2019年12月30日 (月)

【年末のご挨拶その②】2019年のライヴ参戦まとめ

2019年購入CDのBest7に続いて、2019年の年末のご挨拶その②だ。ライヴ参戦のまとめ。なんかここのところ年々ライヴへの参戦回数が減っていて、イイんだか悪いんだか。一昨年は6本昨年は5本、そして今年2019年は4本だったwww。田舎暮らしで交通不便、不規則勤務etc、ライヴ参戦が減った要因はいくらでもあるけど、そこはいつも前向きに捉えている。他にやらなければいけない自分の使命を果たした上での遊びだという事で、自分的にはむしろ充実の1年だったと言える。これは強がりでも何でもなくて。プライベートを音楽趣味だけに費やしてるわけでは無くてむしろ、音楽趣味に使ってる時間はプライベートの3~4割くらいなので。それでは早速2019年ライヴ参戦の振り返りを。詳細はそれぞれ貼り付けたリンク先の記事ご参照を。

2月20日(水) : YES

Img_5639-640x480

デビュー50周年企画の#YES50ツアーの一環での来日。2月の出来事なのでなんかもう既に遠い昔のことみたいな印象。生ける屍トニーケイの特別参戦もあってまぁまぁ盛り上がっていたね。あの時にも書いたけどトニーケイが登場してあんなに盛り上がるって時点で、今にして思えば特別なイベントだったんだなぁってwww。あんなに歓声浴びたことないだろトニーケイww。

この2月尼崎のイエス来日公演については番外編も小さく振り返っておくwww。

2月21日(木) : YES番外編

Img_5660-640x480

Img_5714-640x480

なんかライヴ本編よりこっちの方が印象に残ってたりなんかしてwww。2月で天気も曇りだったし寒かったんだよ。遭遇出来るかどうか何の保証もない大阪某所での張り込み、疲れるんだって。そんな中でも最高に印象に残っているのは、ハウ爺の、近寄ってくれるなオーラwww。まぁ仕方ない。ミュージシャンにとってはオフタイムだもんね。でも生ける屍(まだ言うかww)トニーケイはニコやかで優しかったよ、いっぺんに印象が良くなった。持ってるだけで全然聴いていないバジャーとかも聴かないとなwww。

2月21日(木) : TOTO

Img_5698-640x480

前日のイエスに続いて連日のライヴ参戦。この日は昼前から上記のイエス番外編で頑張ったから、TOTOのライヴ始まる頃には疲れていたっていうねwww。TOTOの40周年ツアーも本年で終了して、しばらくTOTOの活動は無いみたいだけど、また45周年とかでルカサー、ペイチ、スティーヴポーカロ、ジョセフのコアメンバーが健在であれば活動するんじゃないかな。それまで元気でいて欲しいね。

5月23日(木) : TODD RUNDGREN

Img_5996-640x480

正直、一番印象に残ってないんだけどww、でも一度は行っておきたかったトッドラングレンである。セットリストもベスト選曲で大満足だった。

12月4日(水) : U2

Img_6706-640x480_20191230202401

これはもう今年一番とかじゃなくて、生涯最高のライヴ体験だったね。生涯最高。何回でも言ってやる、生涯最高! あとはもう振り返りであれこれ言わない。上記リンクを見てちょうだい!

というワケで以上4本www。2020年の東京オリンピックを控えての会場改装等による会場不足問題もあって、外タレの来日自体が少々控えめだったのかなって気もするけど、それにしても少なかったかなww。SNSとかで繋がってる人の中には年間で何十本もライヴ参戦してる人とかもたまにいて、スゲーなぁって思うけど、それはもう人それぞれ。それを羨ましがってマネする必要なんかないし、その人たちがそれで充実の人生だって本気で思っているのならそれで良し。人のことを羨ましがって追随したところで、じゃあ誰の人生を生きてるの?って話になる。それはもはや自分の人生ではなくなる。LINEグループでお仲間と喋ってたんだけど、その人それぞれで生きて行く上で抱えている状況は様々。その状況の中で全力を尽くすしかないし、それこそが本当のリア充ってヤツだ。その状況の中で、選択と集中、これを私自身も実践してきたつもり。これだけは、ってライヴには金も時間もかけて、どうしようかな程度のヤツはパス。他に自分の命を使うべき事柄もある。アレもコレもはない。なので繰り返すけど、自分的には自分の命を使ってやり遂げた事柄も含めて、ライヴ参戦4本で大満足な1年だった。

