2017年6月 9日 (金)

ロジャー・ウォーターズ 「イズ・ディス・ザ・ライフ・ウィ・リアリー・ウォント?」(ROGER WATERS "IS THIS THE LIFE WE REALLY WANT ?")

とうとう梅雨入り。と思ったら今日は素晴らしい快晴。公休の本日、公私ともに多忙のために朝はゆっくり寝ようと思ったがあまりの天気の良さに、寝て過ごすのが勿体ないと思ってついつい早起きしてしまった。暑くなる前に朝9時からウォーキング。ここんところのお疲れモードで最近ウォーキングは約1時間、5000~6000歩くらいで収めていたが今日は久々に2時間近くかけて約1万歩を歩いた。そもそもお疲れモードのままだったので帰ってきたら足がだるいだるい。却って疲れたんじゃないかと(苦笑)。

いよいよ待望の、ロジャーウォーターズ25年ぶりの新作が発売された。発売と同時に購入して、チラチラとしか聴けてなかったのを今日ようやくウォーキングしつつしっかりと拝聴出来た。こういう大御所の作品は、下手なことブログに書くと、ガタガタぬかすプログレオタが居ると困るので取り上げるのに躊躇したけど、まぁ例によって、仕事でやってるわけじゃない私個人の趣味かつ備忘のようなブログなので、やっぱり感じたままに書いたるで。

Img_3690_640x480

まずこのジャケのデザインが素晴らしい。黒塗り文書をジャケに持ってくるあたり、こういう批評精神と言うか悪しき権力への嫌味に満ちたアイデアはロジャーウォーターズならではと、思わず唸ってしまう。絵面だけのイメージで、ピンクフロイド時代のザ・ウォールを連想した人もいたかも知れないけど、見た人がそれを連想するのは仕方ないとして、アーティスト側としては、これはコンセプトからしてウォールとは何の関係も無いであろうと思われる。

さて、収録内容である。正直私はピンクフロイドを執拗に語りたがるほどのマニアでは無いし、また元より、過去作の何々に似ているとか、だから良い悪いとか、そういった比較論で評論家気取りで語る気も無いので、純粋に「ロジャーウォーターズ2017年作品」の感想を新鮮な気持ちで書き殴ってみる。

まず何と言っても、本作の肝になっていると思われるリーダートラック「デジャ・ヴ」である。この曲で提示されるメロディが作品全体の中で何度か登場する。プログレ系の定番手法かも知れないが、その観点はとりあえず置いておく。この曲に限らず本作はロジャーならではの、政治や世界の状況への怒りがテーマになっているとの事であるが、「デジャ・ヴ」のサウンドの音像は、厚く塗り込められたり、エコー感タップリだったり、そういう音では無い。そしてその怒りとは裏腹に、ささやくようなヴォーカル、静謐なピアノやアコースティックギターの一音一音がとても印象的。一音一音に存在感があって、むしろその存在感の際立ち方に深みと凄みを感じる。聴いてるこちら側が、深くて凄いに違いないと、そう思い込んで聴いてるからかも知れないけど、でも事前からそう思わせる時点で、それがロジャーウォーターズっていう人が持つアーティストパワーってもんだと思う。

次に、誰もがぜひ触れたがるであろう曲、「ピクチャー・ザット」である。マニアでなくても普通にピンクフロイドを聴いてきた人なら誰もが、そのもっさりしたドラムの感じや曲の進行の仕方、アレンジに70年代前半のピンクフロイドそのものだと感じることであろう。そして、あまりにフロイド的であることに、ロジャーのソロ作品としてコレは有りか?みたいな変な気持ちにもなる。さて、ここをどう捉えるかである。過去の焼き直しをしやがって・・・、と感じる人もいるかも知れない。しかし、私的には、上記の「デジャ・ヴ」の凄みが効いていて、この「ピクチャー・ザット」は決して本作の肝では無いことが感じられて、ワリと軽く受け流してしまえる。なんちゅうのかな、大騒ぎするほどの事でもないだろう、みたいな。

