2017年3月11日 (土)

【Short Review 27】URIAH HEEP(w. JOHN WETTON) "RETURN TO WETTON"

仕事が明日の日曜から4勤1休4勤と、9日間で1日しか休みが無いという、たまたまタイトなシフトになっている。他の社員の方々との兼ね合い上で偶然そうなっていて、その代わり他で公休の連休が入っていたりするので別に不満とかは無いんだけども。今日の土曜日は「せやねん」とか「吉本新喜劇」とか「土曜はダメよ2時間SP」とか、観たいTVが一杯あったのでTVばかり見て過ごそうと思ったんだけども、明日からの勤務シフトを考えるとしばらくブログを更新する気力も失せると思うので、何とか今日あたり一本でもUPしておこうとPCに向かっている。土ダメSPは録画しておいて後でゆっくり楽しもうと。

ジョンウェットン大先生のファンである以上、ずーーっと前からその存在は知っていたけれども、持っていないCDは今でもいっぱいある。私はコンプリーターでは無いので。今回取り上げる掲題のCDもそんなCDの一つ。ユーライアヒープの76年のライヴをオーディエンス録音で収録したブートCD。

Img_3329_640x480

先生がベーシストとしてユーライアヒープに参加していた時期のもの。前からそういうブートCDがあるのは知っていたけど、普段ユーライアヒープをあまり聴かないもんだから、全然スルーしていたブートCDだった。欲しいなと思ったのは2年近く前だったか、確か新宿DUESでデイヴシンクレア&ジミーヘイスティングスのインストアイベントに行ったときの終了後に、いつものマイミク某Mちゃんと近くのカフェでアイスコーヒー1杯で延々数時間しゃべくり倒した時だったと思う。その時にたまたま話の流れで、先生のベースプレイを聴くなら「ユーライアヒープのリターントゥウェットンっていうライヴ盤のブートが面白い。ウェットンのベースが馬鹿デカく収録されているから。」みたいな事を言われて、あぁそうなんだ、と思ったのがキッカケだった。随分前のブートだからもう普通にブートショップには売っていない。中古で探すしかないんだけど、これがなかなか見つからず、オークションで見かけてもプレミア価格になっていたりで手を出せずにいた。昨年に先生が参加していたヒープの別のブートを買ったんだけども、その時はこれまたいつものユーライアヒープ宣伝部長マイミク某Kさんからも、「先生参加のヒープのライヴを聴くならコレ! 先生の暴虐ベースが聴けるから。」って薦められていた。ようやく最近中古で適正価格?で入手できたのだ。

ジャケ写の、先生がリペアしたと思われる白のフェンダープレシジョンベースを弾く姿がカッコいい。実際に収録されている音は、MちゃんやKさんの話で聴く前から大体想像はついていた。かつてはツェッペリンやクラプトンの70年代のオーディエンス録音のブートを片っ端からコレクションして聴きまくっていたので、70年代オーディエンス録音を聴く私のブート耳は鍛えられているから。そして聴いてみたら想像通りの音。ブートとして音質が良い悪いではない。そう、私の期待していた感覚で言うと、キングクリムゾンのアースバウンドのようなものを期待していたんだけども、ほぼ期待通りの音。クリムゾンのアースバウンドは、クリムゾンの音楽性を破壊せんばかりの劣悪音質と尊師ロバートフリップ以外の3人のメンバーがブルーズィーにヤケクソのような演奏を繰り広げていて、その痛快さが大好きなんだけれど、本作ブートCDもそれに似た痛快さがあって楽しめる。もちろんアースバウンド期のクリムゾンとは違って、本作の時期のユーライアヒープはメンバー仲が悪いとかでは無くて、キチンとライヴ演奏していただろうし、本作の音質はたまたま録音環境や録音位置の関係でこのようなベースが馬鹿デカい音質になってしまってるだけなんだろう。それにしても、ブンブン、ブリブリ、バリバリと爆音で鳴り響く先生のベースの迫力は堪らない。ヘタすりゃもう先生のベースにしか耳がいかないくらいの痛快さ。ベースを耳コピしたい人には分かりやす過ぎるくらい最適であろう。

純粋なヒープファンの人にとってはどうかは分からないけれども、ベーシスト・ジョンウェットン先生のファンとしては最高に楽しめるブートCDである。

|

2016年9月 4日 (日)

Wetton Mania at Rock Bar STARLESS (Sep 3, 2016 @ OSAKA)

2016年9月3日(土)、昨夏に横浜から京都へ帰郷して以来の目標だったジョンウェットンのファンイベント、無事に開催することが出来ました。今回は記憶している限りのイベントのレポを備忘録代わりに記しておきます。

