2019年7月 1日 (月)

[グルメ] 餃子の王将 四条大宮店(1号店)(@ 京都 四条大宮 2019年6月30日)

今日7/1はアレだぜ、Wetton/Bruford期キングクリムゾンのラストライヴの日だぜ。だからキングクリムゾンのコレクターズクラブ74年7月1日NYセントラルパークのオフィシャルブートCDを聴きながらブログ書く。それにしても改めて聴くこのセントラルパークでのラストライヴ、オーディエンス録音の音質がイイ意味で迫力を増して聴こえるというか。70年代の最後のライヴにして弾けてしまう寸前のテンションギリギリの凄いライヴであることが音と演奏から伝わってくる。なぜか周囲に数人いるヒープマニアがジュライ何とかって拙のSNSタイムラインを埋め尽くしてくれてスルーするのに大変だから、そうじゃねぇだろ70年代KCラストライヴの日だろと。

それにしても疲れたなぁ。嫌な疲れ方じゃなくて心地よい疲れというか。昨日6/30(日)はプログレバンド、WATER GARDEN(ウォーターガーデン)を主宰されていたドラマーのHiro**さんをお迎えしてジョンウェットン曲のスタジオセッションを実施したのだ。場所はスタジオ246の四条大宮で。約4時間で3曲にトライして、何度も演奏してから、うち2曲はカッコつきそうだったのでスタジオ演奏のラインレコーディングを実施。今日になって録音したそのCDRを聴いてみた。Hiro**さんは元からウォーターガーデンで、フランスのムゼアレーベルからCDを出されてるくらいだからプロ並みな方なのでお見事な腕前なのは当然として、それ以外の我々ド素人も個別練習の成果を発揮して、ヘタクソなりにもっともらしい演奏が出来ていたことが確認できて大変満足www。勿論ド素人の演奏なのでアラはいっぱいあるし、しかもそれをライン録音の音で聴くと、ミスや音程ハズレがはっきり分かって何度イスから転げ落ちそうになるか分からないくらいの面白さではあったが・・・www。その成果をいつか何らかの形で何かに生かせればいいなぁとは思っているのだけれど、それはまだちょっと分からない。何しろこのワタクシ、とても慎重派で、一歩一歩、本当に慎重に事を進める性格なのでいきなり大きなことはやろうとは思っていないし。そうねぇ、いずれ参加者10人規模くらいでスタジオライヴ形式でジョンウェットン曲のセッションイベントを実施できるまでに持って行くことが目標になるかなぁ。イベント名だけ勝手に仮決めしてあるんですよ、「Wetton Mania Sessions」 ってねwww。

それで、スタジオ終了後にお仲間7人でスタジオ246からすぐ近くにある餃子の王将に移動。ただの王将じゃない。餃子キングダムと言われる京都において聖地と崇め奉られている餃子の王将の発祥の地、1号店の四条大宮店である。

Img_6100-640x480

入り口には発祥の地として地味に石碑?がある。

Img_6095-640x480

看板にも地味に誇らしげに「1号店」との記名が。

Img_6096-640x480

何はともあれ餃子である。1号店の餃子は、全国の王将ぜんぶ同じはずなのになんかちょっと違う。そう思い込んで食べてるから、だけではない気がする。焼きが違うのか何なのか、とにかく美味しい。皮には適度なもっちり感があって中身はジューシー。そしてそれを最近はやりの「両面焼き」で注文して食べるのだ。餃子の両面を焼いてもらうやつね。

Img_6099-640x480

先月に「普通焼き」と「よく焼き」と「両面焼き」の3種類を試しに注文して、お仲間で満場一致で「両面焼き」が最高となったので。今回は7人で入ったので一気に6人前注文。いやホントに美味かったよ。個人的にはもうしばらくは餃子はいらないかなってくらい食べた。ところが一晩経って今日になってみたらやっぱりまた食べたくなっている。勿論あと他にもいろいろ注文。