怒りに満ちた感情を、敢えて静かに囁くようなヴォーカルで歌い、アコースティックギター中心の音像に、時にストリングス、時に管楽器、時に70年代の狂気の頃のようなピンクフロイド的サウンドを交えながら展開される本作は、実はそれらのどの要素にも妥協していないと思う。盛大にオーケストレーションを導入している訳でもなく、盛大にフロイド的サウンドを導入しているわけでもない。なので、ピンクフロイド過去作の何々に似ているから、という指向でマーケットの需要喚起に寄り添っているわけでもない。オーケストレーションもフロイド的サウンドも、完全に「ロジャーウォーターズ」という強大なアーティストパワーの極一部として取り込んでいるに過ぎない。いや、取り込んでいるという言い方もおかしいかも。全てロジャーウォーターズの音楽性の一部にすぎないと、そういう事かも知れない。そういう意味ではピンクフロイドもロジャーウォーターズの一部、そう感じさせてくれるところに本作の、あるいはロジャーウォーターズと言うアーティストの凄みを感じるのである。

静謐なサウンドで、オーケストレーションもフロイドチックなサウンドも、贅沢に本作の極々一部として消化してしまう事で、ロジャーウォーターズと言うアーティストの巨大なパワーと凄みを、見事に露わに引き出してくれたナイジェル・ゴッドリッチのプロデュースワークも褒められてしかるべきであろう。

これは歴史に残る大傑作が誕生したかも知れないぞ。

|

2015年10月11日 (日)

【Short Review 1】デヴィッド・ギルモア「飛翔」BSCD+BD BOX(DAVID GILMOUR "RATTLE THAT LOCK" Deluxe BD Version)

音楽が最大の趣味である私の事(あとプロレスも昭和の時代から大ファンだし、歴史関係の読書も好きだけど)、購入するCDの量も結構多いがそのワリにはこのブログで取り上げる数は少ない。最近でも、引越しのドサクサがあったにせよ例えばエイジアの2012サンフランシスコライヴの映像とかイエスの72年ライヴ14CDボックスとか、大好物なのにブログに書いていないものも多数。私の性格上、凝り始めたらシッカリやりたいってのがあってブログ記事も書くなら気合入れて書きたいって思うもんだからついつい週一回の更新が限度になってしまう。その結果、そう言えばアレ取り上げてなかったなぁとかコレもあったなぁとかが増えてくる。その分はミクシィやツイッターやフェイスブックで呟いているけど、気合入れて記事にはしないが呟き程度でも収まらない感想がある場合もある。そこで今回からショートレビューシリーズを開始します。呟きプラスアルファ程度の簡単なレビュー、感想を肩肘張らずチャチャっと書き残しておく程度の。チャチャっと済ませるので面倒臭いマニアの人からしたら見当ハズレなことを書いてる場合もあるかも知れないけど、面倒なオタ相手に仕事でやってるワケじゃないので放っておいて下さい(笑)。その時の気分や感性で印象を書いてしまうので後で聴き直すと印象がガラッと変わる場合すらあると思います。更に言うなら仕事じゃないのでこのショートレビュー企画も仕事やプライベートが忙しくなったらご無沙汰する場合もあることを最初に宣言しておきましょう。

それではショートレビュー企画の第一回目はデヴィッドギルモアのソロ最新作「飛翔(原題:RATTLE THAT LOCK)」。国内盤初回限定のブルーレイやオマケが付いたボックス仕様で購入。

Img_2016

ソニーミュージックさんギルモアになると気合入りまくりでピンクフロイドの最終作「永遠(TOWA)(原題:THE ENDLESS RIVER)」と同仕様のボックスで出してくれるから収納に困る半端な大きさ。ちなみに浜田省吾の新作初回限定盤も、なんでそのサイズなの?って感じのボックス仕様だった。

Img_2020

オマケ満載のボックス内容、ハードカバーのブックレット2冊に折込ポスター、ポストカード?にギターピックと、これでもかのオマケ攻撃。最近おまけにピックつけるの流行ってるよな。

Img_2018

肝心の収録内容の方は、個人的にはギルモアのソロ前作オンアンアイランドが強力な睡眠剤だったのでアレに比べればまだ聴けるかなと。ギルモアファンの方ゴメンナサイ。前作はマイ睡眠剤プログレベスト3でした・・・(苦笑)。開始5分で眠気に襲われ、最後まで聴いた記憶が一度も無いと言う有様。ベスト3のあとの二つ、ひとつはスティーヴハケットのベイオブキングス。コレも開始5分で眠気に襲われ、昼寝をするのにピッタリのCDであった。もうひとつは昔レーザーディスク全盛の時に出たビートクラブ映像のソフトマシーンのヤツ。途中でドラムのロバートワイアットだったか、アァ~ってサイケに叫び始めると必ず寝落ちしていた。

