« フェノメナⅡ 「ドリーム・ランナー」(PHENOMENA Ⅱ "DREAM RUNNER") | トップページ | [グルメ] 平壌亭 亀岡店(@ 京都 亀岡 2020年7月13日) »

2020年7月12日 (日)

RUSH "PERMANENT WAVES" 40TH ANNIVERSARY

今日から勝手に3連休。毎度言う事だけど休みが1日ずつで連休のない仕事なので、有休を突っ込んででも今年度からは最低2か月に1回は連休を作って心身をリフレッシュしたいという事で。元々は新日本プロレスの大阪城ホール大会に参戦出来たらイイなと思って、ここに有休を入れていたんだけど、また最近コロナの感染が広がり始めてるし、リスク回避で断念した。ま、ここら辺の判断は人それぞれで、緊急事態宣言も県境越え移動も解除のお墨付きが政府から出てるんだから別にエエやん、って思って外出する人もいるだろうし、それはそれでいいと思う。その代わり、何かあった途端に政治行政のせいにするのは違うと思うので、その辺の自覚があればなお良し。業務の方はこの1週間は西日本の悪天候で外出する人が少なかったせいか、とても穏やかに遂行できた。ところが思わぬ出来事で気分を害するような、ん~ん、そうねぇ、ハシゴを外されるっていうの? そんな出来事も職場であって、ネガティヴ志向な人ならさぞかし職場で文句言っただろうなと思う。私はまぁこれも人生経験と思って前向きに捉えて誰のことも批判せずに笑ってネタにして済ませたけど。嫌いなんだよ、ネガティヴ志向な考え方も、それからネガティヴ志向な人も。いるじゃない、職場に限らず、いちいちネガティヴに捉える人。そういう人と関わるの、疲れるんだよね。めんどくせぇ。3連休明けに出勤しても再びネタにして笑いに変えるつもりだwww。

それで、今日の新日本プロレス大阪城ホール大会はツイッターで速報を追うことにしてだ、そうなると一躍超ヒマww。昨晩はお仲間とリモート呑み会したけど、やはりLINEのビデオ通話では限界があるのか、少しスムーズさに欠ける部分があって、次回は要検討だな。今日は久しぶりに北風が吹いて空気が乾いていて過ごしやすいのでウォーキングと、オカンのスーパー買い物の運転手兼荷物運びを終えて、午後はウトウトしつつCDを聴く。今日取り上げるのは掲題のRUSH。先日発売されたPERMANENT WAVESの40周年盤2CDだ。

Img_7349

本編リマスターCDと、ボーナスCDで80年のライヴ音源が収録されていて、これは貴重だ。

Img_7351

ちなみに40周年盤という事で、ジャケデザインが一新されているのはイイんだけど、せめてブックレットとかにオリジナルデザインのジャケが載ってるのかと思ったらどこにも載ってない。デラックスBOXの方にはオリジナルジャケデザインも残してあるのかな。買ってないから分かんないけど。

個人的な想い出で言うと、80年代後半にRUSHを聴くようになって、それ以前のRUSHを後追いで聴くのに最初にCD買って聴いたのがPERMANENT WAVESだった。なんでこれを買ったのかな。雑誌で調べて、RUSHの諸作で70年代プログレ期の名作は一杯あるけど、アメリカで最初にバカ売れしたのがPERMANENT WAVESだったとか、そんな話でとりあえずコレから聴いてみようとか、そんなキッカケだったと思う。80年代後半時点でのRUSH初心者の私にとって、その選択の仕方に間違いはないと思う。その当時はプログレにハマっていく途中だったので、この作品もプログレだけどバカ売れして、聴き易さもある、そんな印象で聴いていたように思う。本作は80年作、そして次作81年のMOVING PICTURESで、これまたアメリカでバカ売れして、「実」だけでなく「名実」ともに超大物になったワケで、この2作は何はともあれ聴いておく必要のある作品だ。後年になっても代表曲的にライヴで演奏され続けたThe Spirit of Radioを生み出した作品でもある。なんだかんだ、ライヴでコレさえやっておけば盛り上がるっていうね。U2で言えばWhere The Streets Have No Nameみたいなもんだ。悪い意味でポップに堕しているわけでもなく、テクニカルで複雑で、それでいてポップでもあり親しみやすいメロディという、奇跡のような楽曲だ。メロディ派の私の個人的な好みで言うと、実は本作で一番聴いたのはEntre Nousだった。メロディ的に一番好きだった。

最初によく聴いた作品という事で思い入れのある本作だけど、後年、ひと通りRUSHを聴き、また長年の自分自身の音楽遍歴と好みで俯瞰出来るようになると、結局80年代好きな私である故に、耳に馴染みやすくて、より好みなのは80年代SIGNALS以降~HOLD YOUR FIREまでになってしまう。PERMANENT WAVESも80年作だけど、RUSH的な区切りとしてはSIGNALS以前と以降、ってなるしね。本作の乾いた硬質な音像が正直あまり好みではない。あくまでも音像だけの話。要するにサウンドがまだキラキラする前っていうか。でもこの時代のアルバムは今と違ってトータル40分台で収まっているから、それほど疲れないのがイイ。最近は例えばDREAM THEATERなんかでもとにかく収録時間が長い。好きだからイイんだけど、そうでもない人が聴いたらさぞかし疲れるだろうなと思うww。この40~50分足らずの収録時間ってのはちょうどいい長さだと改めて思う。

本作を含めて、かつて買い揃えていた70年代の2112からのプログレ期の作品群は実は随分前に手放してしまって、いま手元にほとんどない。ニールパートが逝去した途端にこりゃイカンと思って、SECTOR2を米アマゾンでオーダーしたのが2月中旬。コロナのアレで仕事休んでるのか、いまだに届かねぇ(笑)。

|

« フェノメナⅡ 「ドリーム・ランナー」(PHENOMENA Ⅱ "DREAM RUNNER") | トップページ | [グルメ] 平壌亭 亀岡店(@ 京都 亀岡 2020年7月13日) »