Img_6102-640x480

王将のチャーハンも焼きそばも安定の美味しさ。それからエビチリにエビのオイスター炒め的なヤツに回鍋肉、そして鶏の唐揚げ。この唐揚げは各テーブルに置いてある魔法の粉末と呼ばれる塩コショー?をまぶして食べると絶品の味なんだけど、うっかり忘れてそのまま食べてしまったよ。勿体ないことした。食べて飲んでお腹パンパン。私自身はこの日は重たいベースギターを抱えて、腰痛も抱えていたので途中までクルマで出かけていたからアルコールは呑めず。やっぱりビールと餃子がイイよ。今回はノンアルビールで済ませたけど。

久しぶりにウォーターガーデンのHiro**さんとも会えて、バンド活動の方の休止の経緯とかいろいろ聞かせて頂いたり、ウェットンファン仲間の集まりでもあるからエイジア楽曲の難易度についてとか楽しくお話出来て良かった。私はたまたま翌日の今日も公休だったのでイイんだけど、お仲間の皆様は翌日仕事の方もいらっしゃるので1時間ちょっとでサクッと解散。

最後に、7月14日の「Wetton Mania 4」の宣伝兼ねて、大阪河内長野のエディジョブソンかつロジャーディーンと呼ばれる天才画伯の綱**さんが今回のフライヤーの原画案を提示して下さった。王将で披露されたフライヤーの原画の一部をチョイ出ししておこう。

Photo_20190701162501

さて、何からアレしてるんでしょうか?(笑)。このフライヤーの完成も合わせてお楽しみに!!

|

2019年5月30日 (木)

[グルメ] 来来亭 亀岡店(@ 京都 亀岡 2019年5月24日)

いま、ジョンミッチェルのロンリーロボットの新作3rdを聴きながらパソコンに向かってブログ書いてるんだけど、これはイイぞ。1曲、私の心にしっかり引っ掛かる曲があった。7曲目かな。この1曲の存在によって今作はへヴィロテになるかも知れん。今日ロンリーロボットのブログ書こうと思ってたんだけど予想以上に気に入ったのでもう少ししっかり聴いてからレビュー書くことにする。そこでだ、オラオラ、グルメブログ2連発じゃ。

トッドラングレン大阪公演に行った翌日も有休を取ってあったので仕事休み。朝はオカンが遊びにお出かけするので6時に早起きしてオカンを駅まで車で送り、いったん帰宅して家の掃除と雑用を片付けて、久しぶりにラーメン食べに出かけた。

Img_6023-640x480

めっちゃ気に入ってる京都滋賀を中心としたラーメン屋さんのチェーン店「来来亭」の亀岡店へ。前にも一度だけ行ってとても気に入ってたんだけど、お店の外観とか写真撮るの忘れてたのでブログに取り上げてなかった。

Img_6019-640x480

開店の午前11時過ぎに入店。来来亭はいわゆる背脂チャッチャ系の醤油ベースのスープのラーメンなんだけど、味は見た目ほど濃くなくてあっさり感と、しっかりした風味のバランスのとれたラーメンで、もしかしたら個人的には一番好きなラーメンかも知れない。ファミリーでの来店を考えた店内の作り。

Img_6021-640x480

メニューもいろいろ豊富で。

Img_6020-640x480

お腹空いている状態でメニューを眺めるとどうしてもヴォリューム感を求めてしまい、「がっつりB定食」で+100円で麺大盛りwwをオーダー。ラーメン大盛りと、チャーハンと、唐揚げ。この壮絶ヴォリュームに立ち向かう感が我ながら最大のストレス解消につながるのだ(他に楽しみないのか!)。

