「やみつきハラミランチ(200g)」1,080円(税抜)をオーダー。ハラミ200gが多いのか少ないのか分からなかったけど、ローマ軒の焼きスパ850gを余裕で平らげるこのオレ様なのでイケるだろうと。

Img_6301-640x480

見た目はこんな感じ。例によって平面的な写真では伝わりにくいけど、ハラミ200g、なかなかのヴォリューム感。そしてこのランチセット、1,080円にしてはコスパが高い。何しろライス、わかめスープ、サラダ、カレー、杏仁豆腐が全て食べ放題である。実はこのカレー食べ放題というのがクセ者で、東京で仕事してた頃も、ランチで焼肉食べ放題とかのお店に行って、カレーも食べ放題だったりするとついついカレーライスを一皿は食べてしまうんだよね。焼肉をお腹一杯食べに行ったはずなのに。カレーとご飯で腹が膨らんでしまって、案外肉は食べていないことに後で気付くというトラップだww。でもそうと分かっていてもカレーが好きなので仕方がない。今回は最初からカレーライスをテーブルに用意するのではなく、まずは焼き肉をしっかり食べることに集中した。しかし・・・・。

ここでのクセ者はライスだった。ご飯の茶碗がまあまあ大きくて深い器だった。この茶碗にしっかりご飯を盛って焼肉を食べ始めたら、ご飯がすすむすすむwww。

まぁ見て頂こう。誇り高き農耕民族、日本人による焼肉の極上の食べ方、まずは焼いた肉にタレをたっぷりつけてご飯にタレを落とすぅ~。

Img_6302-640x480

か~ら~の~、必殺、焼肉オンザライス!!!

Img_6303-640x480

コレはタマらん。この食べ方をすると、大口開けて焼肉オンザライスでご飯を食べる食べる。大き目の茶碗でご飯をしっかり2杯食べてしまったよwww。

この時点でお腹は満足していたんだけれども、カレー食べ放題だよな・・・、と思うとここで引き揚げるわけにはいかない。もう1杯、大きい茶碗に3杯目のご飯をよそって焼肉屋さんならではの、牛スジ肉入り黒カレーをオン! お腹一杯のはずなのに汗かきながら牛スジ黒カレーライスもしっかり食べ切ってしまったwww。

Img_6304-640x480

最後はパンパンのお腹に杏仁豆腐を流し込む・・・。最終的にはハラミ200g、サラダお替りして2皿、わかめスープ、ご飯2杯、牛スジ黒カレーライス1杯、以上を1,080円(税抜)で食べてやったぜ。職場の同僚も同じくご飯2杯、更にカレーライス1杯を食べておられた。アラフィフでこの食べ方はどうなんだ?と二人で自嘲気味に笑いながら店を後にした。

寝不足に焼肉、ご飯、カレー、と腹パンパンにして、帰宅した時には気絶寸前。シャワー浴びて横になったら3分もしないうちに意識を失っていたことは言うまでもない。ダイエットは明日からやるぞ明日から!!

|

2019年8月23日 (金)

イエス 「50周年記念ライヴ」(YES "50 LIVE")

さて、音楽ネタに戻りますかww。いやもう一回くらい8月中にグルメ探訪するかもしれないけど。今夏は「地域の所用」の夏の活動お休み期間が例年より長いので、そこで気忙しくしなくていいから助かっている。そろそろ「地域の所用」も再開するからグルメ探訪も今のウチなので。

大好きなペンドラゴンが2020年の新譜とツアーを発表したのに続いて、40周年記念Book&5CDコレクターズセット「THE FIRST 40 YEARS」のリリースが発表された。ビートルズのアビイロード50周年盤は私の頭の中でも予定通りだったけど、ペンドラゴンの40周年コレクターズセットは予想してなかったので久しぶりに嬉しいリリース情報となった。早速サイトの方で予約しましたよ。なんだかんだで日本円にしたら1万円超えだけどww。5CDは初出の2018年ロンドンでの40周年記念ライヴ盤3CDと、初期の名作「THE WORLD」、最近作である2014年の「MEN WHO CLIMB MOUNTAINS」がリマスターではなくリミックスしての収蔵。単なるベスト盤ではないので新鮮度が高い。これは楽しみだ。プログレファンの人たちの間では同時期デビューのポンプ勢であるマリリオンとペンドラゴンは両巨頭と言える存在だと思うけど、みんななぜか、マリリオンは聴くけどペンドラゴンは???って感じの人が多いのが私には逆に理解が出来ないww。単なる個人的な好みの問題ではあるんだけどね。私の中では、

PENDRAGON >>>>>> MARILLION

くらいにペンドラゴンの圧勝なんだよね。ペンドラゴンは何と言っても哀メロ美メロが素晴らしい。それになりよりもジョンウェットン大先生人脈だし。前にもどっかで言ったことあるかも知れないけど、先生ソロのロックオブフェイスはクライヴノーランとカールグルームがプロデュースしただけあって音像がモロにペンドラゴンだもんね。先生ファンがペンドラゴンをスルーすること自体オカシイんだってwww。マリリオンはスゲーって言ってる人の気持ちは理解できるんだけど、あの暗くてシリアスなのが私には疲れるのだ。マリリオンが来日して大阪公演があっても迷いなくスルーしたけどww、ペンドラゴンが来日して東京公演のみだと、わざわざ早くから有休取って東京遠征してしまうし。それくらい好きなのだ。ペンドラゴンで語りたいことはまだまだあるけど、今回の主題ではないのでこの辺でww。

