2018年12月10日 (月)

[グルメ] 極楽うどんTKU ルクア大阪店(@ 大阪 梅田 ルクア大阪10F 2018年12月9日)

大阪と言えばソバよりうどん、うどん文化が浸透していて私も東京時代はソバばっかり食べていたけど京都帰ってきたら途端にうどんばっかり食べている。ヒガシマルのうどんスープで食べるうどんは最高に美味しいし、「おんち」の鍋焼きうどんは更に輪をかけて美味しい。

キングクリムゾン大阪初日のライヴに行く前に、恒例のグルメ探訪という事で今回は大阪うどんの名店「極楽うどんTKU」でお店の名物カレーうどんを食すことに決めていた。まずはそのグルメレポいきます。

Img_5378_640x480

休日のこの日もさっさと早起きして朝9時半には家を出る。午前11時ごろ梅田に到着。早速ルクア10Fのお店に到着。

Img_5384_640x480

Img_5385_640x480

まだ11時過ぎだけどさすが日曜日だけあって既にお客さんが多い。とりあえずすぐに着席出来た。メニューは以下写真で。

Img_5372_640x480

Img_5374_640x480

Img_5376_640x480

Img_5377_640x480

今回はお店の名物カレーうどん、それも大阪ならではの「鶏天」付きの「鶏天カレーうどん」をオーダー。いつものクセで深く考えずに大盛りでオーダーしたら、やってきたのは一番上の写真壮観。いやいやコレ、上げ底か?とも思ったがそんなことはない巨大な器。もう一度メニューを見直したら、大盛りは単純に麺が倍である事が分かって鶏天いや仰天(ハ?)。17時までは小ライスも付いている。麺は気合満点のもっちり太い麺。

Img_5380_640x480

鶏天がまたデケーのなんの。そのデカい鶏天が3つも載っている。

Img_5381_640x480

熱々のカレーうどんをフーフーしながらの大格闘。この日はすっかり冬の寒さだったけど、私だけ別世界にいるような、大汗状態。鼻水も止まらない。それから小ライスもあるのでカレー出汁をかけて食べる。

Img_5382_640x480

壮絶な戦いの末、ほぼ完食。しかし完汁は断念。

Img_5383_640x480

このあとまずはケツを押さえながらトイレに行きましたが何かwww。更にいうならこの後キングクリムゾンのライヴを観て家に帰ったのが23時過ぎ。その間の12時間、お腹が空かなかったというねwww。でも本当に美味しかったのでまた今度行きたい。今度は鶏卵カレーうどんいってみるかな。普通サイズでね(笑)。

|

2018年11月22日 (木)

[グルメ] ますたに 京都拉麺小路店(@ 京都 京都駅ビル 2018年11月6日)

う~ん、引き続き心臓に違和感・・・。不整脈って言われて益々気にしているからかも知れないけど、ちょっと動いて動悸が激しく感じるだけでオイオイ大丈夫か?ってなってしまう。仕事や遊びに集中していると気にならないんだけどね。という事で先週から仕事以外の時間は出来るだけ自宅で静養に努めている。本日の公休は外の天気も悪いので健康のための無理のない程度のウォーキングも無し。それでも秋の紅葉を観に行くからと出かけるオカンを最寄りの駅まで送って、それからスーパーで買い出し、家の掃除、台所の食器洗い片付け、と主夫状態www。書きそびれていたグルメレポをもう一本いっておこう。

スティーヴンウィルソン来日公演初日の翌日、東京から京都に戻って昼過ぎ、お腹空いたので前から行こうと思っていた京都ラーメン発祥の店?と言われる「ますたに」の京都拉麺小路店へ。

Img_5304_640x480

何をもって京都ラーメンというのかは解釈は人それぞれなんだけど、京都ではこの手の背脂チャッチャ系の鶏がら醤油味がそれに該当するようだ。この手の背脂チャッチャ系の醤油ラーメンは京都では「魁力屋」とか「来来亭」といったチェーン店が有名だけど、京都の北白川発祥の「ますたに」がその元祖と言われているらしい。ちなみにこの京都拉麺小路は全国の有名ラーメン店が出店していて、この日は平日しかも14時頃で昼のピークを過ぎていたからかそんなに行列とかは無かった。