あれあれ? ショートレビューと言いながらが話が逸れたが、それで本作、タイトル曲は最初に聴いたときはリズムやギターの感じからロキシーミュージックかと思った。フィルマンザネラがプロデュースに関わってるからその印象の刷り込みでそう思ったのかも知れない。歌が始まるときなんかそのまんまブライアンフェリーの、へなぁ~~っとした声が出てくるかもしれないと恐怖に震えた。あとジャズっぽい曲も2曲ほどあって、あぁ、ギルモアそういうのもやっておきたかったんだなぁと。少なくとも前作が苦手だった私でも十分聴ける作品であったと思う。前作を絶賛しておられたフェイスブック友達は今作をどう思われただろうか・・・。あと、欧州英国ツアーが大盛況に終わり2016年にはアメリカツアーもやるとの事。フロイドの円形スクリーンを使っているのもどうかとは思うがそれならせっかくなんで最後にもう一回、円形スクリーンと一緒に日本に来て欲しい。

以上、ショートレビューシリーズとしてはこんなふうに軽ぅ~い感じの記事をUPしていけたらと思います。

|

2015年9月30日 (水)

「ロジャー・ウォーターズ ザ・ウォール」コンサート映画 9月29日 限定公開(ROGER WATERS THE WALL IN CINEMAS WORLDWIDE TUEDAY 29 SEPTEMBER @ イオンシネマ京都桂川)

1988年3月、大阪のとある私立大学の2回生だった私は生まれて初めてロックコンサートというものを体験した。それまでプロ野球とかプロレスは観戦に行ったことはあったけどロックコンサートは一度も行ったことが無かった。何度も言ってきたが83年にエイジアのアルファから洋楽に入っていった私は当時の全米TOP40クラスの産業ロックをラジオで沢山聴いてエアチェックしてカセットテープに録音し、レンタルレコード屋でレコードを借りたり友達と貸し借りしたりした。そのうちプログレに興味を持ち、大学生になってプログレに深入りし始め、88年3月といえばCDレコードショップでバイトを始めた頃である。

会場は大阪城ホール。ステージには見た事も無いような巨大な円形スクリーンが配置されクリアな映像がバンドの音と見事にシンクロしていた。コンピュータ制御された照明装置が一糸乱れぬ生き物のように細かく動いてステージを華やかに彩る。大阪城ホールの館内後方から意味も無く飛行機の模型がステージに向かってきて小さく爆発した。アブドーラザブッチャーの曲の演奏中には巨大なブタの風船が登場して意味も無く宙を移動していた。コンサート終盤にはディスコのチークタイムみたいに意味も無くミラーボールがキラキラ輝いて回転していた。

これが私のロックコンサートの初めての体験であった。言うまでもない、当時フロイドサーカスと揶揄されたピンクフロイドの16年ぶりの来日公演である。それはロジャーウォーターズの居ない、デヴィッドギルモアが主導するピンクフロイドだった。コンフォタブリーナムはメロディの綺麗な浮遊感のあるバラードやなぁと思った。ランライクヘルは踊りながらピョンピョン飛び跳ねながらめっちゃ盛り上がった。次の日、CDレコードショップのバイトの出勤で店長から「どやった?」って訊かれて、「でっかいスクリーンに映像が映し出されて、照明が凄かったですわ。小っちゃい飛行機の模型が爆発して、ブッチャーの曲の時にはでっかいブタが出てきましてん。ワハハハハ!」って答えた。これが感想の全てであった。ちなみにアブドーラザブッチャーの曲とはOne Of These Days(邦題:吹けよ風、呼べよ嵐)である。古くからのプロレスファンなら分かるよね。

あれから約27年、ロジャーウォーターズによるピンクフロイドの大傑作、ザ・ウォールのライヴを生のライヴではなくコンサート映画という形ではあるが体験できるという事で喜んで映画館に向かった。