で、掲題のイエスだ。50周年ツアーのライヴ盤が今月8月初旬に世界同時発売された。早速購入して数回聴いていて、自分なりの感想もあったんだけど食べること優先の今夏だったのでwww、いままでネタとしてしまい込んだままだった。

Img_6210-640x480

まず何と言ってもロジャーディーンのジャケ、これが素晴らしい。どこかで見たような気がしないでもない絵面だけどとにかく美しい。ロジャーディーンによるジャケとしてはベスト3くらいの美しさだと思う。ちなみに私の思うベスト3は、キーズトゥアセンション、ABWH、そして今作である。海と空が青けりゃイイのか?って話だけどwww。別にそう言われても構わない。イイんだよ海と空が青けりゃ。最高だろ?青空はよっ!。

Img_6208-640x480

日本盤はジャケデザインのステッカーのオマケ付き。このステッカーってのもじゃあ何かに貼るのかって言ったら貼らないし、結局パッケージに挟んだまま保存することになるので微妙なオマケではある。昨年2018年に盛大に開催された結成50周年#YES50ツアー企画は今年2019年になって日本にも持ち込まれたので、我々日本のファンにとってもイイ復習が出来る記念品ともなる。同じでは無いけど私が参戦した尼崎公演のセットリストにも似ているし。そういや個人的には尼崎公演後の、東京へ向かうメンバー移動時に追っかけた番外編はアレこそいい思い出になった。ハウ爺の近寄ってくれるなオーラがビンビンだったけどww。ハウ爺がホントは一番リキ入れたいであろうハウ爺トリオとかでイイから小さなハコで来日公演どこかの呼び屋さん企画してくれないかな。サイン会付きでwww。あと尼崎公演後にお仲間の綱**さんに連れて行ってもらった鉄板焼き屋は美味かったな。呑み会やりてぇな。久しぶりに串カツで呑み会やりたい。

話は逸れたけど全体の感想は思いつきでランダムに。本作はゲスト参加したパトリックモラーツ、トニーケイ、トムブリスリンが参加した日のスペシャルライヴを収録している。トレヴァーホーンも参加したんだけど本作には残念ながらホーンが歌ったWe Can Fly From Hereは収録されておらず、他日に収録されたと思われるジョンディヴィソンが歌った音源に差し替えられているようだ。何かしらの大人の事情があるのだろう。私は随分前からイエスの情報サイトでこの事は認識していたので残念感はそんなに大きくなかったんだけど、そうとは知らなかった人にとっては、なんでだよ騙したな的な反応をしていた方もSNSでチラホラ見かけた。こればかりは宣伝側もトレヴァーホーンのヴォーカル収録とは宣伝しては無かったと思うので何とも言えないわな。マニアが勝手に期待してしまっていたとも言えるし・・・。それにアレだ、ある種の目玉のパトリックモラーツのゲスト参加だけど、Soonだけというのはいやはや何ともwww。どうしたってリレイヤーの錯乱の扉の全編を期待してしまったしな。おまけに最新のRoyal Affairツアーではパトリックモラーツ不在で錯乱の扉を全編やってしまってるし・・・。トニーケイは本作では3曲のみのゲスト参加。Yours Is No disgraceやStarship Trooperでのオルガンプレイはまあいいとして、Roundaboutでトニーにオルガン参加してもらうくらいなら、むしろパトリックモラーツにRoundaboutに参加してもらっても良かったと思うけど。個人的には結構好きでね、リレイヤーツアーやソロアルバムツアーでの、パトリックモラーツが演奏したRoundabout。リックウェイクマンとは全く異なるプレイで、強烈にパーカッシヴでエキセントリックなプレイがとても印象に残っている。あと、私が一番好きなイエスミュージック、Awakenがせっかくセットリストに入っていて本作にも収録されているんだけど、ここでもアレだ、鍵盤の音が小さい。パイプオルガン系のサウンド、もっと大きくミックスしてくれないかな。ジェフダウンズのプレイをリックウェイクマンのそれと比較するのはもはや野暮ってもんだから言わないけど、せめて雰囲気だけは再現してくれてるジェフダウンズだけに鍵盤の、特にパイプオルガン系の音は大き目にミックスして欲しかった。Awakenがライヴ収録されるたびにいつも感じる不満であるww。私が単なるパイプオルガンフェチなだけかwww。そのうちマリクレールアランのバッハオルガン全曲集をこのブログで取り上げてやるからなww。本作ライヴアルバム全体としては、2017年の海洋ドラマ再現ライヴ盤と同様に若手メンバー(といっても50代後半?)のジェイシェレンとビリーシャーウッドがバンド全体を引っ張っている感があって、グダグダになりそうなところをよく引き締めていると思う。特にジェイシェレン、尼崎公演の参戦レポでも触れたけどClose To The Edgeのドラムは見事。実際にライヴを観て感じたことがこのライヴ盤でも間違ってなかったと自分でも思える。アランホワイトはもう厳しいんだろうから、ジェイシェレンを正ドラマーに是非!!