Img_2647_640x480

まずはじめに、Wetton Maniaというイベント名、これはもう私が大のプロレスファンでもあることを知っている方なら分かって頂けるかもしれないけど、世界最大のプロレス団体WWEの年間最大のビッグイベント、Wrestle Mania(レッスルマニア)にWettonを引っ掛けて、Wetton Maniaと命名しただけという、それ以外に特に深い意味は無い。なので、マニア、って付けたからマニアックな人しか参加出来ないみたいなことは全く無く、とにかくジョンウェットンが好きな人が集まれる場になればそれで良いという、そういう事である。

イベント内容については従前からの周知の通り、参加者の皆様お一人お一人が好きなウェットン関連曲を持ち寄って、CDを店頭演奏しながら曲への思い入れやウンチクを語り、それを聴いた他の皆様も話題を共有して楽しむという、ある程度同じファンであればこれは受け入れ可能であろうと考えた。その基本思想(←大ゲサに言うな)は、企画準備に労力がかかり過ぎない、参加者の皆様それぞれがイベントの主役となってウェットンを聴き、語れるというもの。これなら幹事や企画運営側に過度の負担が掛かって、今後のイベント継続が困難になるようなことを避けることが出来るし、また、特定の人だけが主張して満足して後の人は頷いてるだけとか、企画主催者の自己満足になってしまうことを避けることが出来る。

まあそんな感じで、いよいよ始まった当日、以下はさすがに私目線になるけどいつものような個人的なレポ風に。

まずは午後15:30から心斎橋のカフェ、mgにてフリートークのお茶会。参加者の皆様は大方は私と面識のある方々だったが、2名様が私とも面識のない方であり、また、私と面識のある方も、それぞれの参加者とは初対面の場合もあるので、各自自己紹介から。自然と関西周辺の方々の集まりになるだろうと思っていたのが、実際には埼玉、徳島、香川からの参加者もいらっしゃり、遠方や、海を越えてのご参加とあってこれには私自身が恐縮してしまった。しかし同じウェットンファンと言うことで話題はいくらでも共有できる。この場で私から一点の注意事項として、お互いのウェットンへの思い入れやウンチク自慢に対して、変なネガティヴな足の引っ張り方や、そんな事言わなくても知ってるよ的な、そういう気分を悪くするような反応だけはお互いにしないように気を付けましょうとお声掛けさせて頂いた。面倒臭いプログレファンにたまにいるから、そういう人。私がSNSでプログレコミュに入らないようになった理由でもある。食事をしつつあっという間に時間は過ぎ、17:30にカフェを出ていよいよロックバースターレスへ。

ほぼ定刻18:00にスターレスへ入店。お馴染みの、温厚そうな人柄の滲み出るマスター様と、そして貸し切りで忙しくなるからと、お手伝いの笑顔の美しい女性の方が迎えて下さった。飲み放題3000円のシステムをマスター様からご説明頂いた後、シャンパンで乾杯してイベントスタート。以下はセットリストというか、各参加者様がセレクトして店頭演奏された楽曲一覧である。ちょっと順番がどうだったか記憶が混濁しているので順不同と言うことでご勘弁を。

(オープニングは埼玉のSさん自ら、83年エイジアインエイジア衛星中継におけるカーリーヘアのお兄さんの「ロックノヨウイ、イイデスカ!・・・」のあのセリフをSさんが完コピでMC!からの・・・)

埼玉のSさん
 The Heat Goes On (from ASIA "ALPHA")
 Only Time Will Tell (from ASIA "ASIA")

Shige***さん
 Heat Of The Moment (Acoustic Version from JOHN WETTON "CHASING THE DRAGON")
 Doctor Diamond (from KING CRIMSON 73~74年の公式ライヴ盤)

ico***さん
 Caught In The Crossfire (from JOHN WETTON "CAUGHT IN THE CROSSFIRE")
 The Night Watch (from KING CRIMSON "THE NIGHTWATCH" 73年アムステルダムの公式ライヴ盤)

ご~***さん
 After The War (from ASIA "ASTRA")
 Space And Time (from JOHN WETTON "VOICE MALE")

ナゴヤ***さん
 Baby Come Back (from JOHN WETTON "CAUGHT IN THE CROSSFIRE")
 In The Dead Of Night (from JOHN WETTONの94年来日公演のブートCD!)

emm***さん
 Open Your Eyes (from ASIA "ALPHA")
 I lay Down (from JOHN WETTON "ROCK OF FAITH")

Mine***さん
 Heat Of The Moment (from ASIA "ASIA")
 Valkyrie (from ASIA "GRAVITAS")