Img_5308_640x480

でも「ますたに」だけは少し行列が。さすが京都。

Img_5306_640x480

食券でとりあえずシンプルに中華そば(大)をオーダー。

Img_5305_640x480

見た目はご覧の通り。背脂ばっちり。

Img_5309_640x480

箸上げしてみるww。こうした方が写真が美味しそうでしょww。右手で箸上げして左手でスマホ構える50過ぎのオッサンの姿は想像しないで下さいwww。

Img_5310_640x480

お味は勿論、安定の鶏がら醤油味。美味しい。でもアレかな、私個人の好みで言えば「魁力屋」や「来来亭」に比べてちょっと味がしつこいかな。いやいやこれが元祖だと言われればそれまでだけど。多分「魁力屋」や「来来亭」といったチェーン店は家族連れも意識したメニュー展開や味の親しみやすさがあるのかも知れない。「来来亭」の見た目の割にはすっきり味が個人的には好みです。なのでこの背脂チャッチャ系の京都ラーメンを食べたくなったら次は「来来亭」に行くかも・・・。

|

2018年11月14日 (水)

[グルメ] 薩摩おごじょ(@ 東京 六本木 2018年11月5日)

半年くらい前から気になっていた胸の動悸が不規則な件、先月10月に実施された会社の秋の健康診断の結果を見たら案の定、心電図でA~E判定のうち最低のE判定ww。ああいう健康診断って結果が大ゲサやんってスルーすることも多かったんだけど、今回ばかりは自覚症状があって、それで結果が案の定だったもんだから、さすがにちょっと心配になって今日病院に行ってきた。結果は健診結果からの予想通り「心室期外収縮」。なんじゃそれ?って感じだけど不整脈という事で疲労、ストレス、睡眠不足からくるんじゃないかと。それならこれまた自覚がある。24時間勤務の不規則シフト、帰宅してしっかり寝ずに所用で動く、当然睡眠不足が常態化しているのでやっぱりなという感じ。当面命に別状ないので薬の処方も無しでちゃんと休養を取ってもらって様子を見ましょうと。様子見るって言ったってそう簡単に仕事休めないし、そうすると仕事以外の時間をアレコレ動き回るの控えるしかない。そこの工夫は考えるとしてとりあえず命に別状なくてよかった。飲んでもダメ、遊びに出掛けるのもダメとかになったら、直前に迫ってきたキングクリムゾンの来日公演はどうすんだって話だし、来年2019年2月のイエスとTOTOもチケット確保済みだし困るところだったけど、なんとかそれは大丈夫そう。

インパクト絶大だったスティーヴンウィルソンの来日公演、拙ブログのレポ記事も沢山の方に読んで頂いたみたいでありがたい。しかも読んで頂いた方々は必ずしもプログレファンばかりではないことはツイッターなんかでリツイートや「いいね」して頂いた方々からも明らかで、いかにスティーヴンウィルソンのライヴを幅広いロックファンの方が楽しんでいたかという事がはっきり分かってますます今後が楽しみになってきた。プログレオタクの音楽では無いという事についてもう一言、言いたいところだけど、もうイイだろう。

さて、今日はちょっとユルめて久々グルメレポ。スティーヴンウィルソン来日公演の終演後にお仲間と呑みに行った六本木の居酒屋というか小料理屋で「薩摩おごじょ」というお店。

Img_5297_640x480

今回関西から一緒に参戦した綱**さんが事前に調べておいてくれて、六本木で仕事していたお友達から紹介してもらったという「薩摩おごじょ」。終演後だから22時ごろだったか、これから店に行くと綱**さんが電話入れたらどうやら女将さん既にホロ酔い状態らしいww。綱**さんとem**さんと私で早速店に到着して入店。六本木のちょっと路地に入ったところにある、イメージとしては路地裏の名店って感じ。吉田類の酒場放浪記なんかで出てきそうな庶民的な雰囲気。ビールを飲んだあとは薩摩というだけあって、鹿児島の焼酎を頂く。食事もこれまた庶民的に。お通しを写真撮るの忘れたけどお通しが既に美味しかった。その後に女将からのサービスという事で頂いた煮物。いいよねこういうの。