以上、近年のイエスのライヴ盤は気持ちのイイBGMとして聴けてしまうのがイイのか悪いのかwww。手に汗握る的なものではないなwww。手に汗握りたければ、現行イエスへの文句を垂れるんじゃなく、YESSONGSやPROGENYボックスを聴きましょうwww。

|

2019年8月21日 (水)

[グルメ] がんこ お屋敷 京都 亀岡 楽々荘(@ 京都 亀岡 2019年8月20日)

まだやるか~、まさかまさかのグルメレポ5連投。食べログじゃありませんよぉ~www。

今夏はもう音楽聴く気がしない。暑いし。毎年夏になるとプログレとかHR/HMとか暑苦しくて聴いてられるかアホ、って思いながら大滝詠一とか山下達郎とか聴いてるし昨夏はAORばっかり聴いてた気がするけど、今夏は音楽自体を聴く回数が減ってしまった。オーディオ電源入れたらその熱で部屋が暑くなるやん、とか思ってな。あとアレだ、フェイスブックとかSNSが面倒臭くなったのもある。特にフェイスブック。もとからそんなにフェイスブックはリキ入れてないんだけど、自分で動きもしないのに正義感ぶって政治ネタつぶやく人とか、真実を見極めずに時事ニュースネタをいちいちリンク引っ張ってきて取り上げて嘲笑してるだけの人とか、ホント多いんだって。こないだも最悪だったのは、高速道路のあおり運転のアレで、全く無関係の女性を写真実名でガラケー女、って拡散されてたよね。だから言ってんだよ、真実を見極めずにガタガタつぶやくSNS民がどんだけウザいかって。むかし三流週刊誌、いまSNS民、ウザい。政治ネタも時事ネタも一緒。私は政治や世の中の問題に関わりたくないんじゃない。関わるなら真剣に関われよって言いたいだけ。私は関わるときはホントに真剣に関わってるから。音楽趣味だけで繋がらせてもらったはずなのが、もう私のフェイスブックの画面がそんなネタばっかりでウンザリしてしまう。なのでフェイスブックを見なくなる、あるいは見たらイヤな気分になって音楽情報を見てもグッと来なくなる、みたいな。あまりにそういうつぶやきが多い人は申し訳ないけどミュートしてるんだけど、それでもまだまだ私の画面を占拠してんだよ政治ネタと時事ネタへの箸にも棒にもかからないような前向きじゃないつぶやきがよっ! というわけで特にフェイスブックについては近々個人的にアカウントを消すか、消しはしなくても運用を整理するかするつもり。

長い雑談の前フリになってしまったが本題だ。盆休み期間の仕事最繁忙期が終わったところで職場のお仲間と恒例の呑み会。今回は地元亀岡にある「がんこ」のお屋敷コンセプト店?の楽々荘へ職場のお仲間5名で出撃。

Img_6293-640x480

「がんこ」自体は大阪発祥だったかな。東京でもどこかでは見た気がするけど私は何と「がんこ」にお邪魔するのは今回が初。生本マグロづくしの懐石料理コースを呑み放題付きで。ワガママ言って泊まり勤務明けでそのまま昼前から行きましょういう事にしてもらった。あと帰ったらコテンと寝るだけだからね。なんか京都でお偉い方の豪邸か別荘みたいなのを買い取って改築したお店らしく、豪華で雅なお庭と内装である。雨降ってたのでお庭は写真撮ってないけど内装だけでも美しく豪華。

Img_6294-640x480

Img_6275-640x480

通されたお部屋も綺麗。職場のお仲間は目隠し軍団でwww。

Img_6276-640x480

Img_6277-640x480

それでは料理。まずは先付。

Img_6279-640x480

早くも登場、生本マグロ盛り合わせ。

Img_6280-640x480

中トロを頂く。トロってたくさん食べるのは粋では無くて、ちょろっと食べて口に残る上品な脂を酒でノドへ流し込む、これがイイよねぇ。

Img_6283-640x480

大トロかなたぶん。

Img_6284-640x480

豚しゃぶ。ダシが上品で美味しい。

Img_6285-640x480

Img_6287-640x480

天ぷら盛り合わせ。

Img_6288-640x480

そして予想外に絶品だったのがその場で炊き上げた鶏の釜飯。鶏の出汁と塩味の付け方が最高の塩梅。おかわりしたくなった。

Img_6289-640x480

Img_6290-640x480

ちなみに酒はアサヒの瓶ビールを、呑んだ量が分からないくらいグイグイ呑んで、それから焼酎ハイボール。ウイスキーのハイボールも2杯、いや3杯だったかな、忘れた。

Img_6291-640x480

職場のお仲間と記念写真。私以外は目隠し軍団www。

Img_6282-640x480

寝不足に豪華絶品料理と酒呑みまくりですっかりご機嫌状態で帰った。帰宅してシャワー浴びて、寝ころんだら3分もしないうちに意識不明であったのは言うまでもない。たまにはこういうお高い懐石もイイ。しかしだ、次回はぜひ、安くて腹いっぱいになる店に行きましょうよと先輩方に念押ししておきましたwww。

そろそろ音楽ネタに戻るかwww。YES50LIVEのレビュー記事書き始めてるんだけど、今日のUPは出来ないかな・・・。

|

2019年8月18日 (日)

