« [グルメ] 天神ホルモン Whityうめだ店(@ 大阪 梅田 2020年2月5日) | トップページ | PENDRAGON "LOVE OVER FEAR" レビュー① »

2020年2月12日 (水)

ライル・メイズ追悼:パット・メセニー&ライル・メイズ「ウィチタ・フォールズ」 (R.I.P. LYLE MAYS : PAT METHENY & LYLE MAYS "AS FALLS WICHITA, SO FALLS WICHITA FALLS")

今日はこないだの日曜から月曜にかけての泊まり勤務、続いて火曜の祝日から本日水曜にかけての泊まり勤務という、日曜と祝日が全部泊まり勤務でまったくもって美味しくない勤務シフトを乗り切ったばかりの明け日。昼間は寝て夜は風呂入って、この後また寝る日なのでブログ更新とかするわけない日なんだけど、緊急案件だ。緊急だからペンドラゴン新譜レビューはまたもや後回し。

パットメセニーグループで有名なジャズ、フュージョンの超大物キーボード奏者、ライルメイズが逝去したとの事。そういえば最近動静が伝わってなかったし、パットメセニーグループとしての動きもないなぁと思っていたら、病気だったんだ・・・。ロックしか聴かない人には今回の記事は興味の範囲外だろうけど、私の場合はある程度間口が広くて何でも聴けるので、ライルメイズの逝去はなかなかの衝撃なのだ。一応パットメセニーグループについては以前に一度だけ拙ブログでも取り上げていたし、その際にメセニーを聴くようになった経緯や思い出は書いたと思う。その時はファーストサークルをネタにして書いた記事だったけど、久しぶりに読み返して我ながら懐かしく面白かった。

あなたのような方はそこら辺の街のレコード屋でちょうどいい。

と言ったタワーレコード京都店の元店長のリッチーブラックモアマニアは元気かなww。別に根に持ってるわけじゃないけどwww。

いきなり話が逸れた。今日はライルメイズ追悼だ。さっきまずはパットメセニーグループのオフランプを久しぶりに聴いて、今はウィチタフォールズを聴いている。これを取り上げよう。

Img_6972

ライルメイズと言えばパットメセニーグループなんだけど、いやいや、ライルメイズ追悼なんだから、ライルメイズの記名がある、パットメセニー&ライルメイズの連名の作品を敢えてね。

1曲目の20分越えの大作タイトル曲も、長さを感じさせず、まるで脳裏に映像が浮かんでくるような素晴らしい作品だし、2曲目の目の覚めるような爽快なライルメイズのピアノが印象的な「オザーク」、ジャズピアニストのビルエヴァンスに捧げた「9月15日」も素晴らしいんだけど、私が個人的に本作で一番好きなのは何といっても「イッツ・フォー・ユー」だ。これもまた、観たわけでもないのに美しい情景が目に浮かぶような素晴らしい楽曲。メセニーのアコギのカッティングから始まってライルメイズの笛系のシンセが良質のメロディを奏でる。視覚的なサウンド、という言い方が正しいのかは分からないけど、でもそんな感じだ。

後のメセニーグループのブラジル路線に進む前の、ECM時代の作品はどれも甲乙つけがたい作品ばかりだし、そこで果たしているライルメイズのキーボードの存在感と役割は、なくてはならないものだ。ライルメイズの鍵盤サウンドを含めてメセニーグループであり、パットメセニーの音楽であることは言うまでもない。

才能の枯渇というものがあり得ないような、音楽的冒険を続けるパットメセニーの旅は、ソロ名義であれ、別プロジェクト名義であれ、ライルメイズの死で停滞することはないんだろうけど、でももうパットメセニーグループはこれで聴けなくなるんだろうなと思うと、それだけは寂しいな。パットメセニーグループとはライルメイズあってのバンドだったから。

|

« [グルメ] 天神ホルモン Whityうめだ店(@ 大阪 梅田 2020年2月5日) | トップページ | PENDRAGON "LOVE OVER FEAR" レビュー① »