ひとみ***さん
 Sole Survivor (from ASIA "ASIA")
 Nothing To Lose (from U.K. "NIGHT AFTER NIGHT")

josho
 Daylight (from ASIA "ALPHA")
 After All (from JOHN WETTON "NOMANSLAND")

以上、確かこんな感じだったと思うけど、もし私の記憶違いがあったら参加者の皆様ご指摘を。それでこれらの楽曲の選曲が云々ではなくて、それぞれに例えばウェットンを聴くキッカケになったとか、その曲に個人的な失恋の思い出があるとか、曲の成り立ちの豆知識やら、思い入れやウンチクをたっぷりの述べて頂き、あ~そうだったのかぁ、とか、う~ん分かる分かる、みたいな気付きアリ共感アリの、みんなで共有して盛り上がれる良いイベントになったのではないかと思う。

Img_2642_640x480

Img_2641_640x480

このあと時間が余ったので、参加者の方がyoutubeにUPしている自分が演奏したウェットン曲の音源とか映像を見せ合ったり、私が首都圏に居た頃に仲良くして頂いていたユーライアヒープ宣伝部長で伊藤セーソク先生にもその名を知られている神奈川厚木のマイミク某Kさんから事前に宅配便で提供頂いた貴重な品々を希望者にプレゼントしたり、争奪戦ジャンケン大会で盛り上がったりとアレコレとはしゃいでいるうちに、あっという間に3時間が経った。下記写真はKさんからの提供物の一部。2009年ICON来日公演のセットリストのコピー、エイジアフェニックスの国内盤アナザージャケット、今は無きジョンウェットンファンクラブの会報バックナンバー、そして怪しげなユーライアヒープの2016年1月来日公演のライヴ音源CDR(笑)。

Img_2645_640x480

ホントにあっという間だったと思う。私は企画運営進行役だったので、終わった時には若干ホッとしたけど、終了後に皆様からの「とても楽しかった」「参加して良かった」「時間が短すぎると感じるくらい楽しかった」等々のコメントを頂き、こちらこそ皆様に盛り上げて頂いて感謝の思いで一杯である。それからイベントの盛り上げに神奈川厚木から一役買ってくださったマイミク某Kさん、そして何よりも3時間お店貸し切りで参加者のアルコールのオーダーに次々と応えつつ見守って下さったマスター様とお手伝いの女性の方にも大感謝である。

取り敢えず今は一仕事終えた安堵感で一杯で、しばらくは何も考えないと思うけど、私の頭のほてりが落ち着いたら、またWetton Mania 2、Wetton Mania 3・・・って感じでウェットン大先生の病の快復と復活を祈念しつつ開催していくことも考えてみたいと思います。

|

2016年9月 1日 (木)

【Wetton Mania】開催のお知らせ(詳細追記あり)

Wettonmaniav3_2

このたび、大阪・心斎橋のRock Bar Starlessにて、ジョンウェットンを聴き、ジョンウェットンを語りまくるイベント、

【Wetton Mania】

を以下要領で開催させて頂きます。

日時 :
9月 3日(土) 18:00~21:00

場所 :
Rock Bar STARLESS(大阪・心斎橋)

内容 :
参加者の皆様お一人お一人がセレクトしたジョンウェットン関連曲を1~2曲、店内で流して頂き、自らがDJと化してウェットン曲への思い入れやウンチクを語って頂きます。

①参加者の皆様におかれましては、店内でCDを流して頂くために、セレクトしたウェットン曲のCDを持参頂きますようお願いいたします。
②曲のCD演奏と喋りを含めてお一人様15分程度の時間で収まるようにお願い致します。従いまして長尺曲をセレクトされた場合はお一人様1曲となるかも知れません。

定員 :
Rock Bar Starless様のキャパに合わせて10名までとさせていただきます。
今現在、7名様の参加が確定しておりますので、残り3名様となります。
参加ご希望の方は私、もしくはRock Bar STARLESSマスター様へご連絡をお願いいたします。早いもん順とさせていただきます。

会費 :
飲み放題(酒類限定)3000円
それ以外のオーダーについてはこの個々でお支払いをお願いいたします。
フードにつきましては出前可能との事です。また、フードの持ち込みもOKとの事です。

※ なお、当日は15:30くらいから【pre Wetton Mania】として、大阪ミナミ周辺でフリートークのお茶会を行います。昼間っからウェットン祭を楽しみたい方はふるってご参加くださいませ。参加ご希望の方には別途、集合場所等を当日までにお知らせいたします。