Img_6024-640x480

麺は細麺ストレート。でも博多ラーメンの麺とはまた食感が違う。とにかく美味しい。ネギは多め少なめ自由にオーダーできる。これ、チャーシューメンじゃなくて普通のラーメン(大盛り)なんだけど、チャーシューも薄切りだけど5枚くらい入っていて、見た目もヴォリューム感もお得感アリアリ。チャーハンは新福菜館のチャーハンほどは黒くないけど、でもアレに近い味かな。そして決してラーメン定食の、たかが付け合せと侮ってはいけない、唐揚げの美味しさである。しっかり下味が付いていて少し濃い目の味だけどとても美味しい。ラーメンの美味しさにもチャーハンの美味しさにも負けていない。もしかして塩分高過ぎ?イイんだよ、毎日食べるわけじゃないんだから。そして言うまでもなく完食。さすがにラーメンのスープは残したけど。という事でこの時も腹パンパン。このあと帰宅して、しっかりウォーキングしてカロリーを消費したから。

明日からダイエットするわ、明日からな。

|

[グルメ] 博多もつ鍋 やまや 梅田店(@ 大阪 梅田 2019年5月7日)

誰も期待してないけど職場の人に期待されてるので今日もグルメブログいくぞwww。

ちょっと日付が遡ってGWの激務が終了した翌日の公休日に、開放感一杯でフラフラと出かけた時のグルメ探訪レポだ。この日は午前中に快晴の中でガラガラの京都嵐山でのんびり癒しを味わって、その足で阪急嵐山駅から梅田へ。前から目を付けていた博多もつ鍋の店「やまや」のランチを食べに行った。別に大阪まで出かけなくても京都にもあるんだけど、何しろ開放感一杯だったのと、この日は翌日も公休の連休だったのでちょっと足を延ばして梅田で中古CDの猟盤もしたかったのでね。「やまや」で食べたかったのは鶏の唐揚げ明太風味定食。このお店のランチタイム最大の注目はご飯おかわりし放題、明太子と高菜も食べ放題、痛風一直線なこの点であるww。

Img_5916-640x480

梅田周辺のサラリーマンさんのランチタイムをちょっと外して13時過ぎくらいに入店。

Img_5975-640x480

幸いランチタイムを過ぎていたので席はいっぱい空いていた。店入ってすぐに先にオーダーして代金を先払いする。鶏の唐揚げ明太風味定食は確か1100円だったかな。ランチとしては高いけどヴォリュームあるし、ご飯と明太子と高菜が食べ放題だし納得できる感じ。着席するとテーブルには食べ放題の明太子と高菜が置いてある。コレはタマらん。

Img_5914-640x480

程なくしてオーダーした定食が登場。唐揚げは明太子をまぶして揚げてあるのだろう。

Img_5915-640x480

早速ご飯の上を明太子と高菜で埋め尽くす(一番上の写真を再掲)。

Img_5916-640x480

始めからご飯おかわりする気満々だったから、鶏の唐揚げをつまみつつもご飯を大口開けて食べまくる。あっという間にご飯を平らげて店員さんにご飯のおかわりお願い。ご飯の量はどのくらいにするか訊かれたので

「大盛りでww。」

と50過ぎたオジサン不気味な笑顔でお願いwww。そして鶏の唐揚げとキャベツの千切りをおかずに大盛りご飯も食べ尽くし、再び店員さんにご飯おかわりお願い。今度は普通くらいでww。さすがにご飯3杯食べておかずも食べ尽くし、味噌汁も飲み尽くしてこの通り。

Img_5917-640x480

腹パンパン。そりゃ体重も増えるわな。それにしても、繰り返すけどご飯と明太子と高菜が食べ放題とは素晴らし過ぎるサービス。そもそも定食の唐揚げもなかなかのヴォリュームだったし、食べるのが好きな人には最高のランチだ。食べ過ぎて飽きたのでしばらくもうイイや、とはならない。またすぐにでも食べに行きたいwww。最高だ!

|

2019年5月24日 (金)

[グルメ] 焼きそば専門 水ト 大阪駅前第2ビル店(@ 大阪 梅田 2019年5月23日)