Img_1788_640x480

2015年9月29日の20時、この日限定で世界同時上映という事で日本では東京・板橋、横浜・港北、大阪・茨木、京都・桂川、この4ヵ所のイオンシネマで京都人の私としては超ラッキー。この作品はきっとそのうちDVDとかブルーレイとかそういう映像ソフトとして発売されるだろうけども、このウォールショーは来日公演が無いし、それならせめて設備の整った映画館の大きいスクリーンで、最新鋭の音響機材で視聴したいと思った。しかしコレ、宣伝が行き届いてないのが良くない。私でさえ偶然フェイスブック友達の呟きを見て初めて知ったくらいだから。2週間くらい前にチケット予約した時点でも席は山ほど余っている感じだったし。そして当日、桂川のイオンシネマに行ってみたら他の映画に比べて特に宣伝にリキ入ってないし、そもそもホントに上映あるの?ってくらい看板もフライヤーも何もない。上映時間直前になってやっと掲示板の一番下に地味に表示された。

Img_1785_640x480_2

20時の10分くらい前に受付を済ませる。チラシ的なものを頂く。この映画の記念になるブツとしてはこれくらいかな。

Img_1790_640x480

館内に入場。案の定ガラガラ。東京、横浜、大阪はどうだったんだろうか。
そして20時、イオンシネマのスタッフの人が前説を始める。なんか噛み噛みで失笑をこらえるのに苦労した。そして上映開始。コンサートそのものは全て収録されていて、部分部分ロジャーが戦争で亡くなった祖父と父親のメモリアルを訪問するロードムービー的な演出となっている。映画として意識された作りで、そういう前提でコンサートを観るから説得力もある。コンサート映像はそれはもう映画館で見るから迫力満点。音響設備も素晴らしい。実際のステージの巨大な壁や円形スクリーンに映し出される映像、バンドメンバーの演奏も最高。この作品の元々のコンセプトから少し新たな意味合いを加えて反戦のメッセージ性の強い演奏と映像の展開で、それを何とか理解しながら視聴すると非常に胸に響く。80年のピンクフロイドのウォールツアーにおけるアールズコートでの演奏映像に合わせて現在のロジャーが歌うところなんかジーンとくる。ウォールはサウンドだけをCDとかで聴いていると正直退屈だったりする。アナザーブリックインザウォールパート2を聴いたらとりあえずヘイユーに飛ばすか、とかコンフォタブリーナムはまだかとか思いながら聴いてしまいがちだが、こうして音と映像を駆使しつつとにかくメッセージ性が強いからぐいぐい引き込まれる。それが頂点に達したのはまさにコンフォタブリーナムであった。壁の上でギターソロを決めるのはデイヴキルミンスター。ジョンウェットンのバンドでギターを弾いてくれていた彼は今やロジャーウォーターズの大ツアーで準主役級の活躍である。そういう意味でも嬉しい。ここの場面はデヴィッドギルモアの特別参加した日の映像を使ってくれると嬉しいかなとか事前には思っていたが、この強いメッセージ性をストレートに感じるためにはキルミンスターで良かったんだと思う。これでギルモアの登場となったらウォーターズとギルモアの共演ということに興味が移ってしまって大事な意味が薄れてしまうかも知れないから。約2時間20分の上映が終わった時には言葉も無いくらい深い満足感であった。

27年前の88年3月、デヴィッドギルモア主導のピンクフロイド来日公演では、円形スクリーンの映像、爆発する飛行機の模型、巨大なブタの風船、コンフォタブリーナム、ランライクヘル、これらの演出演奏は意味の無いサーカスで見事なエンターテイメントだった。

そして今回のウォールコンサート、飛行機の模型が飛んできて爆発することもブタの風船が登場することも意味が込められていることを実感した。反戦の痛烈なメッセージが発せられて演奏されるコンフォタブリーナムではマジで涙を流し深く胸と打つ。ランライクヘルでは反戦の怒りを込めた勇気が湧き上がって震えるほど感動した。

今更これこそが本当のピンクフロイドなどと講釈を垂れるつもりはない。演奏演出を魅せて聴かせるギルモアフロイドもアレはアレでいいと思う。ロジャーウォーターズが表現する音楽は、かつてのフロイド時代のレパートリーを含めてロジャーウォーターズの思想性とメッセージを表現するための音楽であり別の道を歩んでいることが正解であるとさえ思えてしまう。これでいいのである。2006年からの狂気ツアー、2010年からのウォールツアーで巨大な興行的成功を収めているんだからロジャーもこのタイミングでソロアルバムを出せばギルモアフロイドやギルモアのソロ以上の成功を収めるのが目に見えているのに、それをしないのもまたロジャーらしくて良いではないか。