以上、何卒よろしくお願いいたします。

2016年8月24日:追記
本件につきまして、参加ご希望人数が定員に達しました。
これを持ちまして、参加ご希望の公募は締切とさせて頂きます。

2016年9月1日:詳細追記

①上記8/24時点で公募を締切りましたが、ご参加予定の方のご事情により、1名欠員なっております。従いまして1名様の追加が可能となっております。ご参加希望がございましたら私かRock bar STARLESSマスター様へご連絡をお願いいたします。なお、早いもん順となりますので、ご参加ご希望表明時点で定員に達していた場合は、失礼ながらお断りさせて頂く場合もございます。

②【pre Wetton Mania】お茶会について(15:30~17:30)
下記のお店を予約致しました。
パンケーキ専門店mg
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270201/27073171/
席のみ予約しておりますので、フードやドリンクは個別に注文願います。
お茶会からご参加の方はこのお店へご参集願います。

③気象条件等について
本日(9/1)現在、9/3~9/4辺りに西日本へ台風の接近が予想されております。
万が一の場合は安全の為にご欠席という場合もあるかと思いますので、その場合は気軽にご連絡を下さい。

|

2016年3月 6日 (日)

【Short Review 17】URIAH HEEP(w. JOHN WETTON) "BOSTON 1976 (LIVE AT ORPHEUM THEATRE, BOSTON, MA, USA 6TH MAY 1976)"

以前にジョンウェットンファンの集いのセッションに参加させて頂いた際に、自分がエントリーした2曲のうち、どうしても大好きでリードボーカルとベースで演奏してみたかったエイジアのデイライトはスゲー緊張して、ほうほうのていで演奏を終えた。その反面、どうしても演奏したいわけでは無く気楽な気分で参加させて頂いたエイジアのアフターザウォーのベース演奏は実に気分良く演奏をすることが出来て、今でもその気持ち良さの感覚が脳裏に残ってたりする。

私の性格的なものなのか、誰にでも言えることなのかは分からないが、自分が思い入れを持って取り組むことほど真剣にやるものだがその反面、慎重になり過ぎて結果が成功は成功だがビックリするようなことにはならない。逆に思い入れがそれほどないものについては気楽に取り組めて、結果的には伸び伸びと気分良く実施出来てしまったりってことがある。

私の大・大・大師匠ジョンウェットン大先生におかれても、もしかしたら似たような傾向があるのかなと思ったのが掲題のブートレッグCDに収録されたユーライアヒープ在籍時代のライヴ演奏である。

Img_2119_640x480

ユーライアヒープはあまり聴かないしヒープの話がしたいわけでは無いので特にヒープの曲や演奏がどうのこうの述べるつもりはない。なのでいつものマイミク様の方々(笑)からの厳しいツッコミはご勘弁頂きたいのだが、いつものマイミク様から言わせれば「良さに気付いてないだけ」と言われるかも知れないが・・・。

ジョンウェットン大先生曰く「金のため」というこのユーライアヒープ加入時代(ロキシーミュージック加入時代も似た様なモノだろうが)、ところがこのブートで聴けるライヴでの先生のベース演奏は実に気持ちよさそうに感じる。クリムゾン時代と同様にブリブリ、バリバリとまるで下痢をもよおしそうなベースの存在感が強烈であるが、クリムゾンやU.K.とは違って緊張感が無い。「金のため」時代だから緊張する必要もないのか本当に伸び伸びとデカい音で弾きまくってる感じが聴いてて痛快でもある。技術的に、音楽的にどうこうってのは別にして、ベーシストとして楽しんでる感じがして、私自身もベーシストの真似事をしてみた身分としてもその楽しそうな気持ち良さが伝わってくるのである。こんなふうに弾いてみたいなって思うくらい。そうそうそれがユーライアヒープのロックのカッコ良さなのよ、とかいつものマイミク様から言われそうだが・・・。

そういう先生のベース演奏の観点で聴く分には非常に楽しめるブートCDである。音質も70年代のオーディエンス録音としては驚異的に素晴らしい。

ちなみに最後に一言だけ、知らないから言うんだけどユーライアヒープって「ろけんろー」なバンドなの? 英国のプログレがかったハードロックとか、大仰な評論を目にしたことがあるんだけどこのライヴ盤を聴くと単純に「ろけんろー」な感じが凄くするんですけど・・・(笑)。

|

2015年10月18日 (日)

【Short Review 3】 LUCIFER'S FRIENDS Ⅱ "SUMOGRIP"

