« パット・メセニー・グループ 「ファースト・サークル」 (PAT METHENY GROUP "FIRST CIRCLE") | トップページ | ESQUIRE "ESQUIRE" »

2016年6月25日 (土)

イット・バイツ 「イート・ミー・イン・セントルイス」 (IT BITES "EAT ME IN ST.LOUIS")国内初版CDサンプル盤

元イットバイツのフランシスダナリーが、イットバイツ時代の曲をセルフリメイクした新作を完成させた。既にサイトでは発売されていて、国内盤も追ってリリース予定との事。合わせて本年11月には来日公演も決定し、フランシスダナリー及びダナリー在籍時のイットバイツ初期3作が改めて脚光を浴びる年になりそうである。なのでこのタイミングで私もイットバイツを取り上げてみたい。

私のイットバイツのリアルタイム体験は80年代後半、2ndのワンスアラウンドザワールドだった。当時はすっかりオールドファッション扱いのプログレをチョイお洒落にポップに響かせつつも、14分の大作も含まれた、しっかりした演奏技術と作曲能力が感じられる作品として一部で評判になっていたので、試しに買ったのであった。聴いて感じた印象は、あくまでも当時の感覚の話ではあるが、すっきりした音像で、悪く言えば軽くて、正直それほどインパクトは感じなかった。それはイットバイツの問題ではなく、私自身の聴く耳の問題だったんだと思う。その頃の私は80年代のエイジア、イエス、GTR、EL&Powellのヒットを受けて、そこから70年代へ遡って、後追いで70年代プログレにハマり始めてた頃だったから、その趣向で聴くと、やはり少し物足りなく感じたのであろう。

そんな中で89年に発売されたのがこの3rd、イートミーインセントルイスである。

Img_2494_640x480

イエスがトレヴァーラビン主導のハードポップ路線のビッグジェネレーターで、90125に次いである程度のヒットを記録すると、私の周りではこのビッグジェネレーターが一つの基準のようになって(あくまで当時の話)、ワールドトレイドの1stや、今回取り上げるイットバイツの3rdの比較対象として語られてた気がする。曰く、ビッグジェネレーターに似てるね、って感じで。当時バイトしてたCDショップで、店長さんもそのような事を言ってて、私も同意していたものだ。上にも書いたように当時は2ndもそれほどインパクトを感じなかった中ではあったが、それに反してこの3rdは私の中でも要注目として発売を楽しみに待っていた。理由はとても調子の良いものである。その理由とは、ABWHを始動させてヒットさせた策士マネージャーのブライアンレーンが、イットバイツの3rdからマネージメントを買って出たこと、これが注目した理由である。マックというしっかりしたプロデューサーを起用し、バンドロゴやジャケットはロジャーディーンの起用と、イエスの新時代後継をイメージさせるような戦略展開にすっかりしてやられた私であった。CDショップのバイト店員だった私はレコード会社のセールスの人にサンプル盤をおねだりして、頂いたのが上記写真の国内初版CDのサンプル盤である。国内盤は海外とは曲順が違っていたのか、1曲目はシスターサラであった。

Img_2454_640x480

何しろイエス後継の意味合いも込めて注目していただけに、この盤を本当によく聴き倒した。2014年にフランシスダナリー在籍期の作品がボーナストラック入りリマスター紙ジャケの決定盤として発売され、この3rdはかつての海外盤に準拠した曲順になっていたと思う。

Img_2495_640x480

私はこういったリマスター再発紙ジャケで決定盤!みたいなのが出た時には、原則として旧規格盤はホイホイ中古屋さんに売り飛ばしてしまうんだが、この3rdの国内初版サンプルCDは未だに手放せない。なんとなく当時の思い出と、曲順に対する思い入れが出来てしまって、今でもシスターサラから始まる曲順じゃないと聴く気がしないのである。シスターサラの勢いあるハードな曲での始まりは、前作とは打って変わった印象で、その印象が強く脳裏にインプットされたまま最後まで聴いてしまう。だからこそ、スティルトゥーヤングトゥリメンバーのメロディアスなポップ感覚や、リービングウィズアウトユーの静謐な美しさも際立って感じられる。結果、プログレ的曲展開よりもかなりストレート&ハードに振れた作品イメージが、当時バイトしてたCDショップの店長も私もビッグジェネレーターに似ている、っていう当時なりの感じ方になったのであろう。

策士ブライアンレーンが売り出しにかかったからには、さぞかしABWHと抱き合わせにして、売れるに違いないし、イットバイツの前途は洋々であると思っていたんだが、こちら側の希望など関係なく、また期待したほどは大ヒットはせず、フロントマンのフランシスダナリーが脱退して、バンドは終焉を迎えるという悲しい末路となってしまった。

それから10年以上を経て、2000年代になってスーパーバンドKINOでジョンベックとジョンミッチェルが意気投合でもしたのか、ジョンミッチェルをフロントマンに迎えてイットバイツが再編された。改めて初期3作の楽曲群を演奏したライブ盤を聴いて今更ながら2ndの楽曲が気に入ったというか、プログレッシヴ・ポップ・ロックとしてのクォリティの高さに気付いたのは、その間に多くの様々な作品を聴いてきたからだろう。今になって80年代後半当時の自分の趣向を抜きにすると、俯瞰して正当に評価できるようになったというか。今では一番よく聴くのは2ndのワンスアラウンドザワールドになっている。

しかし、フランシスダナリー在籍時の初期イットバイツの、その末路まで含めての思い入れ込みで、この3rdの旧規格のサンプルCDが未だに大好きである。この3rdの後、脱退したフランシスダナリーが91年に発表したソロ1st、これも当時は待ちに待った発売であったが、それはまた別稿としたい。

|

« パット・メセニー・グループ 「ファースト・サークル」 (PAT METHENY GROUP "FIRST CIRCLE") | トップページ | ESQUIRE "ESQUIRE" »