Img_5292_640x480

アジフライとメンチカツ。

Img_5293_640x480

餃子と、薩摩だけあってさつま揚げ。熱々で美味しい。

Img_5291_640x480

あと納豆オムレツかなんかをオーダーしたけど写真撮るの忘れた。

もう遅かったのでお店にいたのは1時間半くらいだったかな。スティーヴンウィルソンの話題は勿論の事、次回のウェットンマニアをどうするかとか記念Tシャツを作ろうかとか、12月に忘年会的なイベントかBBQかカラオケオフやろうかとか散々話を散らかして結論は無しwww、で気分良くお開きで解散。

顔出しOKなんだけど、下の写真は顔がとても鮮明だったので、私以外のお二人は念の為に目隠ししてます。

Img_5294_2_640x480

この後私は六本木から歩きで赤坂のビジネスホテルへ戻った。また六本木に行くことがあったら行くかも知れないよ。結構お気に入りのお店になりました。

|

2018年8月10日 (金)

[グルメ] 食堂はやし(@ 京都 東山三条 2018年8月7日)

酷暑の京都にて、音楽を聴く気も起きないが腹は減る。そうは言っても薄給ゆえ普段はめったに外食はしないんだけどもタマにはイイだろうと、公休日に久しぶりに食べる目的のみで外出した。ターゲットは安くて旨い店。そこで以前から目を付けていた東山三条にある「食堂はやし」へ。東山三条っていうと京都の人にはすぐに分かるけど、京都以外の人に分かりやすく言うと、祇園の辺、って言ってしまった方がイイのかな。吉本興業の「よしもと祇園花月」の近く。混んでたらアレなので朝早起きしてさっさと家の掃除済ませて、オカンをパートの職場へ車で送って、その足でJRの駅へ直行。京都地下鉄東西線に乗り換えて東山で下車。そこから歩いて2~3分で到着。

Img_5084_640x480

お店は午前10時30分から開店しているそうで、私は混雑を避けるために11時に入店。幸いお客さんは少なくてすんなり着席。店内は6人掛けテーブルがいくつかあって、たぶん混雑時は相席が当たり前なのだろう。昔ながらの定食屋さんだから。

Img_5083_640x480

よしもと祇園花月のすぐ近くとあって、吉本の芸人さんも利用されているみたいで、壁にはサイン色紙がビッシリ。

Img_5079_640x480

昔っからある庶民的な定食屋さんでメニューも多彩。以下写真は定食のメニュー。

Img_5080_640x480

他にも麺類、丼もの、一品等色々あって目移りしそう。とにかくハンバーグが好きな私の事、ハンバーグ定食にしようかとも思ったけど、今回は初出撃なのでまずはこのお店で一番有名な「とんかつ定食」(750円)をオーダー。この、750円ってのが高いと思うか、安いと思うか、微妙って思うか、そんなものはこの美貌を見ればすぐ明らかになる。

Img_5081_640x480

どうよ、よく見て下さいよ、ここの「とんかつ定食」はとんかつが普通に2枚のってるんだから。どう考えたってコスパが素晴らしい。ソースはいわゆるデミグラスソースがかかっていて大変味わい深くご飯が進む。言うまでもないことだけど、あっという間に、まるで食いしん坊の犬のようにキレイに完食。

Img_5082_640x480

こりゃ、もし近くに住んでいたら何度でも通いたくなる食堂だなぁ。次また他のメニューでチャレンジしたい。なお店名の「食堂はやし」、林さんって人がやってるのかと思ったら、店名の由来はこちら。

Img_5085_640x480

分かります?「ようて、すうて、おいしい」ってww・・・。分かったような分からんようなwww。

|

2018年7月21日 (土)

