« チャンプリン・ウィリアムス・フリーステット 「シー・ダブリュー・エフ」 (CHAMPLIN WILLIAMS FRIESTEDT "CWF") | トップページ | 【Short Review 18】大滝詠一 「デビュー・アゲン」 (EIICHI OHTAKI "DEBUT AGAIN") »

2016年3月26日 (土)

ザ・シン・ウィズ・ムーン・サファリ 「トラストワークス」 (THE SYN "TRUSTWORKS")

民間人として会社組織で仕事をしていると、それが責任ある立場であればあるほど必ず直面する悩みってものがある。数字を追及するために気持ちとか心とかを犠牲にしなければならない場合があったり。曲がりなりにもそういう「立場」ってのを経験してきた私は、世の中の様々に話題になる事象について、一般の立場から湧き上がる批判や怒りの声も分かるんだが、その反面で批判覚悟でそうせざるを得ない苦しい胸の内を抱えて事を進めなければならない立場の人がいることに結構同情的になったりする。上から目線で申し訳ないが部長の辛さは部長にしか分からないし取締役の辛さは取締役にしか分からない。社長の辛さは社長にしか分からない。その立場で闘ったことの無い人は何とでも言うもんである。なので論理の出発点の正邪をしっかり見極める目を養う意味で何歳になっても読書したり地域でいろいろ関わったりして学ばなければならない。

オッと、話が壮大にズレてしまったが、売る側の数値目標達成の為の努力が見え見え過ぎてコノヤロウと思いつつ、そっち側の方々も大変なんだろうなと思ってしまったのが掲題のザ・シンの新譜である(笑)。ウィズ・ムーンサファリ(笑)。分かる、分かるよ。一応ムーンサファリが制作に深く関わっているから、ザ・シンの新譜なんだけども日本国内ではザ・シンとしてよりもウィズ・ムーンサファリって表記してしまった方が売上UPのためには明らかに効果的である。現にこの私も「ウィズ・ムーンサファリ」表記にホイホイ釣られて予約購入してるんだから(笑)。

Img_2188_640x480

ザ・シン、イエスの前身バンドとしてクリススクワイアとピーターバンクスが在籍していたことでイエスファンの間で有名というか、逆にイエスのマニアしか興味を持たないであろうこのバンド、2000年代になって復活して現在も細々と活動中である。しかしイエスマニアの私でさえ最早コレクションの対象ですらなくなっている。だって今はピーターバンクスもクリススクワイアも逝去して居ないんだから。なので復活時の過去音源&クリススクワイア参加の新録のCDはコレクションとして購入したけど(↓)、

Img_2191_640x480

それ以降はスルー状態。上記CDでさえ、正直退屈な英国ビートミュージックで今回ブログの為に取り出すまではCDラックの肥やしになっていた。ラックの何処にあるのか探すのも大変だったくらい。その後はフランシスダナリーとそのバンドメンバーをバックに作品制作をしたりしていたそうだがそれもスルー、そして今回の新譜である。事前のPVを聴いたらムーンサファリ色が出てる気がしたので益々期待値が高くなり大喜びで聴く前から歓喜してフラゲ。早速全曲レビューするつもりで聴いてみた。

ん?、いや次、ん?、いや次こそは、ん?・・・と思っているうちに聴き終わってしまった。

いやちょっと待て、最初の一回はウォーキングしながら聴いたから、ちゃんと落ち着いて聴けば奇跡が起こるかも知れないと思い、もう一度じっくり部屋で聴いた・・・。

その結果・・・、全曲レビューは断念(苦笑)。期待値が高すぎた。ムーンサファリの2014年の単独での初来日公演、アレは本当に素晴らしかった。私の生涯ベスト5に入るライヴだったと思う。次なる新譜が期待される中での今回のザ・シンの新譜への参画、自分で勝手に「コレは実質ムーンサファリの新譜に値する」と天にも昇らんばかりに期待し過ぎてしまっていた。そんな自分が悪いのだ・・・。

コレはもう普通にザ・シン。フラワーキングスのヨナスレインゴールドとムーンサファリが色付けをしているのはハッキリ分かるものの、残念ながらスティーヴナーデリの歌うメロディラインに豊かさや色彩感が乏しい。なので折角のムーンサファリサウンドの色付けが役に立っていないというか効果を表していない。ムーンサファリ目当てで聴くと非常に残念な音楽になってしまっている。速やかに自分の頭の中で「コレはムーンサファリの新譜では無い」という当たり前の事実を再認識しなければならない。でないと納得がいかない(笑)。

ザ・シン、あるいはスティーヴナーデリのことが好きで好きで仕方ない人には申し訳ないのだけれど、スティーヴナーデリの歌うこの突き抜けきらない素朴過ぎるメロディ感覚がどうしても私としてはハマらない。声質は悪くないというと言い方は失礼だが、歌い方次第ではジョンウェットンクラスの良い声をしていると思う。だけども歌メロにセンスが無いのか、せっかく良い曲を作ってもメロディに煌めきが無い。歌メロが地味だからスティーヴナーデリの声もただの地味声にしか聴こえない。歌メロに煌めきがあると一躍ジョンウェットンクラスのヴォーカリストになれる気がするんだけどな。国内盤ライナーを読んでいると、どの曲だったかハード目の曲で言うに事欠いて、エイジアのような曲、などと書いておられて、ライナー書く人も大変だなと同情してしまった。

ここまで言って最後にフォローするのも変だが、唯一良かったのは14分超えのラスト曲Seventh Day of Sevenの後半4分くらい延々と続くギターソロ。この地味な冴えないヴォーカルが無いところでムーンサファリのギタリストが奏でるギターソロ部分は素晴らしい。絶品のメロディとアレンジである。これが無ければ近日中に中古屋さん行きになるところだった。このラスト曲の絶品ギターソロは持っていたいと思えるので当面手放さないだろう。

ということで、ムーンサファリの新譜はヒムラバッケン2とかになるのかな。今回のザ・シン(ウィズ・ムーンサファリ)を聴いた人ならば、サファリの純粋な新譜への渇望感が大いに増幅するという二次的効果をもたらしたという意味で、国内レーベルさんの「ウィズ・ムーンサファリ」大作戦はもしかしたら成功したのかも知れない(笑)。

|

« チャンプリン・ウィリアムス・フリーステット 「シー・ダブリュー・エフ」 (CHAMPLIN WILLIAMS FRIESTEDT "CWF") | トップページ | 【Short Review 18】大滝詠一 「デビュー・アゲン」 (EIICHI OHTAKI "DEBUT AGAIN") »