来年2020年は、既に5月にドリームシアターとアイアンメイデンの大阪公演参戦が決定済。スティーヴハケットは5月で、私の「選択と集中」の取り組みでDTやメイデンで一杯一杯なので残念ながら選択漏れ、パスww。それ以外は全くの未定。来日してくれたらイイなぁって思っているのはTHE WHOとかロバートベリーとか、あとフランシスダナリー's IT BITES名義で再来日とか。あとサンズオブアポロ、スティーヴンウィルソン辺りは2021年くらいかな。

あと、イベント系で一部のリアルなお仲間の方々へ。「ジョンペインを救え」企画の関西版、「極上バラード会」企画、言うだけ言って未実施なのはちょっと申し訳ない。繰り返しになるけどアレもコレもはなかなか出来なくて(^^ゞ。私じゃなくて誰かが主催してくれたらイイんだけどwww。

最後に、拙ブログの話で恐縮だけど、アクセス数が多分2020年後半くらいには100万アクセスに達しそうな勢い。私の自分勝手なブログを読んで下さっている皆様には感謝しかない。それで100万アクセス突破の暁には、拙ブログ内で、拙ブログならではのちょっとした企画を検討中。有りそうでなかった、誰かがやってそうで誰もやってなかったと思われる、ある企画をやってみたいと構想している。場合によってはそれを次回のWetton Maniaイベントにも連携できればイイかなって。ということは、言うまでもなくジョンウェットン大先生絡みですwww。具体的にはまたその、100万アクセスを突破した時にお知らせ致します。

それでは皆様、本年も沢山のアクセスを頂き、本当にありがとうございました。また来年、面白おかしくブログ書いていきたいと思います。良いお年を!

|

2019年12月 8日 (日)

U2 2019年来日公演 初日(埼玉・さいたま) THE JOSHUA TREE TOUR 2019 (Dec 4, 2019 @ Saitama Super Arena SAITAMA)

こんなにも心に残るライヴが私の音楽趣味とライヴ体験のなかで未だかつてあっただろうか。思い出に残ってるライヴはもちろん一杯あるし、生涯ベスト3とかベスト5とかいって憚らないライヴ体験もある。しかし、ライヴが終わったあと数日経っても、思い出すたびに泣いてしまうとか、そんなことは無かったような気がする。1990年の「ジョンウェットン大先生のいるエイジア」という意味での初来日、2005年の浜田省吾のさいたまスーパーアリーナ、2012年のトリオUK来日公演2013年のポールマッカートニー来日公演2014年のムーンサファリの初来日公演7人編成で復活したキングクリムゾンの2015年来日公演2016年のキャメル来日公演、ここら辺りは生涯ベストいくつか、に入るし泣きながらライヴを観た記憶がある。しかしだ、終わった後も思い出すたびに泣いてしまうライヴはやっぱり無い。今回の2019年U2来日公演が初めてだ。

もうあの12月4日から4日も経ってしまった。U2参戦以降、有休と公休を組み合わせて勝手に冬休み4連休を取得してたんだけど、12/4当日はライヴ後の深夜に新橋で呑んでたし、翌日は夕方に京都に戻ってすぐに地域の所用で外出したり事務作業したり、翌々日は大阪日本橋へ伊藤政則氏の無料トークイベントに行ったりetc。何かと忙しくて、そもそも泊まり勤務明けで遠征したからモーレツに寝不足だったはず。その寝不足が本当に解消したのはそれこそ昨日くらい。そして勝手に冬休み4連休のDay4の本日、ようやく当日のU2来日公演初日の参戦レポを書いてみる。未だに感動の余韻から醒めてなくて、まとまりのない文章になるかも知れないし、あとになって書き足すこともあるかも知れないけどまぁそれはそれで・・・。いつものように私は音楽評論家じゃないので個人的な当日の行動記録レポ感覚で。