[グルメ] ハードロックカフェ 京都(@ 京都 祇園白川 2019年8月17日):お食事編

終わったぁ~。お盆休み進行の業務、年間最大の激務繁忙期間を乗り切った。本日日曜は公休。日曜公休は珍しいけどこの一週間は毎日が休日仕様の激務だったから今日が日曜という実感すらない。とにかく激忙期間を乗り切った安堵感でとてもリラックスしている。しかも今朝は久しぶりに熱帯夜から解放されてた感じで、朝方も寝苦しくなくしっかり寝れたし寝起きもすっきりしてたし。あとは祝日絡みの連休とかがあるときはピンポイントで忙しい日はあるにせよ、何日もそれが続くことはないから心穏やかに仕事できる日が増える。今日は午前中は例によってオカン指令による買い物を済ませ、午後は久しぶりにジミヘンドリックスを聴きながらブログ書く。なんでジミヘンドリックスを聴いてるかというと、昨日ハードロックカフェ京都で「ハープルヘイズ」という酒を呑んだからwww。

というワケで本日のブログ更新は、今回でまさかのグルメレポ4連投ww。ハードロックカフェ京都の初訪問編に続いての第二弾、お食事編としてレポする。今回は夕方から夜にかけて、ウェットンファン仲間の女性3名様と私オッサン一名の計4名で訪問。

Img_6262-640x480

前回は一人で行ったのでお茶しかしなかったけど、今回は複数人で行ってしっかり食事を楽しもうという事で。アメリカンレストランで食事の一品がワリとお高いのと、ヴォリュームがあるので、複数で行ってシェアして食べるのがイイよねってことで。つーか結果的に女子会+オッサン一名になったので、もしかしてワタシ邪魔だったかな的なwww。私は別に男友達といるのと変わらない感覚で居たんだけどねww。

Img_6240-640x480

ロックファン向けの小洒落たナプキンだ。それでまず飲み物の方だけど、そのときたまたまお店でジミヘンがかかっていたのでその連想で「ハープルヘイズ」なるアルコールをオーダー。

Img_6249-640x480

いかにもアメリカンな酒だね。甘くて多分アルコール分も強めな気がした。そして食べ物はまず何と言っても京都店限定、「味噌わさびバーガー」なんと2,180円!

Img_6241-640x480

サイズが大きめなのと4人で入ったので最初から4等分にカットしてもらっておいた。そらやっぱり2,180円だけあってハンバーグ部分は肉々しい。マクドのビッグマックの何倍の値段だ?www。しっかりした分厚いハンバーグにレタス、トマト、アボガド、それから京都ならでは千枚漬けが挟んである。マッチしているかどうかはまぁ気にしないでおこう。ポテトも沢山乗っているのでお値段だけあってヴォリューミー。4人で山分けして頂いた。挿してあるハードロックカフェの旗みたいなヤツ、女子組は記念に持って帰られた・・・。そして「ハードロックナチョス」1,980円! これまたお値段だけあって大ヴォリューム。

Img_6243-640x480

そして定番「コブサラダ」1,480円。これもかなりのヴォリューム。

Img_6244-640x480

あと、女性軍はデザートで「ホームメイドブラウニー」1,280円!

Img_6254-640x480

食べ物は以上の定番系で、4人でシェアするからすこし少ないかなくらいに想像していたけど、いやいやいや、4人でお腹一杯になった。後は写真撮ってないけどビールとかお替り自由のソフトドリンクとか飲んだ。

前回はイエスのトレヴァーラビンのギターが展示してある事に夢中になってしまったが、今回落ち着いてそれ以外のメモラビリアも観賞。個人的に気になったメモラビリアを載せておく。まずはRUSHのアレックスライフソンのギター。

Img_6259-640x480

店内にRUSHとは明記されていないけど、お店のHP見たらRUSHのギターと紹介されていた。次にフィルコリンズのステージでの使用済wwドラムスティック。

Img_6257-640x480

徳島のK社長が更に喜ぶであろうプリンスのタンバリン。

Img_6256-640x480

ボンジョヴィのリッチーサンボラのサイン入りギター。

Img_6255-640x480

ビートルズのハリウッドボウルのプラチナ?ディスク。

Img_6253-640x480

ヴァンヘイレンのダイヴァーダウンのプラチナ?ディスク。

Img_6261-640x480

他にもあったけど個人的趣味からは遠いので割愛www。

店を出て帰りに祇園界隈を徘徊。幽玄の雰囲気が何とも言えない。江戸の昔にタイムスリップしたかのよう(いやいやいや、江戸の昔を知ってんのかってww)。

Img_6266-640x480

Img_6271-640x480

それから前回気付いていなかったけどお店の反対側というか裏口はこんな感じ。

Img_6268-640x480

Img_6269-640x480

以上、祇園白川という場所柄、夜に歩くと幽玄な京都の風情が楽しめて、そこにハードロックカフェがあるの言う違和感が面白いよ。

|

2019年8月13日 (火)

[グルメ] ローマ軒 阪急三番街店(@ 大阪 梅田 2019年8月9日)