[グルメ] 阪神名物 いか焼き(@ 大阪 梅田 2018年7月20日)

昨日7/20、心斎橋のロックバー・スターレスさんで「納涼AOR祭り」をやったんだけど、例によってその前にグルメレポを。

ネイティヴ関西人でありながら実は食べたことが無かった大阪名物、阪神百貨店のいか焼き。今回初めて食した。「納涼AOR祭り」への持ち込みフードとオカンへのお土産兼ねて、スターレスに行く前に梅田で下車して購入。以前は阪神百貨店の中に売り場があったと思うんだけど、現在は阪神スナックパークっていう新しく出来たフードコートみたいなところに移転している。

Img_5059_640x480

金曜夕方で行列も出来ていたけど、それでも並んで5分くらいで購入できた。取り敢えず今回は味のトッピングの無いシンプルないか焼きで。スターレスでお仲間の皆様に差し入れ。

Img_5062_640x480

更に翌日に自宅でオカンと一枚ずつ食べた。

Img_5064_640x480

味はまぁ、取り立てて絶品の味とは思わないけど、大阪の昔っからの安いソウルフードとして未だ人気が高い。手軽に食べれるおやつ感覚。

他にもいくつかタマゴが入ってるやつとか、ねぎいか焼きとか有るようなのでまたトライしてみよう。それにしても阪神スナックパーク、大阪で有名なお店のサテライト店みたいな位置付けかも知れないけど、ココをウロつくだけで大阪名物の代表の一部が味わえて楽しい。ホントはこの時、「カドヤ食堂」の中華そば(ラーメン)を食べたかったんだけど、時間が無かったのでそれはまた次回。

|

2018年5月27日 (日)

[グルメ] おいで(@ 大阪 日本橋 2018年5月26日)

私のGWは今が真っ最中である。盆正月GWなど何の関係も無いシフト勤務ゆえ、GWも大忙しの日々。それが過ぎて無理してキャメル来日公演で寝不足のまま川崎遠征したらずーーっと疲れが取れないし。この週末ようやく公休と有休を組み合わせてわずかながらの三連休を頂き、5/26(土)は午後にWetton Mania 3のミニライヴのリハ、夜はスポックスビアード奥本亮さんのライヴに参戦、残り2日は自由時間で静養に充てる予定であった。

もう既に昨日5/26に亮さんのライヴは終わったんだけど、今日は久しぶりに朝10時まで寝て、これで少しは疲れが取れた感じ。でも朝から地域の所用とオカンの買い物のお付き合いでフル回転のため、ライヴ参戦レポのブログに着手できず。ようやく今から書き始める。まずは昨日5/26のWetton Mania 3ミニライヴのリハの前に立ち寄ったグルメレポから。

ホントは朝から家を出てお目当ての谷町4丁目のあるお店に立ち寄りたかったんだけど、オカンの病院への通院の送り迎いをしていて、診察時間がずれてしまったために私の予定も狂ってしまい、3連休初日から躓く。オカンの通院が終わってもう谷4に行く時間が無くなったので、梅田のDU大阪店で中古CDを漁ってから、ミニライヴのリハ予定の大阪日本橋に直行。実は大阪の日本橋に来るの初めて。地下鉄日本橋駅から地上に出ると大阪の台所、黒門市場が見えたので少しブラブラしてみた。そしたら偶然、大阪風というか関西風のタマゴサンドが美味しい純喫茶「おいで」を見つけた。コレは丁度良かったと、店でゆっくり食べてる時間は無いので持ち帰りでタマゴサンドを購入。

Img_4867_640x480

どうでしょう、この美貌。超分厚い卵焼き(だし巻き)をサンドした関西風タマゴサンド。見た目の迫力で圧倒される。これで500円。

このあとすぐにミニライヴのリハでスタジオに入ったので、リハの休憩時間にお仲間の皆様と分け合って食べた。何しろ分厚いだし巻きなのでひと口で頬張ると旨みが拡がって、それだけで満足感で一杯。これぞまさに大阪風(関西風)タマゴサンド。大阪(関西)の純喫茶はまだまだ元気である。もうこの関西風のタマゴ焼きをはさんだタマゴサンドがクセになってしまって、いわゆるゆで卵を潰してマヨネーズで和えたタマゴペーストを使うタマゴサンドでは満足できなくなってしまった。そんな私はやっぱりネイティブ関西人なんだと思う。