私の首都圏時代の友人にユーライアヒープ宣伝部長として拙ブログでも何度かイニシャルを出している某マイミクKさんという方がいる。Taaさんと並ぶヒープマニアでとにかく頭の中はヒープのことで一杯、例えばエイジアのコンサートの時でもHENSLEY/WETTONのTシャツを着て来て、飲み会になればあらゆる話のキッカケに食い付いてはヒープ話へ話題を誘導し、ミクシィのタイムラインはヒープやケンヘンズレーの話題で埋め尽くされることもしばしば。

私はプログレオタに対してもそうだけど強烈なマニアの存在は別に構わないのだけど、やたらと自己主張が強すぎるオタは苦手で、ましてや自分が趣味じゃないからと他の人が好きなミュージシャンをネットやSNSで匿名使って悪く言う、みたいなバカなオタとは原則関わりたくないと思っている。たまに目にする、私の好きなスティーヴンウイルソンをバカにするような文章をネットやSNSで書いてるネット評論家もどきを目にしたときにはいい加減にしてくれよと怒りを抑えるのが大変だったりする。最近私が一切のSNSのプログレ系コミュと関わらない理由はこのあたりが理由でもある。古いプログレに囚われて、それは別に個人の趣味だからいいんだけれども、それで新しい世代のミュージシャンを小バカにしたりするのは、自らがジャンルの拡がりを阻害し、閉塞させてしまっていることに気付いていないのがとても残念。ましてやそんなマニアさんにおもねるような商売の仕方をレーベルや販売店がしていたならばジャンルは衰退する一方。まさに新日本プロレスの木谷オーナーが言う如く、

「全てのジャンルはマニアが潰す。」

そのものであると思う。

ところがこの某マイミクKさんは良識豊かで、必死でユーライアヒープを宣伝するんだけれども嫌味が無くてとても愛すべき存在で、地理的に住む場所が離れた今でも大切な友人だと思っている次第である。

そんな某マイミクKさんやTaaさんが今日の朝から大騒ぎ。理由は言うまでもない。ユーライアヒープとルシファーズフレンドのカップリングでクラブチッタに来日公演が決定したことである。私自身は失礼ながらそれほどヒープをフォローはしていない。たまたまウェットンファン仲間の方々にヒープファンが多いので一応ヒープの話題も否応なく目にしてしまう環境にあるという・・・。だから当初行くつもり無かったのに結局行ってしまったケンヘンズレー来日公演、ちゃっかりサインまで貰ってしまってソッコーでブログのネタにするという調子の良さは我ながら呆れてしまう(笑)。

朝からあまりにも歓喜するTaaさんや某マイミクKさんの呟きを見ていて、あまりの喜びようになぜかこちらまで気分が明るくなってしまうという不思議な感覚・・・、そこで本日の超ショートレビューは突然ルシファーズフレンドを取り上げる。

Img_2027

ジャケを見ただけでドン引きするような、なんで相撲の写真そのままなのって。花田家のお兄ちゃんの肖像権とか大丈夫なの?みたいなジャケがかなり損してると思う。元ユーライアヒープのヴォーカリスト、ジョンロートンのバンドの作品である。なんで私がこれを所有しているのか、ここで登場するのはやはり某マイミクKさんである。今年の6月、私が京都に帰郷することが決まった時に何人かの音楽仲間で送別会を開いて頂いたんだが、その際に餞別に、と某マイミクKさんからダーターで頂いたのがこのCDなのである。私がメロハーが好きなのを見逃さず、ヒープ関連では最もメロハー的であるとの宣伝でプレゼントされた。引っ越しの準備で忙しかったけどせっかく頂いたので聴いてみた。なるほどしっかりしたメロディのハードロック、所謂メロディアスハードとして通用する楽曲群であったと思う。私が聴いてきた同系統のロックの中ではフェアウォーニングに似ていたかな。そんな印象だった(もっと詳しいことはそれこそTaaさんや某マイミクKさんに聴いて下さい、笑)。

ヒープファンにしてみたら、ヒープとルシファーズフレンドがカップリング来日っていうのは、盆と正月が一緒に来るようなもの。例えばイエスのファンから言えば現行イエスとアンダーソンポンティバンドがカップリングで来日するような、そんな気分なんだと思う。多分私もあのまま首都圏に住んでいたらクラブチッタに行っただろう。半分は音楽仲間に会うのが楽しみで(笑)。一応大阪公演もあるようだけど、何しろ今は求職中の身分、しっかり仕事が決まって、先のスケジュールが読めるようになったら参戦するかもしれない。もしそうはならなかったとしても、この善良なるヒープファンのお友達の歓喜の呟きに、きっと幸せな気分を分けてもらえると思う。

仲間が喜ぶ姿を見て自分も喜べる、そんなのがあっても良いんじゃないかな。

|