8月、私の仕事は年間で一番の繁忙期である。世間様が山の日の祝日で3連休だの夏休みだの盆休みだの9連休だのって、なに言ってんだ?って感じ。連休も夏季休暇もなぁ~んにも無く普通にシフト勤務。まして年間最大の繁忙期だから泊まりの勤務のたびに明けで帰宅する朝はほぼ放心状態である。出かける気力なんか無いしブログ書く元気も無い・・・と思っていた。公休の日は何も考えずに家でのんびりするのみって思っていたんだが、なぜかその貴重な公休日に出掛けたり買い物したりしてむしろストレスを発散しようとしている今夏である。逆に開き直ってしまったかな。9月も有休の申請をせず働いて、10月くらいに溜めこんだ有休を使ってまとまった休みを取ってやろうとぼんやり思っているところ。

予想通り今年はビートルズのアビイロード発売50周年という事で、50周年記念盤のリリースが発表された。アビイロード大好きなのでこれほどワクワクするニュースは無い。仕事がしんどくて気が重いはずの夏が、急にワクワク気分で半分くらいは盛り上がって過ごせるよ。とりあえずタワーレコードオンラインでアビイロード50周年盤を、スーパーデラックス3CD+Blu-ray、デラックス2CD、デラックス3LPBOXと、3種類のエディションで注文してしまったwww。今日はビートルズのアンソロジー2を聴きながらブログを書く。盛り上がった気分に乗じて、先週の土曜の貴重な公休の日にフラフラっと猟盤とグルメ探訪兼ねて大阪梅田へ。お仲間の上**さんがfbでレポされていた焼きスパのローマ軒、大盛りデカ盛りを謳うならこの私が黙ってるわけがない。というワケで訪問しました。焼きスパのローマ軒、阪急三番街店。

Img_6226-640x480

正午前くらいに梅田に着いてそのまま阪急三番街へ。さすがに週末だけあって行列が出来ていたけど、回転早そうだったので並んだ。

Img_6220-640x480

お店の入り口にあるデカ盛りスパゲティのオブジェが笑う。

Img_6219-640x480

すぐに順番まわってきて着席。とりあえずメニューを拝見。

Img_6223-640x480

サイズは並(400g)、大盛り(600g)、べらぼ~(850g)でお値段が少しずつ上がる。

Img_6224-640x480

今回は初訪問という事でまずは和風しょうゆ風味の「ジャポネーゼ」を、サイズは言うまでもなく(笑)「べらぼ~」でオーダー。このお店はパスタは最初から茹でたものが大量に用意してあるんだと思う。それを焼きそば作るようにパパッと炒めて味付けして出てくる感じ? 程なくして登場。

Img_6227-640x480

Img_6230-640x480

ヴォリューム感はまぁまぁだねwww。早速頂きました。

Img_6231-640x480

もっと大阪風というか、やわらかいパスタになってるのかと思ったら案外噛みごたえもあった。個人的にはラーメンにもうどんにもソバにもパスタにもコシだのアルデンテだのは求めない、やわらか麺派なのでもっとやわらかくても良かったかな。850gがなんだって?余裕で完食。

Img_6232-640x480

この「ジャポネーゼ」、味付けはまあそのままほんのりしょうゆ味というか塩味というか大阪庶民的なジャンク感www。安くてジャンクな食べ物大好きなのでこれでOK。次来るときは他のメニューを試してみよう。

このあとディスクユニオン大阪店で猟盤。ここでまた余計なものを見つけてしまった。そんなの買ってどうする?っていう、83年エイジアインエイジア大阪城ホールのチラシ。もちろん衝動的に購入。あとアビイロードで気分が盛り上がっていたのでビートルズのアビイロードの中古LP国内盤アップル帯と、キングクリムゾンのレッド中古LP国内盤帯付きを購入。

Img_6238-640x480

アビイロード中古LPアップル帯は赤盤レコードが初版なのかな? 良く知らないけどそれは少し高かった。ビートルズコレクターではないので黒盤アップル帯で2400円くらいで。クリムゾンのレッド中古LPは3600円くらい。いずれもジャケや帯の状態がとても美品だった。それにしてもいい値段するよね、このあたりの中古LPは。そのうち額装して部屋の飾りにするつもり。だったらもっと安い中古LPでも良かったかもwww。

|

2019年8月 7日 (水)

[グルメ] ハードロックカフェ 京都(@ 京都 祇園白川 2019年8月1日):初訪問編

一昨日だったか泊まり勤務の職場で、深夜の少し暇な時間に上司と雑談していた。私が音楽好きという話題から派生して、上司が洋楽は聴かないけど昔はオフコースとかチューリップばっかり聴いてたんや、と仰った。えーーー、ほな私と一緒ですやん、私もむかし洋楽を聴く前はオフコースとチューリップばかり聴いてましたで、と深夜に大盛り上がり。まさかこんな身近なところにオフコースやチューリップ談義が出来る人がいるとは思わなかった。しかも上司はオフコースについては筋金入りのファンだったらしく、鈴木康博もいた5人のオフコースの時のコンサートに何度も行ったし、更にはその前の、小田さんと鈴木さんのデュオの時代のオフコースのコンサートにも行っていたというではないか。ファンクラブに入っていてチケットを確実にゲットしていたと。ひまわり畑の映像をバックに小田さんが「言葉に出来ない」を歌いながら云々・・・と話が弾む弾むwww。更に凄いのは、結婚された奥様もオフコースのファンだったという事で、ご結婚されてご長男がお生まれになった時、ご長男のお名前は何と「和正」と命名されたとwww。小田和正の和正ね。スゲー、スゲー、スゲー、と深夜の眠気も吹っ飛んで思い切り盛り上がってしまった。