トッドラングレンの大阪公演を観に行くついでに、例によってグルメ探訪を兼ねてずっと前から目を付けていた麻婆焼きそばを食べに行った。お店は「焼きそば専門 水ト」(ミウラと読む)というところで、あのサバ出汁スープのラーメン屋さんサバ6製麺所の焼きそば事業への新展開だそう。ラーメンも焼きそばも好きなのと、中でも特に最近ハマってる麻婆焼きそばが名物メニューとして有るようなので、これは是非にという事で勇んで出撃。

Img_5964-640x480

この日は予定では午前中に家を出て昼前くらいに梅田で麻婆焼きそば、更に夕方にこれまた行きたかったあるお店にグルメ探訪する予定だったんだけど、午前に家の食材買い出しでスーパーに買い物に行ったりしていたらすっかり時間を喰ってしまって出立が遅くなってしまった。田舎のJRは昼前後は30分に1本とかそういう感じでしか電車が走ってないもんだから益々遅くなって、結局梅田着が14時過ぎ。ランチ営業は15時までのようなので超早歩きで駅前第2ビルへ移動。いかにも大阪のビジネスマン御用達な駅前第2ビルらしい、カウンターのみのお店。向かいは同じグループのサバ6製麺所があった。

Img_5972-640x480

Img_5971-640x480

もう14時30分を過ぎてたのでお客さんは少なく食券買って余裕で着席。ちなみに他のメニューはこんな感じ。焼きそば専門店なので、焼きそば中心。

Img_5962-640x480

Img_5963-640x480

早速お店名物の麻婆焼きそば定食(卵かけごはん)セットを注文。辛さがマイルドとパンチが選べるので辛党の私はパンチで。一番上の写真が到着した実物。麻婆焼きそばと卵かけごはんと中華スープ。早速食してみた。

Img_5965-640x480

麺は中太って感じ。おっ、美味いぞ、と思ったのもつかの間、辛さが口を覆う。熱々なのも加わって辛さで口が痛い。あとアレだ、味が濃いぞ。エラい濃い感じがするぞ。口直しに中華スープを飲んでみるとこれまたエラいしょっぱい。どうした事かと思うくらい塩辛い。もうその後は汗を拭きつつ水を飲みつつ無心で口に運ぶ。この水がレモンの入ったサッパリした水なんだけど、そのレモンの成分が入った水ですら口内で浸みて痛くなるくらいで、もう辛いのか塩分多すぎでしょっぱいのかワケが分からなくなってきた。ん~ん、思ってた味と違うなぁって。なんかジャンクな感じ。ネット上では大人気で評判良かったようなんだけど、ちょっと私の味覚とは合わなかったのかな。やっとの思いで大盛りの麺を食べきって、ここで卵かけごはんをそのまま余った麻婆豆腐部分に投入。

Img_5968-640x480

混ぜ混ぜして卵かけ麻婆丼的な感じにして・・・、

Img_5969-640x480

なんだかんだ言いつつ完食。

改めての感想は・・・、やはり想像してた味とはちょっと違った。気に入ってる人には申し訳ないんだけど個人的には合わなかった。多分アレだ、私の場合、以前に京都の四川料理のお店「洛楽」で本格的な四川麻婆豆腐の焼きそばを食べてしまっていたから、そりゃ本格四川の味と比べたら同じってわけにはいかないわな。「洛楽」の麻婆焼きそばは、それこそ痺れる辛さで汗だくになりつつも、旨みというか上品な味わいがあった。そこはやはり本格四川料理の店だけにね。この味が頭にあったから、そことのギャップでアレッてなってしまったのかも知れない。最初に今回の「水ト」の麻婆焼きそばを食べていたらまた印象は変わったかも知れないね。あるいは辛さをパンチではなくマイルドで注文していたらまた違ったのかも知れない。ま、いずれにしても今度「水ト」に来るときは普通のソース焼きそば大盛りか塩焼きそば大盛りだな。麻婆焼きそば食べたくなったら京都の「洛楽」行こうと思う。

|

2019年4月24日 (水)

[グルメ] 季節料理 しょうぶ (@ 京都 亀岡 2019年4月23日)