Img_6707-640x480

12月4日の朝、前日からの泊まり勤務明けで帰宅。ヒゲを剃って身なりを整えて、執拗にチケット所持忘れの無いように確認して、ご飯も食べずに直ぐに出立。京都駅から新幹線で一路、東京へ。さすがにお腹空いているので新幹線車中で軽く少なめのシースーを食べて、寝不足を少しでも解消しておくために寝酒のつもりで缶の酎ハイを呑む。寝ようかと思ったらさすがアラフィフ、酎ハイ呑んだせいで逆にトイレが近くなりそれが気になってなかなか寝れずww。東京に着くちょっと前に15分くらいウトウトした程度で東京着。新橋へ移動してカプセルホテルにチェックイン。そのあと埼玉に向かう前の腹ごしらえの記事は前回エントリーのむさしやの記事でwww。

16時30分過ぎ、さいたま新都心駅に到着。さいたまスーパーアリーナ、2005年の浜田省吾以来だから14年振り。懐かしいというよりもう全然会場周辺の記憶がない。実質初めて来たみたいな感じ。物販は13時ごろスタートで、むしろこの16時半ごろになると空いていて余裕で購入出来た。

Img_6681-640x480

いやいや、購入出来たってサラッと言ってるけど、前日の時点では「高ぇーよ、ダセーよ」とSNSやLINE仲間で文句言ってたその舌の根も乾かない現場で、平然と物販購入に1万円使ってしまった私は絵に描いたような変節漢であるww。購入したグッズは後ほど。それから今回一緒にチケット取って参戦する大阪の上**さんと待ち合わせまで時間があったので、別口で参戦されていた徳島のK社長と合流してしばらく立ち話。開場時間過ぎた18時30分過ぎ、上**さんと合流して入場。超メジャーなアーティストのライヴだし事前の注意事項やセキュリティが厳しいみたいだったんだけど、我々スタンド貧民席はボディチェックとかは無かった。しかし呑みかけのペットボトルの水はあえなく回収されてしまった。厳しいのソコ?みたいなww。

ほぼ定刻19時30分、まずはメンバーがセンターステージに登場。ヨシュアトゥリー以前の代表曲オンパレードで盛大に開演。ここからはセットリストに沿って、一部アイホンで撮影した動画や写真を挟みながら掻い摘んでコメント入れる。

Img_6694-640x480

Sunday Bloody Sunday
I Will Follow
New Year's Day
初期といえばここら辺だよな。お祭り騒ぎで盛り上がる感じとは違って、この切迫感を感じながら盛り上がる感じはU2ならでは。

Bad
私の大好きなBad。この時点で感涙だ。エッジも言ってたよね。この曲はライヴバージョンがイイ。「焔」の20周年盤のボーナスディスクに入ってるライヴバージョンは普段からへヴィロテだ。それが生で聴けて感激。ちなみにデヴィッドボウイのHerosの一節を歌ってたんだって? Badを演奏してくれたこと自体に感動していて気付かなかったよww。

Img_6701-640x480

一部だけどアイホンで動画撮ったので貼っておく。

Pride (In the Name of Love)
Badの感動冷めやらぬうちに続けて本当に大好きなPride。なんという最高の流れ。この曲のライヴ映像が収録された「魂の叫び」はそれこそ発売当時のVHSビデオテープを擦り切れるほど観たよ。あのRUTTLE AND HUM「魂の叫び」、映像&音源でデラックス盤とかにして出してくんないかな。89年のLOVE COMES TO TOWNツアーでの来日公演で大阪城ホールに観に行ったんだけど、あの時もプライドをライヴで聴くのが一番楽しみだった。そしてそして、曲後半の「オッ、オオオー」の掛け声の合唱を会場全体で繰り返す中、そのままあのイントロへ。涙腺崩壊だ。その時の映像も一部だけど録ったので貼っておく。

ダメだ、いま見ても泣きそうになる・・・。そしてそして、ヨシュアトゥリー全曲演奏へ。Bad~Prideからこの流れで来るか?
震えるほど感動した。

THE JOSHUA TREE

Where the Streets Have No Name
どうしようか迷ったんだよ動画録るの。録ってる暇があったらちゃんと肉眼で観ろよ、って自分でも思うし。でも・・・、この通りwww。

ダメだダメだダメだ、何度見ても泣く。やっぱり録っておきたかった。一部だけど録っといて良かったよこの動画。この曲の素晴らしさは世紀を超えて伝わっていくだろう。22世紀も23世紀も。それほどの名曲だ