でも最近、新作のアイデアが浮かんできたとの事で早ければ2016年にはロジャーウォーターズの新作のニュースが聞けるかもしれない。楽しみにしていよう。

|

2011年12月 3日 (土)

PINK FLOYD 「炎」コレクターズボックス "WISH YOU WERE HERE Immersion Box Set"

とにかく金策に苦労する今日この頃。最近こういうデカいボックスセットが多いから。どうしようかと思っていたピンクフロイドの炎コレクターズボックス、アマゾンで所謂アマゾン価格になったところを見計らって国内盤で購入。約4千円近くディスカウント。昨日仕事から帰宅したところでちょうど宅配便で到着。

Img_1196_2

まだ狂気コレクターズボックスもしっかり聴けてないのにどうするんだって。そして中身はまたまた狂気コレクターズボックスと同じ構成。CD2枚、DVD2枚、ブルーレイ1枚、豪華写真集にブックレット、コンサートチケットやバックステージパスのレプリカ、ヒプノシス(ストームソーガソン)のアートのカード、そしてビー玉に巾着袋(笑)。いらんけどなぁ。

Img_1197

一応コレクターの性として、本盤リマスターを後回しにしてCD2枚目のボーナストラックから聴く。74年英国ウェンブリーでの 'Shine On You Crazy Diamond' のライブやけど、やっぱライブは良いねぇ。作品にナマの息吹を感じる。更に続くライブ音源 'Raving And Drooling' 'You've Got To Be Crazy' は74年時点での未発表曲(それを言ったらクレージーダイアモンドもそうか)、アニマルズ作品の原曲だっけ。これまたライブはカッコいい。そしてある意味注目だった未完のプロジェクト "Household Objects" からの 'Wine Glasses' は・・・・・、おいおい何よ、クレージーダイアモンドのシンセ部分かよみたいな。ちょっとガッカリ。

それにしてもコレ、国内盤ではボックスをビニール袋に入れているんだが、ボックスの出し入れがイラつく。粘着部分がボックスに貼り付くんだって。困るなコレ。

それから、こういうの買うたびに考えるのは収納。マジでレコード棚買わなきゃ。次のウォール箱は・・・今度こそパスするぞ。

|

2011年10月 2日 (日)

PINK FLOYD 「狂気」(The Dark Side Of The Moon) コレクターズ・ボックス "THE DARK SIDE OF THE MOON Immersion edition"

嬉しくもあり恐怖でもあるピンクフロイドの2011年最新リマスタリングシリーズ、とてもじゃないけど全部揃える気合は無いので、これだけはということで狂気6枚組コレクターズボックスを国内盤で購入。定価16000円のところアマゾン価格で割引購入。12000円台で。さすがにロックの歴史に残る作品なのでコレクターズボックスは気合入りまくり。その気合は私にはついていけないけど。とりあえずユル~くアイテム紹介。もう何が何やらわからないので詳しくはオフィシャルをどうぞ。