泊まり連勤続きのGW進行の業務はさすがに疲れる。朝起きるとき異様に体が重いし目が開かないし。昨日今日と連続公休で明日からまた泊まり連勤続きとなる。今日は天気予報が悪かったので天気の良かった昨日のうちにウォーキングをしておこうと1万歩以上歩いた。そしたら今朝は朝から腰痛で部屋の掃除をするのも辛い状態。やっぱりダメだ。8000歩くらいで抑えておかないと。今日の夜はまた所用で出かけないといけないので家で静養に努める。

それで、昨日は夕方から職場のお仲間と恒例の飲み会。今回はお世話になった先輩が退職されるという事で送別会兼ねて、ちょっとお高めの和食というか懐石料理のお店で。ウチから最寄り駅(といっても歩いて25分ww)の馬堀駅近くにある「季節料理 しょうぶ」というお店。

Img_5872-640x480

私は初めて行くお店だけど、上司が以前に何度か行かれていておススメとの事で。順番にババァーーッと写真載せます。

Img_5873-640x480

生ビールで乾杯しつつ、先付っていうの? イイ感じ。

Img_5875-640x480

吸い物。ぜんまい、生麩、あとタケノコを練り込んだ練り物みたいなヤツwww。ヤツってなによww。

Img_5876-640x480

お刺身。マグロ中トロ、ハマチ、タイ、イカかな。

Img_5878-640x480

天ぷら。山菜とホタルイカだったと思う。

Img_5879-640x480

たらこを練り込んだこんにゃくの酢味噌和え。

Img_5880-640x480

焼き物はキンメの焼魚。

Img_5881-640x480

旬のタケノコの煮物。

Img_5885-640x480

赤貝?の酢の物。

Img_5886-640x480

締めはサバ鮨。

最後にフルーツ盛り合わせがあったけど写真撮るの忘れた。

非常に高級感と気品があって、これでコース5000円は安いのかな。同じものが東京の銀座や京都の祇園で出たら倍くらいするんじゃないの? 田舎の料理屋でしかも平日にもかかわらずお店は満席の大賑わい。こんなに人気のある名店が近くにある事を知っていい勉強になった。もうちょっと自分の財政状態が上向いたらオカンを連れてきたいものだ。最後にお仲間の写真を貼っておきますよ。今回も私以外は念の為に怪しげな目隠ししておきますwww。

Img_5884_2

上司や同僚と、高級懐石に似合わないバカ話に花が咲いて大変楽しかった。かなり酔っていたので帰宅して風呂入ったら直ぐに寝てしまったよ。

|

2019年3月 4日 (月)

[グルメ] やまと (@ 東京 新宿 2019年2月28日)

ドリームシアターの新譜レビューはまだかって?まだですww。もう5回くらいは聴いたんだけど、いまブログ本文で絶賛する言葉探し中。もう少し言葉探しが出来てから全曲レビューするのでお楽しみに。

それで、まさかのグルメレポ3連発。新宿の続き。アカシアでロールキャベツシチューを食べた後は久しぶりに新宿界隈のディスクユニオンを片っ端から巡回。DUプログレ館で中古CD1枚ジャディスのアクロスザウォーターと、あとブックユニオンで、それを買ってどうする?っていう、U.K.のチケット半券を購入www。ジャディスのアクロスザウォーターはもう10年以上前から中古で巡り合う機会があったら購入しようと思っていて、今回ようやくDUプログレ館で国内盤帯付きに出会ったので購入できた。既に4回くらい聴いてるので、という事は気に入ってるという事。そのうちブログに取り上げるかも知れない。一旦カプセルホテルにチェックインだけしておいて、今度は東京時代のお仲間と呑み会だ。さっきロールキャベツシチューを食べたばかりじゃないかというなかれ。新宿巡回は案外歩くのですよ。この日のトータルのウォーキングの歩数は余裕で1万歩を超えてたしね。なのでしっかり小腹がすいた状態で夜の21時30分頃、今回は私のベースの師匠でウェットンファン仲間のアラ**さんと、よし**さんがお付き合い下さるとの事で、アラ**さん行きつけの生ビールが180円という激安居酒屋「やまと」にシケこむ。軽く「やまと」のグルメレポを。