コロッと話を変えてここから本題。先月オープンしたハードロックカフェ京都、こないだ初訪問してきたので軽くレポ第一弾。前回ブログに書いた手作りハンバーグのお店「とくら 京都三条店」で肉汁ドバーーッの300gハンバーグを食べた後、三条通りを歩きで直進して河原町へ。GUでBAD COMPANYのジャケTシャツ790円をゲットした後、更に鴨川を渡って祇園方面へ歩く。猛暑の京都ゆえ、またもや汗だく。しっかりと300gのハンバーグを食べた分のカロリーを消費するのだ。そして京都らしい京都を堪能できる景観が素晴らしい祇園白川沿いのハードロックカフェに到着。

Img_6171-640x480

祇園白川の風景。多分夜も綺麗なんだと思う。

Img_6185-640x480

店は巽橋のすぐそば。

Img_6169-640x480

暖簾をくぐった内側。小さなお庭が綺麗に整備されている。

Img_6183-640x480

ガラガラってやる扉を開けて正面にハードロックカフェオリジナルのTシャツとかグッズが売ってるロックショップ。京都店限定のグッズもいっぱいあったよ。

Img_6182-640x480

玄関入って左側はカフェスペースってことでイイのかな。更にその奥はメモラビリアの一部が展示された席のよう。

Img_6181-640x480

で、正面のロックショップの右側に2階のレストランスペースへ上がる階段があって2階へ。

Img_6178-640x480

Img_6179-640x480

この日はお茶だけのつもりで入店した。さっき300gのハンバーグ食べたしねwww。いくつかの、そこら辺のコンビニでも売ってるようなソフトドリンクについては560円でお替り自由。コーラで560円は高いと思うかも知れないけど、下記写真のメニューの分であればお替り自由なので文句は出ないね。お茶だけのつもりの時にはこれは嬉しい。

Img_6172-640x480

いっぱい汗かいて喉も乾いていたので、コカコーラゼロとアイスティをがぶ飲みしてやったぜ。

Img_6173-640x480

このソフトドリンクもアメリカンというか、サイズがでけぇの。腹パンパンになるわ。氷が多いけどなwww。

この2階のレストランスペースにもミュージシャンのメモラビリアが展示されてるんだけど、ちょっと席を外して見て回ったら、オッ、「YES」という表示が目に入った。

Img_6177-640x480

なんとYESのトレヴァーラビンのギターが展示されていた。トレヴァーラビン含めYESメンバーの何人かのサインが入っている。なんか「Jon」だけで3か所くらい見えるんだけどwww。後はビルブルーフォードとリックウェイクマンが見えるね。もう一つは誰かな?

Img_6176-640x480

YESについての説明入り。

Img_6174-640x480

外観も内装も京都にこだわった京都ならではの演出が良い。多分他のハードロックカフェとは雰囲気が違う。それをシャレオツと感じるか違和感と感じるかはそれはもう人それぞれ。ハードロックカフェらしいハードロックカフェが良ければ大阪店とかに行けばいいだろうし。東京や横浜も同様。あと、今回京都店にはYESトレヴァーラビンのギターが展示されていたけど、以前10年くらい前に六本木店だったか横浜店だったかに我らがジョンウェットン大先生のベースが展示されていたはずだよね。ネットでそんな情報を見て、横浜在住時に横浜店に行ったんだけどその時は残念ながら展示されてなかった。あの先生のベースは今どこにあるんだろう。どこにも展示されてないんだったら是非京都店に持って来てほしいんだけど。そしたら祇園白川の京都店はジョンウェットンファンの聖地だとバカ騒ぎして宣伝するからさwww。

最後にハードロックカフェ京都のオープンと初訪問記念で限定Tシャツをゲットしておいた。フレディマーキュリーがのけ反ってる姿をアレした限定Tシャツ。

Img_6189-640x480

店員さんからもすかさずクイーンのファンですか?と訊かれたんだけど、いやそういうワケじゃないんだけどwww、といいつつ何となくカッコ良かったので。バックに「KYOTO」ロゴ入り。マネすんなよwww。

Img_6187-640x480

というわけで、今回は一人で入ったので560円のおかわり自由ソフトドリンクだけwww。なのでレポは今回は第一弾として、次回はお仲間と共に訪問してヴォリューミーな京都店限定の味噌わさびバーガーやその他アメリカンなフードを楽しんで、改めてレポ第二弾、食レポをやってみようと思ってます。

|

2019年8月 4日 (日)

[グルメ] とくら 京都三条店(@ 京都 烏丸御池 2019年8月1日)

今年は京都にしては珍しく7月になってもそんなに暑くない日が続き、梅雨も若干長かったけれど、梅雨が明けた途端に来ましたよ。京都ならではの猛暑が(笑)。最高気温35度超えは当たり前。昨日なんか最高気温38度という身の危険を感じる暑さ。とうとう体調崩しちゃったよ。今日は朝から、いや寝てる間の夜中からお腹が痛くて、せっかくの日曜公休だけど腹痛と外の猛暑で出かける気にならず。オカンに頼まれた買い物だけ何とか腹痛抱えながら運転手兼荷物運びして、あとはウォーキングもせずに正露丸のんで家に籠っている。ようやく部屋の窓の外側に設置した簾(すだれ)で僅かばかりの避暑を試みながら山下達郎を聴くという、夏らしい家籠りの一日を過ごしているwww。