http://www.emimusic.jp/intl/pinkfloyd/

●『狂気』(The Dark Sid eOf The Moon) コレクターズ・ボックス

Img_1153

Img_1154

輸入盤国内仕様ってやつ。原盤そのものと外付け日本語解説を宣伝シールつきビニール袋に封入。ボックスのふたを開けると・・・

Img_1155

なんかいろんなもんが入ってる。

Img_1157

コースターとビー玉、それと多分ビー玉を入れる用?の巾着袋。

Img_1158

スカーフ。使わなねぇ~。

Img_1159_2

クレジットのみで薄めの一冊ブックレット。こだわっとる。

Img_1160

黒い封筒にチケット半券とバックステージパスのレプリカ。

Img_1161

黒い封筒にストームソーガソンのデザインによるカード。

Img_1162

黒い封筒にコレ、良くわかんねぇ。

Img_1163

豪華ブックレット。見ごたえある。

Img_1164

ライブやオフショットの写真集。これも見ごたえある。

Img_1165

これも良くわかんねぇ。

Img_1166Img_1167

やっと最後にディスク。ディスク5と6はペラペラの紙ジャケ風にディスク直入れ。さすが輸入盤(笑)。

以上、で、肝心の音はどうなんだって? まだほとんど聴けてない。ちらっと聴いた本編は素晴らしい音質だったと思う。目の前で演奏し歌っているかのよう。あとウェンブリーのライブも少し聴いてみた。ブートで出ていてアレも音質最高だったが、そこはやはりこちらはオフィシャル。BBC音源ブートをはるかに超えるリアルな音質。これだけでも個人的には価値あり。その他のボーナス音源や映像はまたこれからゆっくり拝聴します。

|

2009年1月 1日 (木)

PINK FLOYD 未完成「狂気」ツアー(72/4/28 Chicago)

新年明けましておめでとうございます。拙いブログではありますが、細々とマイペースでこれからも更新して参ります。気長にお付き合い下さいませ。

新年第一弾はやはり先生関係からと思ったけど、コレといってネタが無かったので、最近入手したピンクフロイドの通称「未完成狂気ツアー」音源から。

● 1972年4月28日 Chicago, IL, USA

72年北米ツアーからシカゴ公演。おそらく当日のセット全てではないと思われるが「狂気」部分の高音質音源。過去にブートで出ていたかどうかは筆者は知らないが、出ていたとしても今回の音源はかなりのアップグレード音源のようだ。ロウジェネマスターとの事。繰り返しだが音源の内容は「狂気」のみの約47分(↓)。

①Speak To Me ②Breathe ③On The Run ④Time ⑤The Great Gig In The Sky ⑥Money ⑦Us And Them ⑧Any Colour You Like ⑨Brain Damage ⑩Eclipse

この音源に対しかなりのアクセスがあったことからフロイドマニアも一目置く音源なんだろう。数日後には本音源のリマスターなるものも出回った模様。以前紹介した東京音源と同等もしくはそれを超える音質かと思う。

フロイドに関してはそんなに詳しくないのですが、ちょこちょこ集めて紹介できればって感じです。本年もよろしくお願い致します。

|

2008年2月17日 (日)

PINK FLOYD 未完成「狂気」ツアー東京公演

このブログを始めた当初はオリジナルエイジア再編を語ろうと思って、エイジア関連のブログのつもりだったが、どんどん幅は広がり、とうとうピンクフロイドまで登場します(笑)。ちなみにフロイドに関してはそんなにマニアックなコレクターではないのであまり期待しないでください。

フロイドの72年、2度目の来日公演音源を入手。既にブートでも出回っていたと記憶しているが、大変興味深い音源です。

● 1972年3月6日 東京 東京体育館

72年は、あの歴史に残る名作 "THE DARK SIDE OF THE MOON"(邦題:「狂気」)が発表される前年。フロイドはライブで曲を演奏しながら完成させていってレコーディングするというパターンが多いそうだが、この狂気も72年のツアーで演奏されていたもの。「未完成狂気」ツアーと言われているらしい。その72年「未完成狂気」ツアーの来日公演。何でも国内のFM局でゲリラ的に放送されたといういわくつきエアチェック音源。そのそも来日公演をバンド側が録音したという話は無く、関係者がこっそり録音したものをFM局が流したという素晴らしい勇気に拍手。音質が大変良いのでSBと思われることもあるようだが上記のようなことからAUD音源と思われる。

曲は「未完成」期だけあって、骨格は完成しているようだが随所にアレンジやメロディの違いが見られて大変楽しめる。73年の完成版には無いジャジーな展開部分ではニックメイスンとは思えないようなスリリングなドラミングを聴くことができる。メイスンってなんかモッサリしたドラミングの印象があるからね。

残念なことにこの録音は 'Us And Them' の途中で終わる。マスターテープ自体がここまでなのか、放送時にここまでで終わりにしたのかは分からない。エアチェック音源なので最後にDJのコメントが入っているのだが、そのコメントが、「これは何処の国のなんというグループなんでしょうかねぇ・・・」みたいな意味深なコメントで締めているところが、ゲリラ感を思わせる。

こうなると、この「未完成狂気」ツアー音源をさらに聴きたくなってくる。完奏版でね。ちょっと探して収集しようと思います。

|