« ASIA PHEONIX TOUR 2008 SPECIAL BOX SET | トップページ | YES、ASIAのアナログ収集 »

2008年12月13日 (土)

72年YES、FRAGILEツアー高音質音源

そういえば2ヶ月くらい前に入手していた今回紹介の音源、ブログにUPしようと思っているうちに忘れていた。西新宿の某ショップから今週ブートで出たようで、その案内を見て思い出した。タイミングから見ておそらくそのブートもこの音源から作ったのだろう。別にその某ショップのまわしもんではないので、あまり参考にはしないで欲しいですがまあ個人的感想ということで読んでもらえれば。

● 1972年3月16日 Tucson, AZ, USA

アメリカツアーはアリゾナ州ツーソンでのライブ。この前日3/15の音源も半年くらい前に入手していたな。コレ(↓)。

https://hcdb.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_df38.html

その翌日って感じ。音源の内容は以下。

①Roundabout ②I've Seen All Good People ③Mood for a Day ④Clap ⑤Heart Of The Sunrise ⑥Rick Wakeman Solo ⑦Long Distance Runaround ⑧The Fish ⑨Perpetual Change

Forgotten Yesterdays によると実際には⑨の後、最後に 'Yours Is No Disgrace' も演奏されたようだ。①はカットイン、⑤の途中でカットあり。

この時期のライブは、なんだろう、やっぱり他の時期とは違うケミストリーがある。やはりブルッフォードのシャープなドラミングが大きいのか。繊細かつ滑らかなスピード感も伴う素晴らしい演奏が堪能できる。①、⑤は出色の出来。

音質は3/15音源と並んでかなりの優良音質。元音源にリマスターを施したらしく、ストレス無く聴ける。これもブルッフォード、ウェイクマン入り最強編成期の定番音源になるだろう。

|

« ASIA PHEONIX TOUR 2008 SPECIAL BOX SET | トップページ | YES、ASIAのアナログ収集 »