お店の外観は以下写真。

Img_4866_640x480

場所は黒門市場内にあるので分かりやすいと思う。普段なかなか日本橋に来ることが無いので、次回いつ行けるか分からないけど、もし黒門市場周辺に行くことがあったら是非また食したい。

このあとまた地域の所用で出かけてしまうので、スポックスビアード奥本亮さんのライヴ参戦レポはまた後ほど。

|

2018年5月17日 (木)

[グルメ] スターバックス コーヒー 京都三条大橋店(@ 京都 三条河原町 2018年5月11日)

Wetton Mania 3の開催告知をして3日でご参加希望が前回まで定めていた定員数まで達してしまった。前回まではコレで参加募集は打ち止めにしていたけど、今年は若干の増席分があるのであと少し募集しております。引き続きご参加希望の募集中です。

さて、今年も京都名物、鴨川納涼床の季節になった。京都の条例で毎年5月~9月までと決められていて、秋冬は楽しめない。初夏から夏、そして晩夏にかけての京都の風物詩である。そしてそれを楽しもうと思えば鴨川沿い先斗町に並ぶ高級料亭で値の張る懐の痛い思いをしなければならないところだが、このスターバックス三条大橋店は普通にスタバのメニュー料金で納涼床を楽しめる。で、早速今年も行ってきた。

Img_4815_640x480

ちなみに6月~8月一杯は暑さの関係か川床席は夕方の16時以降になる。5月と9月は午前11時30分から。週末に行くと混んでるかも知れないし、そこは私の土日関係ないシフト勤務がモノを言う。5月の平日の公休日で11時30分過ぎを狙えばすんなり入店、川床(テラス)席をゲットできる。

Img_4814_640x480

Img_4809_640x480

Img_4810_640x480

この日は天気も良く、いやちょっと暑いくらいだったけど、景色も爽やかに楽しめる。先に席を取っといて、アイスラテと、ベーコンとホウレンソウのの何とかっていうフードを、スタバカードでペイしてオーダー。

Img_4812_640x480

さすがは京都だけあって両隣のテーブルは外国の方だった。ヘタに話しかけられたらどうしようかと思ったが、そこは先日のプロレス世界最大のビッグイベント、レッスルマニアでヒールターンした我らがWWEスーパースター中邑真輔のごとく、「ノー、スピーク、イングリッシュ。」で乗り切ってやろうと心に決める。

とにかく、この素晴らしい風情ある眺めの中で、やわらかな風を受けながら鴨川のせせらぎの音をBGMにするも良し、アイホンで自分の好きな曲をBGMにしながらまどろむも良し、とても優雅な時間である。

川床(テラス)席では無い普通の店内はこんな感じ。

Img_4813_640x480

三条大橋の上から店の川床席を観るとこんな感じ。

Img_4816_640x480

京都ならではの優雅な時間を、カジュアルに楽しめる、絶好のスポットなので、あと一回くらいは天気にの良い日に行っておこうかな。

|

2018年3月21日 (水)

[グルメ] 心斎橋サンド(@ 大阪 心斎橋 2018年3月20日)

