2017年7月 4日 (火)

【Short Review 32】オール・フォー・ワン「ワールズ・ベスト・ホープ」(ALL 4 1 "THE WORLD'S BEST HOPE")

仕事が休みの日に限って雨模様であったり、とても疲れ切っていたり、また今日は台風が近付いていたりで休日恒例のウォーキングがここ一週間ほど出来ていない。足腰がナマってしまわないかと勝手に心配になったりもする。しかし無理にウォーキングせずに休んでたら体調も上向きで、タマには何もしない日があるのも悪くないと思ったり。それで、何もしない分はブログを書いておこうみたいな。ALL 4 1(オールフォーワン)をチャチャっとショートレビュー。

Img_3725_640x480

フロンティアーズレコーズ御用達の、アレッサンドロ・デル・ベッキオによる製作総指揮の今回のプロジェクトバンド。ロバートベリーに注目する観点から本作を購入。幻の第二期GTR、そして3(スリー)のメンバーであったロバートベリーが参加しているとあって、プログレ方面のファンとしては引っ掛かる。ギターはボストンのツアーでもギターを弾いていて2014年来日公演にも来ていたゲイリーピール。ヴォーカルはGIANTのテリーブロック。ドラムは最近のミスタービッグでパットトーピーに代わってドラムを叩いているマットスター。顔触れだけ見るとメロディアスロック好き方面からはとても豪華で、そして製作総指揮がアレッサンドロ・デル・ベッキオと来ればそれはもう期待せずにいられない。

数回通しで聴いてみた感想は、期待通り・・・というか、期待値を決して上回ってはいない(苦笑)。平均点な感じのメロディアスロックって感じ。レヴォリューションセインツのような、ジャーニーやナイトレンジャーのオイシイところを抽出したような、あからさまな突き抜け感を期待したんだけど、そこまででは無かったかな。発売に先立って公開されたリーダートラックの1曲目、After The Rainがなかなかの佳曲だったんだけど、それ以外の曲がそれ以上は突き抜けていなくて、あぁ~、次は? 次は?って聴き進めて行くうちに終わってしまって、う~ん、決して悪くないけど平均点・・・、って、そんな印象。敢えてロバートベリー贔屓の立場から言うと、ベリー単独作の曲が2曲収録されていて、このうち特にDown Life's Pageについては躍動感のあるメロディアスハードで、コレは結構イイ。ベリーやゲイリーピールが参加していたアライアンスで言えばEndless Nightのようなカッコ良さがあって楽しめる。あと、ゲイリーピール作のHero In Your Lifeはイントロのギターの感じからモロにボストンの感じで、デル・ベッキオもワザと狙ってプロデュースしたのかな?って雰囲気があってちょっと笑える。でも平均点(笑)。

期待値を上回らない平均点、とか言ってしまった後にフォローにはなってないかも知れないけど、決して悪くはないですよ。ヒマな時に天気の良い日にBGMとして気軽に聴けそうなメロハーとしてのお手軽感はあるし。あ、この言い方もフォローになってないかも(笑)。

|