« Wetton Mania 4 at Rock Bar STARLESS (Jul 14, 2019 @ OSAKA) | トップページ | [グルメ] とくら 京都三条店(@ 京都 烏丸御池 2019年8月1日) »

2019年8月 3日 (土)

YES THE ROYAL AFFAIR TOUR ライブ音源(Jul 24, 2019 @ Phoenix, AZ USA)

3週間近くもブログ放ったらかしにしてやったぜ、ブハハハハ。なんかね、すごく気持ちが疲れていて、なんだろう、Wetton Mania 4が終わったあと何もする気にならなくて。お仲間とのジョンウェットン大先生曲のスタジオセッションと、マニア4が別立てで同時並行になってしまったもんだから、物凄く気疲れしてしまって。いろいろお仲間に準備を分担して頂いたりしたんだけど、やっぱりね、主催する者ならではの気苦労ってあるからね。いつもはそれでも終わった後の爽快感みたいなのが残るから疲れも半分吹っ飛ぶ感じなんだけど、なんか今回はいろいろ疲れてしまったよ。しばらくなんもしねぇから(苦笑)。なのでブログも更新する気にもならなかった。仕事じゃねぇんだからイイだろそんなもんな。

それで久しぶりのブログ更新は掲題の、6月半ばから約1か月半に渡って実施されたイエス、エイジア、ジョンロッジ、カールパーマーELPレガシーのジョイントツアーの終盤7/24アリゾナ州フェニックスのライヴ音源について。音源はその4バンド全て揃ってるんだけど今回はイエスの音源のみを取り上げる。ちなみにこの音源は全て、あるお仲間が日本からアリゾナまで飛行機で遠征して参戦された時に実況録音(コラーーーッ!笑)された音源をコピーして頂いたものである。今どきのオーディエンス録音だけに超高音質。同ツアーのエイジアは以前にネットで入手した初日音源を取り上げていたので今回は割愛。

Img_6202-640x480

本ツアーではリレイヤーの錯乱の扉をクライマックスに持って来ているところが一つのウリになっている。錯乱を演奏するのは2000年のマスターワークスツアーと、その後のイエスシンフォニックツアー以来だから約18年振りか。また、ブリティッシュロック祭り的なコンセプトのツアーでもあるからイエスのライヴでは、アランホワイトがイエス加入前にビートルズのジョンレノンのプラスティックオノバンドに参加していた関係でジョンレノンのイマジンをカヴァー演奏している。セットリストは以下。

No Opportunity Necessary, No Experience Needed
Tempus Fugit
Going For The One
I've Seen All Good People
Second Initial(Steve Howe Guiter Solo)
Siberian Khatru
Onward
America
The Gates Of Delirium
Imagine(John Lennon Cover)
Roundabout
Starship Trooper

積極的にツアーを続けるイエスではあるが、ツアーごとに手を変え品を変え、目先を変えるのが大変だろう。でも名曲が多いバンドだからそれでも固定ファンから飽きられることなく続けられるんだと思う。音源聴いてみた感想だけど、演奏はやはりドラムのジェイシェレン、ベースのビリーシャーウッドが引き締めていてなかなか充実している。オープニングのノーオポチュニティは、2月の#YES50ツアー来日公演ではアンコールで盛り上がったけど、オープニングに持って来ても盛り上がる。ライヴ向きな曲であることが改めて分かる。アメリカ、錯乱の扉も意外にというか、特に破綻はなく手堅い演奏。でもさすがに昔のリレイヤーツアーやソロアルバムツアーの頃の勢いと迫力は望むべくもないわな。繰り返しの言い方で申し訳ないけど特にハウ爺のギターが、ユルい・・・www。鍵盤ジェフダウンズは大健闘だと思う。音だけ聴いてるからそう感じるのかも知れないし、実際にライヴで観たらまた感動もあるのかなとは思うけど。ジョンレノンのイマジンは、かなり微妙ww。また、ツアー前半でセットリストにあったトレヴァーラビン期のリズムオブラヴはツアー半ばからセット落ちしているようだ。最後も手堅くラウンドアバウトとスターシップトゥルーパーで。

Img_6203-640x480

一応エイジアとカールパーマーELPレガシーの音源も飛ばし飛ばし聴いてみた。エイジアはますます演奏が充実してる。これマジでバンブルフット入りで来日公演やって欲しいな。またジェフダウンズやカールパーマーは、可能であるならばバンブルフット入りで新作も作ってみたい的なコメントを出してるようだ。手ごたえを感じているのだろう。勿論ビジネスとして成り立つかの判断も必要なので、実現するかどうかは今のところ何とも言えないと思うが。それからELPレガシー、アーサーブラウンがスペシャルゲストという事で、当初私もファイアだけを面白メイクで登場して歌っているのかと思っていたんだけど、この音源を聴き、合わせて実際観に行かれていた某K氏に訊くと、ヴォーカルのあるELP曲でも歌っていたとの事。音源聴く限りは何ともたどたどしい気がするけどなww。

さて、今回そのお仲間の某K氏はイエスとエイジアについてVIPパッケージにも参加されて、これでもかってくらい沢山のサインをゲットされていた。宿舎もイエスの面々と一緒だったらしく、メンバーのオフタイムにいくつかツーショット撮影にも成功されていた模様。私個人的にはそれらの写真も全部見せて貰ったけどwww、さすがにそれはブログには載せません。いろいろ「ご事情」がおありのようなのでwww。ここではVIPパッケージで山ほどゲットされたサインの数々を、某K氏の承認のもと、抜粋してまとめて載せさせて頂く。

Img_6201-640x480

多分某K氏、サイン貰い過ぎて、家に持って帰って収拾つかず整理できず、雑然と山積みしてしまってる気がするwww。これらのCD、特にグラスハマーとかビリーの最新ソロ、多分サインもらい用だけで、聴いてないんだろうwww。

まあでもイイもの見せて貰った。また音源も頂いて、ブート買う必要もないし有難かったですよ。感謝します。

後はイエス、そんなに期待はしてないんだけど、そろそろ新譜制作しないとツアーの出し物がネタ切れするんじゃないかwww。

|

« Wetton Mania 4 at Rock Bar STARLESS (Jul 14, 2019 @ OSAKA) | トップページ | [グルメ] とくら 京都三条店(@ 京都 烏丸御池 2019年8月1日) »