ずーーっと気が疲れていて何にもする気がしなかったけど、気晴らしにはグルメだ、と思って先週半ばの公休の日に久しぶりに外出した。私の大好物はカレー、ラーメン、ハンバーグ、というお安くつく男なのである。但しその代わり、カレーは自分で作ったカレーしか食べる気がしない。自分が作ったカレーが一番美味しいから。ラーメンは美味しいラーメンしか食べたくない。ハンバーグはまあそれらしい味がしたら何でも良いけどww。なのでびっくりドンキーのハンバーグは大好きだ。でも今住んでる京都亀岡にはびっくりドンキーが無い。近々ウチから近いところに出来るらしいという噂は聞いたけど。そんなところで、たまたまいつも拝読させて頂いている関西のグルメブログ「Mのランチ」で京都の手作りハンバーグのお店が紹介されていた。肉汁ドバーーーッっていうのがちょっとした話題になっているらしい。しかもバカ高くなくてリーズナブル。これは何としても行かなきゃと以前からチェックしてあったので、今回初めて訪問した。京都では有名らしい「とくら」というお店の京都三条店へ。

Img_6160-640x480

真夏のクソ暑い最中、朝からいそいそと電車で出かけて地下鉄の烏丸御池で降りて約5分。まさかの歩く方向間違いで15分くらい歩いてしまったので汗だくになってしまったwww。場所は京都地下鉄東西線の烏丸御池駅から烏丸通を四条方面に向かって歩き、途中で三条通りに入って河原町向けに歩いていったらすぐに見つかる。こじんまりしたお店。

Img_6165-640x480

店内はとても清潔感があって、ホール係の女性がテキパキと応対して下さる。店の奥の方はテーブル席、手前の方はカウンター席で入口から奥へ縦に長い店内。いつも行列が出来るらしいという話だったので、ワザと早めに、道に迷ったけどお昼前の11:40くらいに到着。幸いこれくらい早めに行くと行列が出来る前ですんなり着席出来た。以下写真がランチメニュー。

Img_6156-640x480

色々食指が動きそうになるけど、初訪問なのでここはスタンダードにオリジナルハンバーグランチで。180gと300gが選べるので、ヴォリュームが大事な私はもちろん300gでwww。ちなみにディナーのメニューは単品でこんな感じ。

Img_6158-640x480

店に到着するまでにめっちゃ歩いて汗だくだったので、お水をあっと言う間に飲み干してしまったらすぐにホール係の女性の方が気付いてお水を入れてくれた。そこら辺サービス感覚はとても行き届いているように思う。手ゴネハンバーグは注文があるごとに丁寧に焼いて下さっているようで、待つこと約15分ちょっとで注文の品が到着。

Img_6159-640x480

Img_6161-640x480

どうよこのハンバーグの大きさ。サラダも写真ではヴォリューム感が伝わってないかも知れないけどお飾り程度ではなくしっかりしたヴォリュームがある。ご飯とみそ汁と漬物付き。そしていよいよ肉汁ドバーーッの儀式だwww。箸を手前から真ん中にかけて挿し込む。キタキタキターー、溢れだす肉汁。下の写真は箸を入れた直後だけど、最終的には肉汁が皿全体に広がる勢いである。箸を挿すときにもし勢いよく挿したら肉汁が飛び出してきそうな感じ。なんかハンバーグ全体が肉汁でパンパンに膨らんでいるような、そういう印象。

Img_6162-640x480

とにかくハンバーグに目が無い私である。焼肉よりもビーフステーキよりもハンバーグが好きなので、この大きな300gのハンバーグもあっと言う間に平らげましたがなwww。お味は言うまでもなくとてもジューシーで、このデミグラスソースもちょっと濃い目で個人的には好き。ソースが濃いのが好きじゃ無い人はチーズハンバーグとか和風おろしハンバーグでもいいかも知れないね。それで、サラダもご飯も味噌汁も残さず完食。

Img_6163-640x480

お腹一杯の大満足でしたーー。

ハンバーグ好きな私の事、また機会があったら間違いなく訪れるだろう。京都三条店は烏丸通という京都的にはビジネス街とも言えるので周辺のサラリーマンにも大人気なんだと思う。実際、私の入店時は時間早めだったからすんなり入れたけど、私が食べてる頃には行列が出来はじめてたし。写真見てたらまた食べたくなってきたよ。これで970円(税込1,048円)はコスパ超高いよ!!

|

2019年8月 3日 (土)

YES THE ROYAL AFFAIR TOUR ライブ音源(Jul 24, 2019 @ Phoenix, AZ USA)

3週間近くもブログ放ったらかしにしてやったぜ、ブハハハハ。なんかね、すごく気持ちが疲れていて、なんだろう、Wetton Mania 4が終わったあと何もする気にならなくて。お仲間とのジョンウェットン大先生曲のスタジオセッションと、マニア4が別立てで同時並行になってしまったもんだから、物凄く気疲れしてしまって。いろいろお仲間に準備を分担して頂いたりしたんだけど、やっぱりね、主催する者ならではの気苦労ってあるからね。いつもはそれでも終わった後の爽快感みたいなのが残るから疲れも半分吹っ飛ぶ感じなんだけど、なんか今回はいろいろ疲れてしまったよ。しばらくなんもしねぇから(苦笑)。なのでブログも更新する気にもならなかった。仕事じゃねぇんだからイイだろそんなもんな。