Img_5741_640x480

とにかく生ビールが180円という激安価格。大阪だと生ビール280円とか、更に探せば180円っていうお店もあると思うけど東京ではなかなか無いんじゃないかと。アラ**さんの行きつけのお店で、私が京都に帰郷する直前頃にも、私の送別会的な感じでアラ**さんに連れて行ってもらって、よし**さんとも一緒に呑んだ記憶がある。アレ以来の「やまと」である。

いやぁ呑んだ呑んだ。このお店のビジネスモデルとしては、生ビール180円、更には酎ハイに至っては130円(ただし月曜から木曜、金土日はもう少し高いみたい)という激安で、その代わりお通し380円が無条件についてきて、更に一人一品は注文しないといけないという事らしい。フードはヴォリュームからするとちょっとお高めな気がする。そこら辺はビールと酎ハイの激安とバランスを取って儲けを出しているのだろう。なので腹ペコの状態で行くと、フードをたくさん注文して案外金額は要ってしまうと思う。フード控えめでビールと酎ハイを飲みまくるのが賢明だ。というワケで記憶の限りで言うと多分生ビールは5杯か6杯飲んだと思う。食したフードは写真撮った限りでは以下。

このお店名物トロたく巻き(マグロとたくあん)と卵焼き。

Img_5742_640x480

細巻き(ネギトロと納豆)とたこ焼き?(ちょっと記憶にないwww)とよし**さんの大好きなうずらたまご。食べ散らかし状態で写真撮るなよ的なwww。

Img_5745_640x480

ナポリタン風焼きそば。スパゲッティじゃない。これもお店の名物だそうで2回も注文してしまった。

Img_5746_640x480

何か他にも注文したかもしれないけど、寝不足状態で生ビール飲みまくったのでよく憶えていない。結局呑みまくってひとりあたり3000円くらいしたかな。大阪の安い居酒屋でよく言う千ベロってわけにはいかない。そこはさすが東京。上手く考えてるんだな。でもこのお店は24時間営業との事でとても使い勝手のいいお店だと思う。また新宿に行く機会があれば寄ってみたいね。平日にもかかわらず珍しく上京したというだけで私に付き合って下さったアラ**さんとよし**さんありがとうございました。翌朝には新幹線で京都に帰ったんだけど案の定すんごい二日酔いでしたww。

|

[グルメ] アカシア 新宿本店(@ 東京 新宿 2019年2月28日)

こないだ2月末日、泊まり勤務明けでちょっと所用で東京に行った。明けで帰宅して身支度して直ぐに出立。新幹線はもちろんぷらっとこだまを事前に予約してあって、今回も往復で6千円の節約。宿舎はこれまた当然のごとくカプセルホテルである。新幹線のぞみなら京都から東京まで2時間ちょっとで行けるところ、ぷらっとこだまなので3時間半。泊まり勤務明けだからこの新幹線こだまで寝ることにする。でも結局1時間くらいしか寝れなかったかな。東京着いたら目的地に直行して用件を済ませる。予約したカプセルホテルのある新宿に移動して17時30分ごろ到着。今回は新宿に泊まるので久しぶりに食べに行こうと決めていたお店があって、それが本稿のグルメレポとなるロールキャベツシチューで有名な洋食の名店「アカシア」。