さて、グルメレポ3連発の最後、今回心斎橋のロックバースターレスで「Wetton Mania 3」の企画会&飲み会がメインの用事だったんだけど、個人的にはこのグルメレポ3本目が実は裏メインだったのだ。お店はサンドイッチのお店、「心斎橋サンド」。北新地にある「北新地サンド」と同じ店で、心斎橋の方のお店は「心斎橋サンド」という店名にしてある。私が京都に帰郷してきてから、ダウンタウン浜ちゃんの「ごぶごぶ」という関西ローカルの人気街ブラ番組を観ていて、浜ちゃんが北新地サンドのタマゴカツサンド大阪一のタマゴサンド!といって憚らないもんだから、そこまで言うならぜひ一度食べてみたいと2年くらい思い続けていたのだ。そしたら先日「ごぶごぶ」で再び北新地サンドを訪問していて、その時に心斎橋にもお店がある旨を言っていたもんだから、これは今度スターレスに行く用事を作って、ついでにその浜ちゃん絶賛のタマゴカツサンドを買おうと決めた。

Img_4717_640x480

このお店「心斎橋サンド」を探すのに一苦労した。なぜならテイクアウト専門でとても小さな店舗で、アイホンでちゃんと地図見ながら探したのに、見事に通り過ぎてしまうほど、気付きにくい店舗の外観なのだ。

Img_4705_640x480

店には「ごぶごぶ」他、関西ローカルのテレビ番組が紹介した時の写真が貼ってある。

Img_4706_640x480

このサンドイッチ店は、夜の街で、例えばオッサンが高級クラブとかバーに行くときにホステスさんへのお土産に買うような、そういうアレを想定してあるようで、営業時間は夜の18時から。なので18時過ぎに梅田から一旦お店に電話を入れて予約をしてから19時過ぎに伺った。私が食べる用と、オカンへのお土産用に2箱購入。1箱900円となかなかのお値段。

Img_4715_640x480

そして改めて一晩明けた今日、オカンと食べました。もちろんもう冷めているので、レンジで20秒ほど温めるとまた美味しく食べれる。この箱の作りとか、手さげ袋がいかにも夜の街のおミヤとしての高級感を感じさせる。

Img_4716_640x480

で、お味の方は・・・、これは確かに美味い! 普段あまりサンドイッチに興味を示さないウチのオカンも大絶賛。普通のタマゴサンドじゃなくて、タマゴ焼きをカツにしてあって、そのタマゴカツをパンに挟んである。ソースというかマヨネーズ?が甘みが感じられて独特の味がする。もうこれ以上は言葉で表現はしない。食べればわかるとだけ言っておきましょう。

せっかくなので店のしおりを載せておく。

Img_4720_640x480

Img_4721_640x480

お値段がお高めなので、しょっちゅう買って食べることは無いだろうけど(金持ちの人は別)、たまにプチ贅沢するにはもってこいかも。オカンが喜んでくれて良かった。また夜に心斎橋に行くことがあったら是非買いたい。

|

[グルメ] くぅ 心斎橋本店(@ 大阪 心斎橋 2018年3月20日)

次だ次。お初天神のサバ6製麺所でラーメンを食べた後、ちょっとタリーズでコーヒー飲みながら休憩して18時30分ごろに心斎橋に移動。ここでスターレスに向かう前に実はこの日の裏メインな目的のグルメ探訪があったんだけど、そのお店を探すのにエライ苦労してしまって、魑魅魍魎とした心斎橋界隈を相当ウロチョロしてしまった。ちょっとした迷子状態。ところがそのウロチョロしてる時に偶然、これまた以前にテレビで観て気になっていたたこ焼き屋さんを発見。それが掲題のお店「くぅ」。

Img_4708_640x480

小さなお店で、テイクアウトだけじゃなくて店内でも飲食できるようになっている。今回はロックバースターレスに持ち込みフードとして丁度イイかなと思ってここでたこ焼きを買った。

Img_4710_640x480

上記写真はスターレスでお仲間と2~3個食べた時に撮ったんだけど、ちょっと写真の取り方がヘタクソで美味しさの感じが伝わらなくて申し訳ない。

14個入りで500円とリーズナブル。でも1個のサイズが小ぶりなので、トータルのヴォリュームとしてはこんなものかな。今回はスタンダードなソースではなく、白だし醤油で注文。ネギ、カツオぶし、マヨのトッピングは無料なので全部かけて貰った。

