« コレコレ、こういうのが欲しかった! | トップページ | ASIAの到達点 »

2006年10月21日 (土)

これこれ、こういうのが欲しかった!②

今週また猟盤しました。これ。

Yes "Wonderous Master"

061021yesboot 某店某レーベルのBootです。

77年9月、Going for the oneアルバム発表時のアメリカツアーよりロングビーチ公演。この77年ツアーからは以外に良好音源がないことで知られているがこれはイケてます。ずいぶん前に77年12月ヨーロッパツアーだったかの、"Moments Delight"っていうのが結構聴きやすい音質で所有していたが残念なことに明らかにピッチが低いという代物だった。本作は某店の宣伝文句どおり、出だしこそちょっと微妙かなと思ったが、1曲目途中からは各楽器のバランス、分離も申し分なく、もちろんピッチも正常、"Moments Delight"より上いってます。ZeppelinのTaperで有名なマイクミラードの録音と言われているが、そんな宣伝文句もすんなり信じてしまうくらいの素晴らしい音質です。前回紹介した "Handle With Care"が71~72年黄金期最強メンバー時の決定版だとしたら、本作は77年の決定版といって差し支えないのではないだろうか。もちろん演奏も言うことないし77年ならではの充実したセットリストも最高だ。

今回もおまけあり。"Close To The Edge"の初期プレス盤のレコード起こしのCDR付き。他の同作CDと比較したわけではないので分らないが確かにふくよかな音に感じる。

ともあれ、某店某レーベル、私的には絶好調ですねぇ。これからも期待しています。

それと、この77年も正規にライブレコーディングしているはずだよねぇ。オフィシャルで出してくれないかなあ・・・。

|

« コレコレ、こういうのが欲しかった! | トップページ | ASIAの到達点 »