Img_5739_640x480

なんと創業55年にもなるアカシアのお店の外観。

Img_5740_640x480

私が初めてこのお店に行ったのは確か1990年の夏頃。就職して東京配属となって上京。それで東京の新入社員仲間にロールキャベツシチューの美味しい店があるよという事で連れて行ってもらったのが最初だった。それから25年間の東京での仕事時代に何度も通ったほど大好きなお店であった。京都に帰るにあたっては、あぁもうアカシアのロールキャベツシチューが食べれなくなるなぁってのはなかなかの寂しさであった。創業55年、私が初めて食した1990年時点でも創業30年近くだったし、でもその間あのロールキャベツシチューの味は不変の美味しさだったように思う。2年半前、京都に帰郷する直前頃にもこれで最後だからとアカシアでロールキャベツシチューを食べて以来だから、前回からは約2年振りにロールキャベツシチュー(2個入り)とご飯のセット850円を注文。確か上京して初めて食べた時はこのロールキャベツシチューとご飯のセットで690円くらいだった記憶があるから、さすがにあれから更に30年近く経っていると値上げもするわな。でもやっぱり味は不変の美味しさ。ご飯とロールキャベツシチュー、あっという間に食べてしまったよ。大阪にも探せば美味しい洋食の名店はあるに違いないけど、このアカシアのロールキャベツシチューは他には真似できないお味に違いない。でないと55年も人気洋食店として君臨し続けることは出来ないもんね。

|

[グルメ] 伊三郎製パン 亀岡店(@ 京都 亀岡 2019年2月24日)

地元の振興兼ねて再び我が街亀岡のグルメレポだ。今回はウチから歩いて10分足らずのところにある「伊三郎製パン」というパン屋さん。何と言っても驚きはほぼ全ての焼き立て調理パンが1個100円という爆安で買えるところ。

Img_5727_640x480

なので安いもんだから買いに行ったらついつい5個も6個も買ってしまう。この日は6個選んで買った。それでも600円とかそんなもんだから。10個くらい買ったこともあるよ。

お店の外観。

Img_5726_640x480

国道9号線沿いにあって、いつも大人気。客足が途絶えない。食べてみた感想は決して安かろう悪かろうではない。普通に美味しい。他の店なら当たり前のように1個200円とか300円以上するだろうと思われる焼き立て調理パンが1個100円だぜ。それが店内に次々焼き立てで陳列される。種類も豊富。いつもどの種類を買うか悩む。高級食パンがちょっとしたブームになっているようだけど、田舎の庶民には激安パンはこの上なく嬉しい。京都を中心に、あと九州の方にも進出してる。

言うだけ言ってアレだけど、最近サンドイッチ類は100円→130円に値上げした模様www。それでも安いけどね。

|

2019年2月 7日 (木)

[グルメ] 赤から 京都亀岡店(@ 京都 亀岡 2019年2月6日)

久々グルメネタ。グルメは気負わずブログ書けるし楽www。いつもの職場のお仲間で、名古屋発祥の居酒屋チェーン店の「赤から」が普通に焼肉とか美味しいよ、って話題になり、新年会兼ねて行くことに。それぞれの泊まり勤務明けとか公休日を擦り合わせてようやく出撃できた。

Img_5553_640x480

名古屋発祥って言うと東京で仕事してた頃に「世界の山ちゃん」には何度か行ったことがあったけど「赤から」は今回初めて。辛い鍋の店なんだけど焼肉も美味しく食べれるってことで、3680円の食べ放題のコースでお仲間4人で出撃。飲み放題も付けようかと思ったけど、なんと偶然にも今週末まであらゆるドリンク類が190円という爆安キャンペーン期間だったので、じゃぁ飲み物は単品で頼んだらエエやん、ってことで敢えて飲み放題は付けず。食べ放題はまず最初に鶏のせせりと鶏皮と豚肉の3点盛りと赤から鍋を食べる。その後で肉類が食べ放題となって、もう食った食った。特に牛タンねぎ塩がとても美味しくて次々追加注文。他にもいろいろ食べました。

まず各種の肉3点盛りを焼きながら生ビール190円!で乾杯スタート。

Img_5539_640x480

Img_5540_640x480

赤から鍋。辛さは5段階か6段階くらいあった気がするけど、我々オジサンだし翌日泊まり勤務の方も居られたので下から2段階目の軽めの辛さで注文。一口目はむしろ甘味を感じるコクがありつつ後から辛さが込み上げてくる。したから2番目の辛さでこれだから、もっと辛いやつはどんなんだろうと興味深い。4人であっという間に平らげて、スープは締めの雑炊用に残しておく。

