« 奥本 亮 2020年大阪公演 ライヴストリーミング THE RYO OKUMOTO PROJECT LIVE STREAMING FUSION(Apr 5, 2020 @ Mrs. Dolphin OSAKA) | トップページ | U.K.(Jobson, Wetton, Bozzio) "DEFINITIVE WIMINGTON 2012" NIGHT AFTER NIGHT 2012 - 北米ツアーライヴ音源(May 7, 2012 @ Wilmington, DE, USA) »

2020年4月 9日 (木)

YES "LONG BEACH ARENA 1977 MIKE MILLARD ORIGINAL MASTER TAPES" 1977年 北米ツアーライヴ音源(Sep 26, 1977 @ Long Beach, CA, USA)

一昨日、昨日と泊まりではなく日勤だったからかしっかりと睡眠がとれた。やっぱり普通の日勤はイイ。日中仕事して夜はちゃんと家で寝る、これが一番だ。もう全然身体の調子が違う。何とか普通の仕事に戻りたい(←また言ってるww)。本日も天気が良かったのでウォーキング9400歩。1万歩の寸前でやめて腰痛の再発を抑える、計算通りだ。そして本日公休で明日からまた週末跨ぎで公休を挟まない泊まりの連続勤務。今月は前半にこういう泊まりの連続勤務が集中してしまったのでなかなかのシンドさ。右腕の疼痛がかなりヤバくなってきた。その分、来週以降は月末まで泊まり勤務と公休、実質2勤1休の繰り返しになるからグッと楽になるので、また病院行かないとな。

まあそんな感じで、Stay Homeが呼びかけられる日々だがSNS見てるとストレス溜めてる人がいるのかな? そんなにストレス溜まるかなぁ? 私は全然ストレスなんか溜まらないけど。ほぼ平常運転。ストレス感じるとしたらSNSで政治行政批判と文句愚痴ばっかり言ってる輩を見かけたときくらい。何て言うのかな、そういう人達って仕事や家のこと以外の時間を全て遊びに使ってきた人たちなのかな。だから趣味遊びで出掛けられないとヒマでヒマでしょうがないのか。私はそうじゃないからか普段通り。仕事して身体休めて、ここまでで大半、あと残りの時間で学びもあれば自己啓発もありで、ちょっとだけ音楽関連の趣味に使うって感じ。これに加えて普段は地域の所用で走り回ったりもするから常に多忙で疲労困憊。この地域の所用が今お休みになってる分、ちょうどいい感じになってる。

さて、SNSで言ったけど、先週西新宿でブートを大人買いしたww。LHで4点、BFで1点。どれも気になっていたブートばかりなので、いくつか順番に取り上げてみたい。まずはイエスの77年ロングビーチだ。あの伝説のテーパー、アメリカ西海岸在住だったマイクミラード氏が録音したオーディエンス音源。

Img_7148

なんでも話によると70年代に西海岸で多くのロックコンサートを隠し録りしたマイクミラード氏は既に逝去していて、これまでそのマスターカセットは破棄されたと思われていたらしい。何十年も出回ってきたミラード音源は、ミラードの友人がダビングしてもらった、いわゆる1st Gen.音源が元になっていると言われていたそう。それでもあの超有名な77年6月21日LAフォーラムのレッドツェッペリンを始めとして、70年代としては超高音質な音源がアンダーグラウンドで出回ってきたしブート化もされてきた。それが最近、マイクミラード氏の自宅から、紛失もしくは破棄されていたと思われていた大量のマスターカセットが発見されたとのことらしい(ホントか?笑)。そのマスターカセットを譲り受けた友人がデジタルトランスファーしてネットに流通させ始めたらしい。実際私もいつも利用しているサイトで目にしている。そのうちピンクフロイドとクイーンはブート化されたね。それで2,3週前くらいに、このイエスのロングビーチのマスターも遂に某サイトにUPされた。音源入手で済ませようかとも思ったんだけど、なんとなくやっぱり、イエスはブート商品でももっていたいかなと思ってブート化を待っていたのだ。案の定西新宿LHがブート化www。ちなみに先々週にはジェネシス76年ブルーフォード在籍時の音源が、先週にはWHOの音源がUPされていた。

掲題のイエスの音源の話に行こう。音源自体は、多分1st Gen.もしくはそのコピー音源を以前にネットで入手して愛聴していたしブートでも所有していた。拙ブログを始めた頃に、拙い記事にもしていたようだ。お恥ずかしいwww。聴き比べするの面倒なのでしないけど、この音源はなかなかイエスの77年では良いオーディエンス録音が少なかった中では超一級レベルのオーディエンス録音だ。ちょっとヴォリュームを大きめにして聴いたら、音の良さ、バランスの良さが実感できる。それに何よりもこの77年のイエスのライヴパフォーマンスが素晴らしい。スピード感がエグイ。セットリストも最高。究極アルバム全曲に、危機と同志、オールグッドピープルにスターシップ、ラウンドアバウトと完璧。また、近年のユルいイエスを聴き慣れていれば、この77年のイエスの演奏はもう壮絶レベル。例えば危機なんかでも、イエスソングスで聴ける危機は、アランホワイトのドラムどうなの?って思って違和感を感じてしまうけど、77年になるとすっかり良い意味で小慣れてきて、アランホワイトなりのアジャストが出来ていてド迫力の演奏が聴ける。もうイイよってww今なら思うオールグッドピープルもここでは迫力満点。全編素晴らしいんだけど、私と言えば個人的に一番大好きなイエスミュージックはAwakenだ。アルバム発売時のツアーでの演奏だからか、逆に変に小慣れていなくて、瑞々しくて素晴らしい。

なお、今回のこの音源は77年9月26日だけど、マイクミラード氏は77年イエスのツアーでは同じ西海岸で、9月23日LAの音源も録音していて、これも以前に多分1st Gen.以降の音源だと思うけど入手していて、やはり最高音質だった。これまた拙いブログ記事にしていた。いずれそのマスターカセットが公開されるのが楽しみだ。

|

« 奥本 亮 2020年大阪公演 ライヴストリーミング THE RYO OKUMOTO PROJECT LIVE STREAMING FUSION(Apr 5, 2020 @ Mrs. Dolphin OSAKA) | トップページ | U.K.(Jobson, Wetton, Bozzio) "DEFINITIVE WIMINGTON 2012" NIGHT AFTER NIGHT 2012 - 北米ツアーライヴ音源(May 7, 2012 @ Wilmington, DE, USA) »