« 76年、BB入りジェネシスの初登場SB音源 | トップページ | エイジア2008英国ツアー、ライブ音源(Mar 9 , 2008) »

2008年3月 1日 (土)

YES最強編成期の初登場ライブ音源

久しぶりにアンダーソン、ブルッフォード、ハウ、スクワイア、ウェイクマンの最強編成YESのライブ音源が発掘された。Forgotten Yesterdays にもライブ音源の詳細は記述されていないから初めて出回る音源だろう。

● 1972年3月15日 Inglewood, CA, USA

一昨年くらいだったか、このブログでも紹介した 71/11/24 や 72/3/17 の優良音源が発掘されたが、それ以来のなかなかの優良音源だ。会場はツェッペリンのライブなんかで有名な Inglewood Great Western Forum。ブラックサバス等とのカップリングだったようだ。したがってセットの内容は約1時間くらいのショートセットだったと思われる。入手音源のトラックリストは以下。

①Firebird Suite ②Roundabout ③Heart Of The Sunrise ④Perpetual Change ⑤I've Seen All Good People ⑥Yours Is No Disgrace

④と⑤の間にカットあり。完全収録ではなく実際にはハウのソロなんかも演奏されたんではないだろうか。

AUD音源で音質は例によって出だしが少し不安定に感じるが、②途中からはそのまま最後までストレスを感じることなく聴き通せる。この時期としては非常に安定した音質。ブルッフォードの切れのあるドラムから派生するグルーヴは氷の上をすべるようであり、この時期のYESの最良のパフォーマンスを堪能できる。特に③と⑥の出来は秀逸。

初登場音源とあって資料的価値もあるが音質、内容の良さは Fragile ツアーの新たな定番音源になるだろう。

|

« 76年、BB入りジェネシスの初登場SB音源 | トップページ | エイジア2008英国ツアー、ライブ音源(Mar 9 , 2008) »