Img_5541_640x480

牛タンねぎ塩。これは適度な柔らかさ、適度な歯ごたえがあってとても食べやすくて美味かった。

Img_5543_640x480

牛タンねぎ塩を追加注文しつつ牛ハラミを投入。これも最初から下味ついているのでタレに付けなくても美味しい。

Img_5544_640x480

牛ロースと牛モツ。モツってあまり食べる機会無くて、なんかミノのコリコリしたイメージしかなかったんだけど、この牛モツは油の塊のようなアレで、柔らかくてとろける食感で甘みもあって美味しいんだね。モツってこういう感じなんだ。見直したよ。太りそうだけどwww。

Img_5545_640x480

モツの油分がファイヤーしまくるww。

Img_5547_640x480_2

玉ねぎと鶏のせせりでクールダウンwww。

Img_5548_640x480

締めは残しておいた赤から鍋のスープにご飯と生卵を投入して雑炊。雑炊ってどういう鍋の後でも美味しいよねぇ。この赤から鍋を雑炊にするとなぜか辛さが際立ってますます美味かった。

Img_5549_640x480

そういえばお店の入り口付近には昭和なオモチャがいろいろ売ってた。

Img_5550_640x480

帰り際、上司、先輩、後輩を写真に収めて解散。目隠ししておきましたよwww。

Img_5555_2

いやいや、単なるチェーン店と言ってしまえばそれまでだけど大変気に入りました。同じ名古屋発祥の「世界の山ちゃん」よりこちらの「赤から」の方が個人的には好みかも。泊まり勤務明けの寝不足状態で爆安190円で生ビールとハイボール呑みまくって辛い鍋と焼肉食べまくって、帰宅したらもうフラフラ。風呂入ってすぐに寝てしまったよ。今朝起きて、カロリー消費の為にしっかりウォーキングしたけどね。また行きたいお店でした。

|

2018年12月20日 (木)

[グルメ] 四川料理 洛楽 近鉄京都駅店(@ 京都 京都駅近鉄名店街みやこみち 2018年12月15日)

年末になって何が原因なのか、不整脈に加えて頭痛に軽い目まいと体調不安が困る。仕事や遊びに集中してる時は気にならないんだけど。なので引き続き仕事以外の時間は可能な限り家に籠って休息に務める。とはいえ全然身体を動かさないのもそれはそれで血行が悪くなると嫌なのでしんどくならない程度にウォーキングに出てみたり。そうは言ってもいろいろ所用があって完全には休めない。それなら少しでも楽しまないと、という事で先週末に所用で出かけたついでに、食べたかった麻婆焼きそばの美味しい店に行った。

Img_5425_640x480

いつも拝見させてもらってる関西の超有名グルメブロガーさんの「Mのランチ」でも紹介されていた中華の名店「洛楽」の近鉄京都駅店にて。

Img_5433_640x480

まずはジャスミンティーが急須ごとサービス。これは有難い。

Img_5424_640x480

目的は麻婆焼きそばのみだったので脇目もふらず麻婆焼きそばセットをオーダー(一番上の写真)。写真ではヴォリューム感が伝わってない気がするけど実際なかなかのヴォリューム。焼きそばの麺はもっちしりた太麺。

Img_5426_640x480

デカい唐揚げ2個と卵の中華スープ、そしてライスはおかわり自由!

Img_5429_640x480

麻婆はスパイスが効いてて上品かつ痺れる辛さ。焼きそばを食べつつ麻婆豆腐を残しつつ、ご飯にのせて麻婆丼としても楽しむ。ライスは勿論おかわりしてやったぜ。

Img_5428_640x480

Img_5430_640x480

ライスおかわりして綺麗に完食。お腹一杯の大満足。これもまた来たい名店のお味でした。

|

より以前の記事一覧