Img_6709-640x480

I Still Haven't Found What I'm Looking For
シングルでも全米1位を獲得した超有名曲。言うまでもないが会場全体がゴスペル隊と化す。サビの部分、私も大観衆2万人のゴスペル隊の一員として、それはそれは気持ち良く合唱させて頂いた。心が洗われるよ。

Img_6711-640x480

With or Without You
ヨシュアトゥリーからの1stシングルでいきなり1位を獲得して、超スーパースターへの駆け上がったよね。これもサビの部分、合唱した。一緒に歌える名曲があるってホントに素晴らしい。

Img_6712-640x480

Bullet the Blue Sky
図らずも今ツアーにおいて、というか発売から30年以上も経った現代においても重要な位置付けとなったこの曲である。世の中で真の平和と平等を我々人類が勝ち取る日まで、重要であり続けるであろう。語弊があるかも知れないがこの曲が必要でなくなる日が来ることをU2も願っているに違いないと、そう思っている。
Running to Stand Still
Red Hill Mining Town
Red Hill Mining TownはWhere the Streets Have No Nameの次くらいに大好きな曲。ヨシュアトゥリー全曲演奏だけに、当たり前のようにセットリストに入っているのは嬉しい。これもサビ、大合唱したよ。多分音痴だったと思うけどww。いや以前にこの曲をカラオケで歌ってグダグダだったことがあってさ(^^ゞ

Img_6717-640x480

In God's Country
Trip Through Your Wires
One Tree Hill
Exit
Mothers of the Disappeared
ヨシュアトゥリー後半バッと端折るけど、どの曲も散々聴いてきた曲。もう放心状態で聴いていた。

Angel of Harlem
ヨシュアトゥリーのセットの最後でRUTTLE AND HUM「魂の叫び」から。当時のヨシュアトゥリーツアーのドキュメンタリー映画からの曲なわけだから、ヨシュアトゥリーの一部と解釈するのは自然である。演奏してくれたのはありがたい。

以上、ヨシュアトゥリーセットが終わってアンコールが始まる時、この12月4日のステージで事前に何かU2から世界にお知らせが発表されるという話であったが、U2Radioを立ち上げるとの発表。

Img_6728-640x480

Encore:

Elevation
ここからアンコール。今度はヨシュアトゥリー以降の有名曲の連打連打!

Vertigo
コレ最高だね。ライヴで体験してみたかった。ギターリフがカッコ良過ぎる強烈なロック。ノリノリだ。このアルバムが出た時、ガッツポーズだったもんね。今でもこのアルバムは好きだ。タイトル長いので書かないけどwww。

Img_6734-640x480

Even Better Than the Real Thing
Every Breaking Wave
Beautiful Day
この曲の高揚感がタマらない。これ、アリーナにいたらもっともっと個人的にも盛り上がれただろうなぁ。

Img_6735-640x480

Ultraviolet
Love Is Bigger Than Anything in Its Way
最新作から。正直あまり聴き込んでなかった。ライヴで改めて聴いてから、家で、あるいは外出時にアイホンで繰り返し聴いてる。愛に溢れた名曲だ。

One
最後はやっぱりこれだよね。

Img_6739-640x480

スマホライトで照らされた会場は素晴らしい眺め。相変わらずスマホライトの点け方を知らないんだよwww。なので眺めて撮影ww。

Img_6741-640x480

Img_6743-640x480

Img_6744-640x480

日本、ありがとう、って感じでエンディング。いやいや。こっちがアリガトウだよ。夢のような時間空間だった。繰り返して言うけど感動的だった。そしてその感動がアレから数日たっても未だに醒めない。思い出すたびに泣きそうになる。

あまりU2の音楽を政治的側面をアレして捉えるのは好きではないし、そんな主張をするつもりもない。ただ、U2の音楽が、ライヴがここまで人の心を捉えるのは、それはU2が何かと闘い続けている一つの証左でもある。闘い続けているから人の心を捉え続けることが出来るのだ。だからいつまでも感動の余韻が残る。今回の来日公演で、あの巨大スクリーンにわざわざ日本語でメッセージを表示していた。曰く、

「全員が平等になるまで誰も平等ではない」
「愛は行く手を遮る全てを凌駕する」

愛だの平等だの、恥ずかしげもなく主張してしまえるこの感性、失ってる人が多いんじゃないだろうか特に日本。政治がどうとか右ウイングとか左ウイングとか、そんな小さな話ではない。そういう次元で主張して音楽やってるのではないと思うよU2は。ましてや普段、なにか政治や政権への不満をSNSでつぶやいて、自分では1ミリも行動せずに正義感ぶってるバカなSNS民ども、ここに自分の音楽活動を通じて1ミリでも現状を変えようと闘っているアーティストがいることを肝に銘じるべきだ。政治行政や政治体制では無くてもっと、人類にとって普遍的なもののために闘っているのだ。U2の音楽やライヴが人の心に深い感動を与え、捉えて離さない強烈な魅力を放っているのは、闘っている姿勢が音楽を通じて人の心に響くからだ。ただ単にメジャーなバンドが巨大なスクリーンや巨大なステージセットを使ってライヴするから、そのスケール感が凄いよネ的な、そんな下らない話ではないのだ。メジャーなバンドだから興味が無いとか、スタジアムクラスのメジャーバンドのライヴはミュージシャンの姿がどうせ米粒くらいにしか見えないから観に行かないとか、チンケなこと言ってる人もSNSで見かけた気がする。そんな言い方せずに、ただ単にU2に興味が無いと言うとか、黙ってスルーしてればいいものをww。どんな音楽を聴こうが聴くまいが、どんなライヴに行こうが行くまいが、そりゃご本人の勝手だし構わない。でもそういう観点で大事なものを見失ってるとしたら可哀想だなと思ってしまう。

あっそうそう、最後に物販購入の話だ。何を買ったかっていうと・・・、

まずはパンフレット3500円。高いと思うなかれ。これズッシリ豪華で中身が濃い。

Img_6779-640x480

Img_6780-640x480

しかもわざわざパンフ文中の英文の日本語訳ブックレットまで付いている。まだ読んでないけどww。

Img_6781-640x480

Img_6782-640x480

Img_6783-640x480

それから折込だけどポスターも。

Img_6784-640x480

Img_6785-640x480

それからTシャツ。色がダセぇと前日お仲間と言っていたのに、現場で現物見た途端にカッケェ~と、コロッと気が変わって4500円お買い上げ~。

Img_6798-640x480

Img_6799-640x480

更に、パンフとTシャツを入れる入れ物が無いじゃないかと思って、トートまでwww。

Img_6800-640x480

音楽産業は消費されていく。消費物には消費期限がある。しかしだ、U2の音楽には賞味期限も消費期限も無い、その事が今回改めてはっきり分かった。理由は上で述べたとおり。だから30年以上前の作品を完全再現するという、見ようによっては後ろ向きと思う人もいるであろう活動に、ここまでの血の通った生気と躍動感と、そして観る者聴く者に与える深い感動が宿るのだ。もう一回言おう、ヨシュアトゥリー、22世紀も23世紀も、世紀を超えて伝わっていくだろう。

|

2019年12月 2日 (月)

U2 「ヨシュア・トゥリー 30周年記念盤~スーパーデラックス 4CD」(U2 "THE JOSHUA TREE 30TH ANNIVERSARY EDITION SUPER DELUX CD BOXSET") レビュー① ボックス仕様編 & ライヴ・アット・マディソン・スクエア・ガーデン(THE JOSHUA TREE LIVE AT MADISON SQUARE GARDEN)編

あっれー、拙ブログでU2取り上げたことなかったっけぇ~。タグ探したけどなかったなぁ。じゃあ初めてなんだww。明後日12/4いよいよU2来日公演だ。それに合わせてU2休暇を取得したwww。明日泊まり勤務に出勤して、あさって朝帰宅したらそのまま東京へ向かう予定。夏休みも年末年始休みもGWも無いんだから、こういうところで少しはまとまった休暇を取るのだ。

本日の公休は天気が悪くて、雨はそんなに酷くないけど空がずっと鉛色。ウォーキングも出来ず、午前は散髪、それからドリームシアターの2020年来日大阪分のチケット先行抽選に応募、あと今週はアイアンメイデンの2020来日大阪分のチケット先行抽選にも応募予定。頭ん中は金策で一杯。U2埼玉スーパーアリーナで遠征するからその金も必要だし。今日は夜はまた地域の所用で外出しないといけないのでゆっくりできるの昼間だけ。U2来日気分を盛り上げるために少し急ぎ気味でチャチャっとU2ネタでブログ書く。

いつものように買ったきり未開封だったU2のヨシュアトゥリー30周年盤デラックスBOXを来日記念で遂に開封www。

Img_6642-640x480

発売されたの2017年だから購入から2年も物置に寝かせていた。来日が無かったらまだまだこのまま寝かせていたかもな。ワインじゃねぇんだから熟成とかないぜ全く。とにかくこのLPサイズのBOXは扱いが大変だ。開封もなかなか面倒。それも買ったきり未開封の要因だww。まずはボックス仕様から。

Img_6649-640x480

LPサイズのスリップケース型になっていて、中身も全部LPサイズ。ハードカバーの分厚い写真集。多分これっきり見ない可能性ありww。

Img_6652-640x480

Img_6654-640x480

これまたLPサイズのフォトプリント。

Img_6651-640x480

最初、CD4枚がどこにあんのか分かんなくてよぉーww、真剣に探したよ。LPサイズのブックレットが入ってるLPサイズの三つ折りケースの真ん中に入ってたよwww。

Img_6650-640x480

めっちゃ端折ってるけど、BOX仕様は以上www。CD4枚については今回まずは来日公演直前という事で、CD2枚目の1987年マディソンスクエアガーデンでのライヴ盤から。記事エントリーのタイトルは例によってレビュー①とか言ってるけど、レビュー②があるかどうかは気分次第だ。我ながら多いなこういうパターン。イイんだよ売文屋じゃないんだから。何を書こうが書くまいが私の勝手。改めて収録内容は以下。

ライヴ・アット・マディソン・スクエア・ガーデン(THE JOSHUA TREE LIVE AT MADISON SQUARE GARDEN)

Where The Streets Have No Name
I Will Follow
Trip Through Your Wires
I Still Haven't Found What I'm Looking For
MLK
Bullet The Blue Sky
Running To Stand Still
In God's Country
Sunday Bloody Sunday
Exit
October
New Year's Day
Pride (In The Name Of Love)
With Or Without You
Party Girl
I Still Haven't Found What I'm Looking For
"40"

ヨシュアトゥリーが世界的に大ヒットして、神々しさが頂点に達した時期のライヴなので、セットリストはヨシュアトゥリー中心に、それ以前の代表曲交えて。今回の来日公演もこれらの曲が演奏されるわけだから予習にももってこいだし、全盛期のライヴの記録としても十分に楽しめる。オフィシャルだけあって当然音質も完璧。オープニングのWhere The Streets Have No Nameはいつ聴いても素晴らしい。また、このMSG公演ではI Still Haven't Found What I'm Looking Forがゴスペル隊との共演になっていて感動的。あと、ヨシュアトゥリー曲ではないけど、Prideでの客を巻き込んだ盛り上がりは音を聴いてるだけでも感動的だ。あと個人的にはこれにBadがあれば最高だ。そのBadも今回の来日公演できっとセットリストに入ってるだろう。Bad、Pride、ヨシュアトゥリー全曲、更にそれ以降の代表曲が演奏されると思われる今回の来日公演は生涯の思い出に残る公演になると信じている・・・、なぁ~んて書いていたらやっと気分が盛り上がって来たよ。何しろ私の場合、何かと忙しくて余裕を持てないというか、それは器が小さい証拠なのかも知れないけどww、1ヶ月先どころか1週間先のことを考える余裕も無くて、いつも明日明後日くらいの事で一杯一杯だから、なかなかU2来日で盛り上がることが出来なかった。そんな事もあってようやく開封した本BOXセット。ちなみにメイン?となるCD1枚目は何の事は無い2007リマスターとの事。30種年記念というか2017リマスターは6曲のみ。2007リマスターならそれこそ10年前にデラックス盤購入してさんざん聴いた。その時は中低音が豊かになった分、オリジナルの透明感が損なわれた感があった気がする。そんなことをブログ書いた気がしてたんだけど、過去記事振り返っても記事無いんだよな。いちおう87年当時のCD米盤、2007年盤、そして2017年デラックス盤とせっかく揃ってるので、また気が向いたら、気が向いたらなwww、改めて記事書くかも。

Img_6648-640x480

ともあれ2019年来日公演、楽しもうではないか!

|