« ジョン・ウェットン生誕71周年:2014年エイジア来日公演、グラヴィタスのライヴ映像 | トップページ | TOTO "ALL IN 1978 - 2018" レビュー② TOTO & HYDRA 編 »

2020年6月15日 (月)

ジョン・ウェットン生誕71周年:ASIA "The Smile Has Left Your Eyes (Parts I & II)" (Reconstructed Original Arrangement)

仕事が激務の2週間、ほうほうのていで乗り切った。昇格していきなりの試練で、休みの日も眠れないくらい頭を悩ませた上での、我ながらの完璧なマネージメントだった。そこは前職の会社で重役として辛い思いもいっぱいしたけど、その経験が思いっきり役に立った。しかしながらそれでも思いもしないトラブル対応に連日見舞われた。休憩時間も仮眠時間もまともに取れず、シャレにならない深刻な寝不足、時間外業務で残業付けまくり。来月の給与明細が楽しみだぜ全く・・・。

昨日が泊まり勤務明けで本日公休、身体的にも精神的にも疲れ切っていたのか、逆にあまり眠れず。今朝は何とか8時台からウォーキングしたものの、7000歩足らずで終了。寝不足で足腰に疲れが出ているのが自分でハッキリ分かるくらい重かったので。それから自慢の新車の1ヵ月点検でクルマ屋さんへ。クルマ預けてる間にスーパーで買い物。銀行のATMにやけに行列ができてるの、なんなんだろうと思っていたんだけど、そうか、特別定額給付金が振り込まれたっていう封書が役所から届いてたわ。それでだな。今月末には賞与も入るし、ダメージを受けた日本経済のために有意義に使わしてもらおう。

それで、さっそく有意義に使おうと思ったんだけど、いきなり躓いた。午後に帰宅してお昼ご飯を食べて、やはり疲れが溜まってるせいかウッカリ寝落ちしてしまった。ホンの30分ほど。そのホンの30分の間にDU某店のツイートがあった。目覚めてそのツイートを偶然目にしてアッ、と思ってドキドキ。エイジアのアルファ国内初版CDの箱帯付きが入荷したとの事。お値段が素晴らしい適正価格。こないだ同じものがヤフオクでとんでもなく高騰していたから、これはチャンスと慌てて早速オーダーメールしたんだけど・・・。お店から返信来て、申し訳ございません既に販売済み、との事で(号泣)。いやね、アルファの箱帯は一応持ってるんだよ。ただ、あまり詳しくないんだけど、箱帯にも初版と2版があるようで、どうも私の所有してるのは2版のようなのだ。それなら初版も持っていたいなと思って、だからと言ってオークションで高騰マネーゲームに参戦する気はないので、適正価格の中古が出るのを注視していたのだ。それが、たった30分の間に先に買った人がいたんだ・・・。一瞬寝落ちしたのが痛かった。

まあいい。いつまでもクヨクヨしてもしょうがない。縁がなかったのだ。またいつか、機会があるだろう。気持ちを切り替えてだ、ジョンウェットン大先生の生誕71周年を記念して、QEDGマネージメント公認で、エイジアのアルファに収録された偽りの微笑みThe Smile Left Your Eyesのオリジナル2部構成の音源が再構築して公開された。

Img_7299

そもそもこの、YoutubeアカウントのControl Thisって誰なんだ?ってのが、怪しげな意味で気になる。昨年の生誕70周年の時もオリジナルエイジアの81年リハーサル音源「Déyà」を公開していた。でもQEDGが公認してるっぽいし。どっちでもいいけど、何はともあれYoutubeに公開された音源を、ちょっと自分なりに検証しながら聴いてみた。

 

エイジアのある程度のマニアであれば、偽りの微笑みが82年の1stアルバムのツアー時点で2部構成で披露されていたのはご存知の通り。その2部構成で90年エイジアでもライヴ演奏されたし、2006年以降のオリジナル再編以降も2部構成で披露されていた。本人たちの理想はあくまでも2部構成と、そういうことだったのだろう。82年ツアー終了後、83年の2ndアルバムとなるアルファのレコーディング当初段階ではやはり2部構成でレコーディングを試みている。

さて、今回公開されたオリジナル2部構成の偽りの微笑み再構築、自分なりに検証してみた。これ、基本はアレだ、数年前に音源が流出してブートにもなった83年のアルファ制作途中の音源をベースにしている。その時のブートの記事は以下。

ASIA "ALPHA WORKING TAPES" レビュー

このブートに収録されている偽りの微笑みを、10秒聴いて、今回のYoutubeを10秒聴いて、を繰り返して検証してみたのだ。暇でマニアックな奴だ(笑)。そしたら明らかに、このブートに流用された音源を基にしている。鍵盤、そして先生のヴォーカルの節回しや抑揚は明らかに同じ。その音源に、ブート音源には無い不自然なほど綺麗なコーラスを被せ、二部構成のブリッジ部分はこれまたブート音源には無かった鍵盤ソロを被せてある。この、被せたコーラスと鍵盤ソロが、実際にこのYoutube音源の作者が入手したオリジナルエイジアによる制作途中の別のテープなのかどうなのか、私には分からない。Youtubeの煽り文句では、いくつかのアーカイヴテープからミックスして再構築したかのような記述となっている。若干のモヤモヤ感はあるものの、それならそれでOKだ。ただ、個人的にいただけないなと思ったのは、最後のセクションに、元音源にはないタイトル歌詞のヴォーカルメロディを、オフィシャルのアルファから引っ張ってきて付け加えてることだ。これはちょっと余計なことだと思う。まあどう感じるかは人それぞれなんだけど。なんかその辺りがいかにも素人の遊びっぽくて安っぽい。昨年のオリジナルエイジアのリハ音源「Déyà」については、権利関係が問題ないのであれば是非先生のメモリアルBOXに収録して欲しいと思えるものだったが、今回の偽りの微笑みについては、敢えてBOXには収録して欲しくないなと、そう思うくらい微妙な音源だ。収録するならブートで流出した元音源そのものの方がイイ。

昨年の「Déyà」と今回の「The Smile Left Your Eyes(オリジナル2部構成再構築版)」、先生メモリアルBOXと何らかのかかわりがあるのか、それとも全く関係ない話なのか、そこら辺の言及が一切ないので分からないけど、いずれにしても愛のあるメモリアルBOXになって欲しいと、心から願っている。

|

« ジョン・ウェットン生誕71周年:2014年エイジア来日公演、グラヴィタスのライヴ映像 | トップページ | TOTO "ALL IN 1978 - 2018" レビュー② TOTO & HYDRA 編 »