それで久しぶりのブログ更新は掲題の、6月半ばから約1か月半に渡って実施されたイエス、エイジア、ジョンロッジ、カールパーマーELPレガシーのジョイントツアーの終盤7/24アリゾナ州フェニックスのライヴ音源について。音源はその4バンド全て揃ってるんだけど今回はイエスの音源のみを取り上げる。ちなみにこの音源は全て、あるお仲間が日本からアリゾナまで飛行機で遠征して参戦された時に実況録音(コラーーーッ!笑)された音源をコピーして頂いたものである。今どきのオーディエンス録音だけに超高音質。同ツアーのエイジアは以前にネットで入手した初日音源を取り上げていたので今回は割愛。

Img_6202-640x480

本ツアーではリレイヤーの錯乱の扉をクライマックスに持って来ているところが一つのウリになっている。錯乱を演奏するのは2000年のマスターワークスツアーと、その後のイエスシンフォニックツアー以来だから約18年振りか。また、ブリティッシュロック祭り的なコンセプトのツアーでもあるからイエスのライヴでは、アランホワイトがイエス加入前にビートルズのジョンレノンのプラスティックオノバンドに参加していた関係でジョンレノンのイマジンをカヴァー演奏している。セットリストは以下。

No Opportunity Necessary, No Experience Needed
Tempus Fugit
Going For The One
I've Seen All Good People
Second Initial(Steve Howe Guiter Solo)
Siberian Khatru
Onward
America
The Gates Of Delirium
Imagine(John Lennon Cover)
Roundabout
Starship Trooper

積極的にツアーを続けるイエスではあるが、ツアーごとに手を変え品を変え、目先を変えるのが大変だろう。でも名曲が多いバンドだからそれでも固定ファンから飽きられることなく続けられるんだと思う。音源聴いてみた感想だけど、演奏はやはりドラムのジェイシェレン、ベースのビリーシャーウッドが引き締めていてなかなか充実している。オープニングのノーオポチュニティは、2月の#YES50ツアー来日公演ではアンコールで盛り上がったけど、オープニングに持って来ても盛り上がる。ライヴ向きな曲であることが改めて分かる。アメリカ、錯乱の扉も意外にというか、特に破綻はなく手堅い演奏。でもさすがに昔のリレイヤーツアーやソロアルバムツアーの頃の勢いと迫力は望むべくもないわな。繰り返しの言い方で申し訳ないけど特にハウ爺のギターが、ユルい・・・www。鍵盤ジェフダウンズは大健闘だと思う。音だけ聴いてるからそう感じるのかも知れないし、実際にライヴで観たらまた感動もあるのかなとは思うけど。ジョンレノンのイマジンは、かなり微妙ww。また、ツアー前半でセットリストにあったトレヴァーラビン期のリズムオブラヴはツアー半ばからセット落ちしているようだ。最後も手堅くラウンドアバウトとスターシップトゥルーパーで。

Img_6203-640x480

一応エイジアとカールパーマーELPレガシーの音源も飛ばし飛ばし聴いてみた。エイジアはますます演奏が充実してる。これマジでバンブルフット入りで来日公演やって欲しいな。またジェフダウンズやカールパーマーは、可能であるならばバンブルフット入りで新作も作ってみたい的なコメントを出してるようだ。手ごたえを感じているのだろう。勿論ビジネスとして成り立つかの判断も必要なので、実現するかどうかは今のところ何とも言えないと思うが。それからELPレガシー、アーサーブラウンがスペシャルゲストという事で、当初私もファイアだけを面白メイクで登場して歌っているのかと思っていたんだけど、この音源を聴き、合わせて実際観に行かれていた某K氏に訊くと、ヴォーカルのあるELP曲でも歌っていたとの事。音源聴く限りは何ともたどたどしい気がするけどなww。

さて、今回そのお仲間の某K氏はイエスとエイジアについてVIPパッケージにも参加されて、これでもかってくらい沢山のサインをゲットされていた。宿舎もイエスの面々と一緒だったらしく、メンバーのオフタイムにいくつかツーショット撮影にも成功されていた模様。私個人的にはそれらの写真も全部見せて貰ったけどwww、さすがにそれはブログには載せません。いろいろ「ご事情」がおありのようなのでwww。ここではVIPパッケージで山ほどゲットされたサインの数々を、某K氏の承認のもと、抜粋してまとめて載せさせて頂く。

Img_6201-640x480

多分某K氏、サイン貰い過ぎて、家に持って帰って収拾つかず整理できず、雑然と山積みしてしまってる気がするwww。これらのCD、特にグラスハマーとかビリーの最新ソロ、多分サインもらい用だけで、聴いてないんだろうwww。

まあでもイイもの見せて貰った。また音源も頂いて、ブート買う必要もないし有難かったですよ。感謝します。

後はイエス、そんなに期待はしてないんだけど、そろそろ新譜制作しないとツアーの出し物がネタ切れするんじゃないかwww。

|

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »