2019年5月24日 (金)

[グルメ] 焼きそば専門 水ト 大阪駅前第2ビル店(@ 大阪 梅田 2019年5月23日)

トッドラングレンの大阪公演を観に行くついでに、例によってグルメ探訪を兼ねてずっと前から目を付けていた麻婆焼きそばを食べに行った。お店は「焼きそば専門 水ト」(ミウラと読む)というところで、あのサバ出汁スープのラーメン屋さんサバ6製麺所の焼きそば事業への新展開だそう。ラーメンも焼きそばも好きなのと、中でも特に最近ハマってる麻婆焼きそばが名物メニューとして有るようなので、これは是非にという事で勇んで出撃。

Img_5964-640x480

この日は予定では午前中に家を出て昼前くらいに梅田で麻婆焼きそば、更に夕方にこれまた行きたかったあるお店にグルメ探訪する予定だったんだけど、午前に家の食材買い出しでスーパーに買い物に行ったりしていたらすっかり時間を喰ってしまって出立が遅くなってしまった。田舎のJRは昼前後は30分に1本とかそういう感じでしか電車が走ってないもんだから益々遅くなって、結局梅田着が14時過ぎ。ランチ営業は15時までのようなので超早歩きで駅前第2ビルへ移動。いかにも大阪のビジネスマン御用達な駅前第2ビルらしい、カウンターのみのお店。向かいは同じグループのサバ6製麺所があった。

Img_5972-640x480

Img_5971-640x480

もう14時30分を過ぎてたのでお客さんは少なく食券買って余裕で着席。ちなみに他のメニューはこんな感じ。焼きそば専門店なので、焼きそば中心。

Img_5962-640x480

Img_5963-640x480

早速お店名物の麻婆焼きそば定食(卵かけごはん)セットを注文。辛さがマイルドとパンチが選べるので辛党の私はパンチで。一番上の写真が到着した実物。麻婆焼きそばと卵かけごはんと中華スープ。早速食してみた。

Img_5965-640x480

麺は中太って感じ。おっ、美味いぞ、と思ったのもつかの間、辛さが口を覆う。熱々なのも加わって辛さで口が痛い。あとアレだ、味が濃いぞ。エラい濃い感じがするぞ。口直しに中華スープを飲んでみるとこれまたエラいしょっぱい。どうした事かと思うくらい塩辛い。もうその後は汗を拭きつつ水を飲みつつ無心で口に運ぶ。この水がレモンの入ったサッパリした水なんだけど、そのレモンの成分が入った水ですら口内で浸みて痛くなるくらいで、もう辛いのか塩分多すぎでしょっぱいのかワケが分からなくなってきた。ん~ん、思ってた味と違うなぁって。なんかジャンクな感じ。ネット上では大人気で評判良かったようなんだけど、ちょっと私の味覚とは合わなかったのかな。やっとの思いで大盛りの麺を食べきって、ここで卵かけごはんをそのまま余った麻婆豆腐部分に投入。

Img_5968-640x480

混ぜ混ぜして卵かけ麻婆丼的な感じにして・・・、

Img_5969-640x480

なんだかんだ言いつつ完食。

改めての感想は・・・、やはり想像してた味とはちょっと違った。気に入ってる人には申し訳ないんだけど個人的には合わなかった。多分アレだ、私の場合、以前に京都の四川料理のお店「洛楽」で本格的な四川麻婆豆腐の焼きそばを食べてしまっていたから、そりゃ本格四川の味と比べたら同じってわけにはいかないわな。「洛楽」の麻婆焼きそばは、それこそ痺れる辛さで汗だくになりつつも、旨みというか上品な味わいがあった。そこはやはり本格四川料理の店だけにね。この味が頭にあったから、そことのギャップでアレッてなってしまったのかも知れない。最初に今回の「水ト」の麻婆焼きそばを食べていたらまた印象は変わったかも知れないね。あるいは辛さをパンチではなくマイルドで注文していたらまた違ったのかも知れない。ま、いずれにしても今度「水ト」に来るときは普通のソース焼きそば大盛りか塩焼きそば大盛りだな。麻婆焼きそば食べたくなったら京都の「洛楽」行こうと思う。

|

2019年4月24日 (水)

[グルメ] 季節料理 しょうぶ (@ 京都 亀岡 2019年4月23日)

泊まり連勤続きのGW進行の業務はさすがに疲れる。朝起きるとき異様に体が重いし目が開かないし。昨日今日と連続公休で明日からまた泊まり連勤続きとなる。今日は天気予報が悪かったので天気の良かった昨日のうちにウォーキングをしておこうと1万歩以上歩いた。そしたら今朝は朝から腰痛で部屋の掃除をするのも辛い状態。やっぱりダメだ。8000歩くらいで抑えておかないと。今日の夜はまた所用で出かけないといけないので家で静養に努める。

それで、昨日は夕方から職場のお仲間と恒例の飲み会。今回はお世話になった先輩が退職されるという事で送別会兼ねて、ちょっとお高めの和食というか懐石料理のお店で。ウチから最寄り駅(といっても歩いて25分ww)の馬堀駅近くにある「季節料理 しょうぶ」というお店。

Img_5872-640x480

私は初めて行くお店だけど、上司が以前に何度か行かれていておススメとの事で。順番にババァーーッと写真載せます。

Img_5873-640x480

生ビールで乾杯しつつ、先付っていうの? イイ感じ。

Img_5875-640x480

吸い物。ぜんまい、生麩、あとタケノコを練り込んだ練り物みたいなヤツwww。ヤツってなによww。

Img_5876-640x480

お刺身。マグロ中トロ、ハマチ、タイ、イカかな。

Img_5878-640x480

天ぷら。山菜とホタルイカだったと思う。

Img_5879-640x480

たらこを練り込んだこんにゃくの酢味噌和え。

Img_5880-640x480

焼き物はキンメの焼魚。

Img_5881-640x480

旬のタケノコの煮物。

Img_5885-640x480

赤貝?の酢の物。

Img_5886-640x480

締めはサバ鮨。

最後にフルーツ盛り合わせがあったけど写真撮るの忘れた。

非常に高級感と気品があって、これでコース5000円は安いのかな。同じものが東京の銀座や京都の祇園で出たら倍くらいするんじゃないの? 田舎の料理屋でしかも平日にもかかわらずお店は満席の大賑わい。こんなに人気のある名店が近くにある事を知っていい勉強になった。もうちょっと自分の財政状態が上向いたらオカンを連れてきたいものだ。最後にお仲間の写真を貼っておきますよ。今回も私以外は念の為に怪しげな目隠ししておきますwww。

Img_5884_2

上司や同僚と、高級懐石に似合わないバカ話に花が咲いて大変楽しかった。かなり酔っていたので帰宅して風呂入ったら直ぐに寝てしまったよ。

|

2019年3月 4日 (月)

[グルメ] やまと (@ 東京 新宿 2019年2月28日)

ドリームシアターの新譜レビューはまだかって?まだですww。もう5回くらいは聴いたんだけど、いまブログ本文で絶賛する言葉探し中。もう少し言葉探しが出来てから全曲レビューするのでお楽しみに。

それで、まさかのグルメレポ3連発。新宿の続き。アカシアでロールキャベツシチューを食べた後は久しぶりに新宿界隈のディスクユニオンを片っ端から巡回。DUプログレ館で中古CD1枚ジャディスのアクロスザウォーターと、あとブックユニオンで、それを買ってどうする?っていう、U.K.のチケット半券を購入www。ジャディスのアクロスザウォーターはもう10年以上前から中古で巡り合う機会があったら購入しようと思っていて、今回ようやくDUプログレ館で国内盤帯付きに出会ったので購入できた。既に4回くらい聴いてるので、という事は気に入ってるという事。そのうちブログに取り上げるかも知れない。一旦カプセルホテルにチェックインだけしておいて、今度は東京時代のお仲間と呑み会だ。さっきロールキャベツシチューを食べたばかりじゃないかというなかれ。新宿巡回は案外歩くのですよ。この日のトータルのウォーキングの歩数は余裕で1万歩を超えてたしね。なのでしっかり小腹がすいた状態で夜の21時30分頃、今回は私のベースの師匠でウェットンファン仲間のアラ**さんと、よし**さんがお付き合い下さるとの事で、アラ**さん行きつけの生ビールが180円という激安居酒屋「やまと」にシケこむ。軽く「やまと」のグルメレポを。

Img_5741_640x480

とにかく生ビールが180円という激安価格。大阪だと生ビール280円とか、更に探せば180円っていうお店もあると思うけど東京ではなかなか無いんじゃないかと。アラ**さんの行きつけのお店で、私が京都に帰郷する直前頃にも、私の送別会的な感じでアラ**さんに連れて行ってもらって、よし**さんとも一緒に呑んだ記憶がある。アレ以来の「やまと」である。

いやぁ呑んだ呑んだ。このお店のビジネスモデルとしては、生ビール180円、更には酎ハイに至っては130円(ただし月曜から木曜、金土日はもう少し高いみたい)という激安で、その代わりお通し380円が無条件についてきて、更に一人一品は注文しないといけないという事らしい。フードはヴォリュームからするとちょっとお高めな気がする。そこら辺はビールと酎ハイの激安とバランスを取って儲けを出しているのだろう。なので腹ペコの状態で行くと、フードをたくさん注文して案外金額は要ってしまうと思う。フード控えめでビールと酎ハイを飲みまくるのが賢明だ。というワケで記憶の限りで言うと多分生ビールは5杯か6杯飲んだと思う。食したフードは写真撮った限りでは以下。

このお店名物トロたく巻き(マグロとたくあん)と卵焼き。

Img_5742_640x480

細巻き(ネギトロと納豆)とたこ焼き?(ちょっと記憶にないwww)とよし**さんの大好きなうずらたまご。食べ散らかし状態で写真撮るなよ的なwww。

Img_5745_640x480

ナポリタン風焼きそば。スパゲッティじゃない。これもお店の名物だそうで2回も注文してしまった。

Img_5746_640x480

何か他にも注文したかもしれないけど、寝不足状態で生ビール飲みまくったのでよく憶えていない。結局呑みまくってひとりあたり3000円くらいしたかな。大阪の安い居酒屋でよく言う千ベロってわけにはいかない。そこはさすが東京。上手く考えてるんだな。でもこのお店は24時間営業との事でとても使い勝手のいいお店だと思う。また新宿に行く機会があれば寄ってみたいね。平日にもかかわらず珍しく上京したというだけで私に付き合って下さったアラ**さんとよし**さんありがとうございました。翌朝には新幹線で京都に帰ったんだけど案の定すんごい二日酔いでしたww。

|

[グルメ] アカシア 新宿本店(@ 東京 新宿 2019年2月28日)

こないだ2月末日、泊まり勤務明けでちょっと所用で東京に行った。明けで帰宅して身支度して直ぐに出立。新幹線はもちろんぷらっとこだまを事前に予約してあって、今回も往復で6千円の節約。宿舎はこれまた当然のごとくカプセルホテルである。新幹線のぞみなら京都から東京まで2時間ちょっとで行けるところ、ぷらっとこだまなので3時間半。泊まり勤務明けだからこの新幹線こだまで寝ることにする。でも結局1時間くらいしか寝れなかったかな。東京着いたら目的地に直行して用件を済ませる。予約したカプセルホテルのある新宿に移動して17時30分ごろ到着。今回は新宿に泊まるので久しぶりに食べに行こうと決めていたお店があって、それが本稿のグルメレポとなるロールキャベツシチューで有名な洋食の名店「アカシア」。

Img_5739_640x480

なんと創業55年にもなるアカシアのお店の外観。

Img_5740_640x480

私が初めてこのお店に行ったのは確か1990年の夏頃。就職して東京配属となって上京。それで東京の新入社員仲間にロールキャベツシチューの美味しい店があるよという事で連れて行ってもらったのが最初だった。それから25年間の東京での仕事時代に何度も通ったほど大好きなお店であった。京都に帰るにあたっては、あぁもうアカシアのロールキャベツシチューが食べれなくなるなぁってのはなかなかの寂しさであった。創業55年、私が初めて食した1990年時点でも創業30年近くだったし、でもその間あのロールキャベツシチューの味は不変の美味しさだったように思う。2年半前、京都に帰郷する直前頃にもこれで最後だからとアカシアでロールキャベツシチューを食べて以来だから、前回からは約2年振りにロールキャベツシチュー(2個入り)とご飯のセット850円を注文。確か上京して初めて食べた時はこのロールキャベツシチューとご飯のセットで690円くらいだった記憶があるから、さすがにあれから更に30年近く経っていると値上げもするわな。でもやっぱり味は不変の美味しさ。ご飯とロールキャベツシチュー、あっという間に食べてしまったよ。大阪にも探せば美味しい洋食の名店はあるに違いないけど、このアカシアのロールキャベツシチューは他には真似できないお味に違いない。でないと55年も人気洋食店として君臨し続けることは出来ないもんね。

|

[グルメ] 伊三郎製パン 亀岡店(@ 京都 亀岡 2019年2月24日)

地元の振興兼ねて再び我が街亀岡のグルメレポだ。今回はウチから歩いて10分足らずのところにある「伊三郎製パン」というパン屋さん。何と言っても驚きはほぼ全ての焼き立て調理パンが1個100円という爆安で買えるところ。

Img_5727_640x480

なので安いもんだから買いに行ったらついつい5個も6個も買ってしまう。この日は6個選んで買った。それでも600円とかそんなもんだから。10個くらい買ったこともあるよ。

お店の外観。

Img_5726_640x480

国道9号線沿いにあって、いつも大人気。客足が途絶えない。食べてみた感想は決して安かろう悪かろうではない。普通に美味しい。他の店なら当たり前のように1個200円とか300円以上するだろうと思われる焼き立て調理パンが1個100円だぜ。それが店内に次々焼き立てで陳列される。種類も豊富。いつもどの種類を買うか悩む。高級食パンがちょっとしたブームになっているようだけど、田舎の庶民には激安パンはこの上なく嬉しい。京都を中心に、あと九州の方にも進出してる。

言うだけ言ってアレだけど、最近サンドイッチ類は100円→130円に値上げした模様www。それでも安いけどね。

|

2019年2月 7日 (木)

[グルメ] 赤から 京都亀岡店(@ 京都 亀岡 2019年2月6日)

久々グルメネタ。グルメは気負わずブログ書けるし楽www。いつもの職場のお仲間で、名古屋発祥の居酒屋チェーン店の「赤から」が普通に焼肉とか美味しいよ、って話題になり、新年会兼ねて行くことに。それぞれの泊まり勤務明けとか公休日を擦り合わせてようやく出撃できた。

Img_5553_640x480

名古屋発祥って言うと東京で仕事してた頃に「世界の山ちゃん」には何度か行ったことがあったけど「赤から」は今回初めて。辛い鍋の店なんだけど焼肉も美味しく食べれるってことで、3680円の食べ放題のコースでお仲間4人で出撃。飲み放題も付けようかと思ったけど、なんと偶然にも今週末まであらゆるドリンク類が190円という爆安キャンペーン期間だったので、じゃぁ飲み物は単品で頼んだらエエやん、ってことで敢えて飲み放題は付けず。食べ放題はまず最初に鶏のせせりと鶏皮と豚肉の3点盛りと赤から鍋を食べる。その後で肉類が食べ放題となって、もう食った食った。特に牛タンねぎ塩がとても美味しくて次々追加注文。他にもいろいろ食べました。

まず各種の肉3点盛りを焼きながら生ビール190円!で乾杯スタート。

Img_5539_640x480

Img_5540_640x480

赤から鍋。辛さは5段階か6段階くらいあった気がするけど、我々オジサンだし翌日泊まり勤務の方も居られたので下から2段階目の軽めの辛さで注文。一口目はむしろ甘味を感じるコクがありつつ後から辛さが込み上げてくる。したから2番目の辛さでこれだから、もっと辛いやつはどんなんだろうと興味深い。4人であっという間に平らげて、スープは締めの雑炊用に残しておく。

Img_5541_640x480

牛タンねぎ塩。これは適度な柔らかさ、適度な歯ごたえがあってとても食べやすくて美味かった。

Img_5543_640x480

牛タンねぎ塩を追加注文しつつ牛ハラミを投入。これも最初から下味ついているのでタレに付けなくても美味しい。

Img_5544_640x480

牛ロースと牛モツ。モツってあまり食べる機会無くて、なんかミノのコリコリしたイメージしかなかったんだけど、この牛モツは油の塊のようなアレで、柔らかくてとろける食感で甘みもあって美味しいんだね。モツってこういう感じなんだ。見直したよ。太りそうだけどwww。

Img_5545_640x480

モツの油分がファイヤーしまくるww。

Img_5547_640x480_2

玉ねぎと鶏のせせりでクールダウンwww。

Img_5548_640x480

締めは残しておいた赤から鍋のスープにご飯と生卵を投入して雑炊。雑炊ってどういう鍋の後でも美味しいよねぇ。この赤から鍋を雑炊にするとなぜか辛さが際立ってますます美味かった。

Img_5549_640x480

そういえばお店の入り口付近には昭和なオモチャがいろいろ売ってた。

Img_5550_640x480

帰り際、上司、先輩、後輩を写真に収めて解散。目隠ししておきましたよwww。

Img_5555_2

いやいや、単なるチェーン店と言ってしまえばそれまでだけど大変気に入りました。同じ名古屋発祥の「世界の山ちゃん」よりこちらの「赤から」の方が個人的には好みかも。泊まり勤務明けの寝不足状態で爆安190円で生ビールとハイボール呑みまくって辛い鍋と焼肉食べまくって、帰宅したらもうフラフラ。風呂入ってすぐに寝てしまったよ。今朝起きて、カロリー消費の為にしっかりウォーキングしたけどね。また行きたいお店でした。

|

2018年12月20日 (木)

[グルメ] 四川料理 洛楽 近鉄京都駅店(@ 京都 京都駅近鉄名店街みやこみち 2018年12月15日)

年末になって何が原因なのか、不整脈に加えて頭痛に軽い目まいと体調不安が困る。仕事や遊びに集中してる時は気にならないんだけど。なので引き続き仕事以外の時間は可能な限り家に籠って休息に務める。とはいえ全然身体を動かさないのもそれはそれで血行が悪くなると嫌なのでしんどくならない程度にウォーキングに出てみたり。そうは言ってもいろいろ所用があって完全には休めない。それなら少しでも楽しまないと、という事で先週末に所用で出かけたついでに、食べたかった麻婆焼きそばの美味しい店に行った。

Img_5425_640x480

いつも拝見させてもらってる関西の超有名グルメブロガーさんの「Mのランチ」でも紹介されていた中華の名店「洛楽」の近鉄京都駅店にて。

Img_5433_640x480

まずはジャスミンティーが急須ごとサービス。これは有難い。

Img_5424_640x480

目的は麻婆焼きそばのみだったので脇目もふらず麻婆焼きそばセットをオーダー(一番上の写真)。写真ではヴォリューム感が伝わってない気がするけど実際なかなかのヴォリューム。焼きそばの麺はもっちしりた太麺。

Img_5426_640x480

デカい唐揚げ2個と卵の中華スープ、そしてライスはおかわり自由!

Img_5429_640x480

麻婆はスパイスが効いてて上品かつ痺れる辛さ。焼きそばを食べつつ麻婆豆腐を残しつつ、ご飯にのせて麻婆丼としても楽しむ。ライスは勿論おかわりしてやったぜ。

Img_5428_640x480

Img_5430_640x480

ライスおかわりして綺麗に完食。お腹一杯の大満足。これもまた来たい名店のお味でした。

|

2018年12月10日 (月)

[グルメ] 極楽うどんTKU ルクア大阪店(@ 大阪 梅田 ルクア大阪10F 2018年12月9日)

大阪と言えばソバよりうどん、うどん文化が浸透していて私も東京時代はソバばっかり食べていたけど京都帰ってきたら途端にうどんばっかり食べている。ヒガシマルのうどんスープで食べるうどんは最高に美味しいし、「おんち」の鍋焼きうどんは更に輪をかけて美味しい。

キングクリムゾン大阪初日のライヴに行く前に、恒例のグルメ探訪という事で今回は大阪うどんの名店「極楽うどんTKU」でお店の名物カレーうどんを食すことに決めていた。まずはそのグルメレポいきます。

Img_5378_640x480

休日のこの日もさっさと早起きして朝9時半には家を出る。午前11時ごろ梅田に到着。早速ルクア10Fのお店に到着。

Img_5384_640x480

Img_5385_640x480

まだ11時過ぎだけどさすが日曜日だけあって既にお客さんが多い。とりあえずすぐに着席出来た。メニューは以下写真で。

Img_5372_640x480

Img_5374_640x480

Img_5376_640x480

Img_5377_640x480

今回はお店の名物カレーうどん、それも大阪ならではの「鶏天」付きの「鶏天カレーうどん」をオーダー。いつものクセで深く考えずに大盛りでオーダーしたら、やってきたのは一番上の写真壮観。いやいやコレ、上げ底か?とも思ったがそんなことはない巨大な器。もう一度メニューを見直したら、大盛りは単純に麺が倍である事が分かって鶏天いや仰天(ハ?)。17時までは小ライスも付いている。麺は気合満点のもっちり太い麺。

Img_5380_640x480

鶏天がまたデケーのなんの。そのデカい鶏天が3つも載っている。

Img_5381_640x480

熱々のカレーうどんをフーフーしながらの大格闘。この日はすっかり冬の寒さだったけど、私だけ別世界にいるような、大汗状態。鼻水も止まらない。それから小ライスもあるのでカレー出汁をかけて食べる。

Img_5382_640x480

壮絶な戦いの末、ほぼ完食。しかし完汁は断念。

Img_5383_640x480

このあとまずはケツを押さえながらトイレに行きましたが何かwww。更にいうならこの後キングクリムゾンのライヴを観て家に帰ったのが23時過ぎ。その間の12時間、お腹が空かなかったというねwww。でも本当に美味しかったのでまた今度行きたい。今度は鶏卵カレーうどんいってみるかな。普通サイズでね(笑)。

|

2018年11月22日 (木)

[グルメ] ますたに 京都拉麺小路店(@ 京都 京都駅ビル 2018年11月6日)

う~ん、引き続き心臓に違和感・・・。不整脈って言われて益々気にしているからかも知れないけど、ちょっと動いて動悸が激しく感じるだけでオイオイ大丈夫か?ってなってしまう。仕事や遊びに集中していると気にならないんだけどね。という事で先週から仕事以外の時間は出来るだけ自宅で静養に努めている。本日の公休は外の天気も悪いので健康のための無理のない程度のウォーキングも無し。それでも秋の紅葉を観に行くからと出かけるオカンを最寄りの駅まで送って、それからスーパーで買い出し、家の掃除、台所の食器洗い片付け、と主夫状態www。書きそびれていたグルメレポをもう一本いっておこう。

スティーヴンウィルソン来日公演初日の翌日、東京から京都に戻って昼過ぎ、お腹空いたので前から行こうと思っていた京都ラーメン発祥の店?と言われる「ますたに」の京都拉麺小路店へ。

Img_5304_640x480

何をもって京都ラーメンというのかは解釈は人それぞれなんだけど、京都ではこの手の背脂チャッチャ系の鶏がら醤油味がそれに該当するようだ。この手の背脂チャッチャ系の醤油ラーメンは京都では「魁力屋」とか「来来亭」といったチェーン店が有名だけど、京都の北白川発祥の「ますたに」がその元祖と言われているらしい。ちなみにこの京都拉麺小路は全国の有名ラーメン店が出店していて、この日は平日しかも14時頃で昼のピークを過ぎていたからかそんなに行列とかは無かった。

Img_5308_640x480

でも「ますたに」だけは少し行列が。さすが京都。

Img_5306_640x480

食券でとりあえずシンプルに中華そば(大)をオーダー。

Img_5305_640x480

見た目はご覧の通り。背脂ばっちり。

Img_5309_640x480

箸上げしてみるww。こうした方が写真が美味しそうでしょww。右手で箸上げして左手でスマホ構える50過ぎのオッサンの姿は想像しないで下さいwww。

Img_5310_640x480

お味は勿論、安定の鶏がら醤油味。美味しい。でもアレかな、私個人の好みで言えば「魁力屋」や「来来亭」に比べてちょっと味がしつこいかな。いやいやこれが元祖だと言われればそれまでだけど。多分「魁力屋」や「来来亭」といったチェーン店は家族連れも意識したメニュー展開や味の親しみやすさがあるのかも知れない。「来来亭」の見た目の割にはすっきり味が個人的には好みです。なのでこの背脂チャッチャ系の京都ラーメンを食べたくなったら次は「来来亭」に行くかも・・・。

|

2018年11月14日 (水)

[グルメ] 薩摩おごじょ(@ 東京 六本木 2018年11月5日)

半年くらい前から気になっていた胸の動悸が不規則な件、先月10月に実施された会社の秋の健康診断の結果を見たら案の定、心電図でA~E判定のうち最低のE判定ww。ああいう健康診断って結果が大ゲサやんってスルーすることも多かったんだけど、今回ばかりは自覚症状があって、それで結果が案の定だったもんだから、さすがにちょっと心配になって今日病院に行ってきた。結果は健診結果からの予想通り「心室期外収縮」。なんじゃそれ?って感じだけど不整脈という事で疲労、ストレス、睡眠不足からくるんじゃないかと。それならこれまた自覚がある。24時間勤務の不規則シフト、帰宅してしっかり寝ずに所用で動く、当然睡眠不足が常態化しているのでやっぱりなという感じ。当面命に別状ないので薬の処方も無しでちゃんと休養を取ってもらって様子を見ましょうと。様子見るって言ったってそう簡単に仕事休めないし、そうすると仕事以外の時間をアレコレ動き回るの控えるしかない。そこの工夫は考えるとしてとりあえず命に別状なくてよかった。飲んでもダメ、遊びに出掛けるのもダメとかになったら、直前に迫ってきたキングクリムゾンの来日公演はどうすんだって話だし、来年2019年2月のイエスとTOTOもチケット確保済みだし困るところだったけど、なんとかそれは大丈夫そう。

インパクト絶大だったスティーヴンウィルソンの来日公演、拙ブログのレポ記事も沢山の方に読んで頂いたみたいでありがたい。しかも読んで頂いた方々は必ずしもプログレファンばかりではないことはツイッターなんかでリツイートや「いいね」して頂いた方々からも明らかで、いかにスティーヴンウィルソンのライヴを幅広いロックファンの方が楽しんでいたかという事がはっきり分かってますます今後が楽しみになってきた。プログレオタクの音楽では無いという事についてもう一言、言いたいところだけど、もうイイだろう。

さて、今日はちょっとユルめて久々グルメレポ。スティーヴンウィルソン来日公演の終演後にお仲間と呑みに行った六本木の居酒屋というか小料理屋で「薩摩おごじょ」というお店。

Img_5297_640x480

今回関西から一緒に参戦した綱**さんが事前に調べておいてくれて、六本木で仕事していたお友達から紹介してもらったという「薩摩おごじょ」。終演後だから22時ごろだったか、これから店に行くと綱**さんが電話入れたらどうやら女将さん既にホロ酔い状態らしいww。綱**さんとem**さんと私で早速店に到着して入店。六本木のちょっと路地に入ったところにある、イメージとしては路地裏の名店って感じ。吉田類の酒場放浪記なんかで出てきそうな庶民的な雰囲気。ビールを飲んだあとは薩摩というだけあって、鹿児島の焼酎を頂く。食事もこれまた庶民的に。お通しを写真撮るの忘れたけどお通しが既に美味しかった。その後に女将からのサービスという事で頂いた煮物。いいよねこういうの。

Img_5292_640x480

アジフライとメンチカツ。

Img_5293_640x480

餃子と、薩摩だけあってさつま揚げ。熱々で美味しい。

Img_5291_640x480

あと納豆オムレツかなんかをオーダーしたけど写真撮るの忘れた。

もう遅かったのでお店にいたのは1時間半くらいだったかな。スティーヴンウィルソンの話題は勿論の事、次回のウェットンマニアをどうするかとか記念Tシャツを作ろうかとか、12月に忘年会的なイベントかBBQかカラオケオフやろうかとか散々話を散らかして結論は無しwww、で気分良くお開きで解散。

顔出しOKなんだけど、下の写真は顔がとても鮮明だったので、私以外のお二人は念の為に目隠ししてます。

Img_5294_2_640x480

この後私は六本木から歩きで赤坂のビジネスホテルへ戻った。また六本木に行くことがあったら行くかも知れないよ。結構お気に入りのお店になりました。

|

より以前の記事一覧