で、食べた感想は・・・、そんなにお腹が空いてなかったので、普通に美味しいかなって(笑)。人気というかテレビが取材に行ったのは店内でたこ焼きをつまみのメインに酒飲めるという、そっちの感じがメインだったのかな。でも美味しいのは美味しいです。小ぶりなので女性でも大きな口を開けずに食べれると思うしイイんじゃないかな。また今度スターレスに行くときには持ち込みフードとして利用させて貰おうと思う。

|

[グルメ] サバ6製麺所 お初天神店(@ 大阪 梅田 曽根崎町お初天神通り商店街 2018年3月20日)

さぁブログ書くぞっ!って(笑)。

またもや10日以上更新をサボってしまった。結構シンドイのですよブログ書くのも。もっと気楽にやればいいんだけど。なので気楽にやる。BS-TBSのエイジアのヒートオブアモーメントの件で何か書くことを期待されているのかも知れないけど、泊まり勤務の連勤だったのでまだ観れてない。とりあえず録画してDVDRにコピーしてあって、またあとでゆっくり観る。その前にグルメレポ3連発行きます。

今日3/21(水)は春分の日で祝日、世間様の休みの日の勤務が多い私にしては珍しく公休。なのでその前日の昨日3/20(火)、泊まり勤務明けで心斎橋のロックバースターレスで「Wetton Mania 3」の企画会のような飲み会、のような企画会、のようなやっぱり飲み会(笑)で数名のお仲間と集まる予定になっていた。例によって心斎橋まで行くのに自宅から2時間かかる私は、ちょっとした小旅行なのでこの機会に複数の用事というか楽しみを一気に楽しんでしまおうと、様々グルメを楽しむことにした。心斎橋に行く前に梅田でまずはディスクユニオン大阪店で猟盤開始。猟の成果は後でアレするとして、その後にお初天神通り商店街へ。前から目を付けていた、最近大阪で有名になりつつある、サバの出汁を効かせたラーメンを食べさせてくれるラーメン店、「サバ6製麺所」のお初天神店へ出撃。

Img_4700_640x480

本店は大阪福島だったかな。最近次々と支店を出店しているようで、このお初天神店もその一つ。

Img_4702_640x480

カウンターのみの小さなお店で、私が入店したのは16時頃という半端な時間だったけど、次々お客さんが入って来ていた。今回私が注文したのは、サバ醤油ラーメン+焼き飯のセット(950円)。

Img_4701_640x480

ラーメンは大盛りとかは無いけど、プラス150円で替え玉が出来るようだ。普段なら何でも大盛りサイズで注文するんだけど、このあと飲み会もあるし普通サイズで済ませる。

早速だけどお味の方は・・・、おぉ~、ハイハイ、分かる分かる、サバというか魚介の出汁が濃厚に効いている。麺は中太って言ったらいいのかな。もちろん美味しい。このスープの味はクセになる。スープを飲みだしたら延々スープを飲み続けてしまいそうな、それくらいの濃厚な美味さ。チャーシューは薄紅色の上品な色がイイ。しっかりスープに浸してペロンペロンにして食した。焼き飯も醤油で味付けしてあるのか、濃い目の味が美味しい。その意味では京都の新福菜館の焼き飯に近い。

ただ、このラーメンというかスープの味、私のショボイ味覚の、これまでのラーメン体験で言うと、これに似た味のラーメンを食べたことがある。東京で仕事してた頃に、東京で超有名店になった麺屋武蔵のラーメン、あの味を咄嗟に思い出した。もちろんだからダメとかでは無くて、それくらい美味しいという事。出汁の取り方も違うだろうし、決して同じでは無いんだろうけど、でも私の味覚で言うと似ていたな。いやなんか、「サバの出汁」ってキーワードが強く出ていたからどんなだろうと思って、味わったことの無い味なのかなとか思っていたので、その意味ではワタシ的には衝撃的とかでは無かった。東京の麺屋武蔵で美味しかったなぁって感じた、あの感じと同レベルの美味しさです。

あのスープの味はクセになるので、多分またしばらくしたら食べたくなると思うね。

|

より以前の記事一覧